人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

民王(池井戸潤)

  • 2016.07.24 Sunday | category:おすすめBOOKS
  • ドタバタストーリーだけど
    これも面白くあっという間に
    読めてしまう。

    移動時間のお供に
    オススメです。

    NHKスペシャル 未解決事件

  • 2016.07.23 Saturday | category:おすすめBOOKS
  • 本日から始まった この番組を
    凄く楽しみにしていた。

    今日は、あの

    ロッキード事件

    ドラマとしても
    見応えがあるし、
    歴史的な分析の
    レベルも高いと思う。

    当時中学生だった僕は、
    ニュースに登場する
    吉永さんや堀田さんに
    憧れて、検事になろうと
    心に決めたのを思い出す。

    墓参り

  • 2016.07.23 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 何だか本当に久しぶりの
    週末に、さぼっていた
    墓参りに出かけた。

    高尾霊園は、彼岸の季節は、
    花粉で、2-3日寝込むくらい
    酷いので、避けていたが、
    今日は、秋の様な涼しい
    1日で助かった。

    30年前親父とトラックで、
    新潟の実家から移した墓は、
    すっかり古くなり、お骨も
    満員である。

    そろそろ、元気なうちに
    何とかしなくちゃ。

    納得感の採用

  • 2016.07.22 Friday | category:経営者の視点
  • 今期の新卒採用は、中小企業の例に

    漏れずに、苦戦の連続だったが、スタッフ

    のねばり強い活動で、優秀な学生が5名ほど

    確保できて、一安心である。

     

    当社は、とてもこだわりをもって、人選を

    おこない、価値観の共有を図るので、

    数集めのような採用活動はやったことがない。

     

    特に、能力面では、会社の採用力を大きく

    超えるタレントを求めるため、採用担当者は

    毎年とても苦労する。

     

    去年から、人選を若手中心に任せて、

    僕は、最後の最後で登場するという

    手順に変えてみたが、会った学生は

    例外なく

    「鍛えたい」欲求を満たすような

    キラキラした可能性を感じる

    素敵な若者ばかりだ。

     

    苦労をしながら新卒採用を続けて

    きて良かったなあと思う。


    陸王(池井戸潤)

  • 2016.07.21 Thursday | category:おすすめBOOKS
  • 池井戸潤さんの中小企業系
    小説は、社長泣かせの反則
    作品が多いが、この最新作も
    やっぱり止まらず、2日で
    読み終えた。

    筋を通す

    というのが、
    テーマだろうなあと思う。

     

    本の詳細はこちら。

    陸王(池井戸潤)


    世界史の10人(出口治明)

  • 2016.07.19 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • 崇拝する出口さんの著作。

    これは、出口さんの歴史研究と
    分析のアウトプットだから、
    簡単ではない。


    数ヶ月を要して、漸く
    読み終えた。

    それでも、現代の言葉と例えで、
    優しく話してくれる。

    出口さんのような方が、
    こういう歴史を丁寧に学んで
    その上で、物事の本質を
    語ってくれる。

    ありがたいことだ。

    改めて、そういうことを
    感じさせる本だった。

     

    本の詳細はこちら。

    世界史の10人(出口治明)


    自責と他責

  • 2016.07.18 Monday | category:学んだこと
  • あらゆる問題を自分ごと
    として考えて、解決せよ、
    という事は、私の若い頃からの
    学びであり、これはという
    若い子に対して今でも実践している

    指導方法である。

    一方で、事を成した(と思われる)
    人が、よく
    「ここまでこれたのは、誰々の
    皆さんのおかげです」
    というセリフをいつも違和感を
    持って聞いていた。

    心にもない事を言わずに
    堂々と「自分は、辛いことを
    乗り越えてここまで頑張った」
    と言えばよいのに、と思っていた。

    ところが、一定の人に支持されて
    組織やチームで事を成す人は、
    自分1人の非力さに気付き、
    組織を率いることで、
    「感謝の念」というものに
    行き着くのだと、50歳を
    過ぎてからはわかるようになった。
    未熟者たる所以であろう。

    実際に、成功という現象は、
    世の中や、周りの人がさせて
    くれるものであって、自分が
    するものではないのだ。

    こういう基本がわからない人は、
    外面は良くとも、寂しい人生を
    送っている人が多い。


    The open final

  • 2016.07.18 Monday | category:ちょっと一休み
  • 半年お休み予定のゴルフだけど、
    メジャーだけは、夜を徹して
    観る価値がある。

    特に、全英は、何故か
    毎年寝不足覚悟で、観てしまう。

    今年は、米国ミケルソンと
    スウェーデンステンソンの
    一騎打ちが、息を呑む。

    世界トップレベルの
    一流の男達の

    技術と
    集中力と
    自制心と

    究極のスポーツの闘いに
    目が離せない。


            





    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM