人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

答え探しをやめなさい

  • 2017.12.11 Monday | category:経営者の視点
  • 本のタイトルにも How to が多いが
    世の中の大切なことには、答えの
    ない事が多いと思う。


    だから、断定調の言い分には注意
    した方がいいし、心地よく感じたら
    要注意だと言えるだろう。



    尊敬するライフネット生命
    出口さんの素晴らしい
    ところは、あれだけの博識があり
    ながら、人の意見に耳を傾けて
    くれる事で、やはり、世の中には
    いろんな考え方や見方があり、
    それが、民主主義の根幹である
    と教わった。


    スッキリしたい
    という気持ちに負けずに、
    真実に向かうその過程を
    楽しんだ方が良い。



    僕は、組織人事が専門であるが、
    今でも、原点に返って、そもそも論
    に戻ってしまう。



    何かの原理を理解するには、
    どう考えても、能力と時間が
    足らない。



    でも、仕事も勉強も楽しい。
    同じように、真実に向けて
    学び続けるパートナーや友人達
    と生きている事そのものが、
    好奇心を素直に満たしてくれる
    幸せな人生だと思う。



    当社のマネジメントは、若く
    経験値も少ない。

    こういう事を伝える事も
    重要な事業継承の1つだと思う。

    去年シリコンバレーで聞いた話
    によると、主だった投資家の
    投資先のCEOは、50代が多く、
    僕等がイメージしている20代は、
    実際は死屍累々で、それ程多くない
    という。



    私は、妙に納得がいった。


    経験上自分の道が何となく
    わかって来て、実行する決心が
    つくのは、40歳以降だと確信して
    いるからだ。



    マスコミで紹介される若手起業家
    は、寧ろ例外だと思った方が良い。

    データを調べた事はないが、
    多分間違いないだろう。



    であれば、若手にどうアドバイス
    するべきか?



    私は、好きな事に加えて
    苦手な事や意に沿わない事も
    開き直って積極的にやったら
    良い、という。



    苦手な事は、本当の好きな事
    を確信するためのおかずだと
    思えば良い。



    不思議なことだが、好きな事
    だけをやり通している人は、
    小さくなって、大事を成し遂げる
    ことが出来ない。



    成し遂げた人は、実はあってみると
    多くの道草を栄養分として
    食べて来たことがわかる。



    こういう真実を当社の
    未来ある若者たちにきちんと
    教えていきたい。

    At the terrace

  • 2017.12.09 Saturday | category:ちょっと一休み
  • ちょっと妙な映画をDVDで観た。


    登場人物に有名俳優はおらず、
    撮影場所は、パーティ会場であった
    大きな一軒家のテラスのみ


    一見何処にでもいそうな
    裕福な現代人が、実はワケあり
    だったり、bisexualだったりと、
    人間の変貌ぶりが、観る人を
    惹きつけて止まない。



    マイナーなこのDVDが、密かに
    ヒットしているという。


    数ヶ月ぶりの週末の夜に
    なかなか楽しめる映画だった。

    この1年若手に盛んに言って
    いる事はこんな事である。


    ・人と比べない
    ・人の評価を気にしない
    ・とりあえず、好きな事得意な
    事を突き詰める



    彼らは、古い親の価値観に
    惑わされ、仲間の評価を気にして
    いるわけのないロールモデル探しに
    必死になる。



    僕も経験があるので、気持ちは
    わかるが、これらが、人生の無駄で
    あることを教えることが務めでもある。



    WLBか、成長スピードか

  • 2017.12.07 Thursday | category:経営者の視点
  • WLBの時代に反することだが、
    新入社員の未来を真剣に考えれば、
    法律で許される範囲で、トコトン
    仕事をして、多くの失敗を経験
    させて、そこから学ばせるべきである。


    時間が必要なのは、彼らにスキルと
    経験がないからであり、優秀で
    あれば、高負荷の新人時代から
    多くを学び、効率的に仕事が
    できるようになる。


    20代にこういう経験がなければ、
    頭と心のハードウェア容量が小さい
    まま育ち、30代に大きな仕事は
    できないし、チームも持てないだろう。


    残業問題への社会の視点は
    厳しくなる一方だが、これは
    紛れも無い人材育成の真実である。



    当社で言えば、2008年から2012年
    くらいまでは、時代に抗いながら
    鍛えてきたが、それ以降は、
    あまりできていない。


    という事は、彼らの成長は遅く
    後輩に抜かれる可能性もある
    という事だ。



    果たしてどちらが幸せなのだろう?


    僕は、ホワイトカンパニーと
    言われるよりは、

    「鍛えてもらって、感謝しています。」

    と10年後に言われたいと思う。

    第3回樋口ゼミ

  • 2017.12.06 Wednesday | category:学んだこと
  • 土曜日は、東京で3回目の
    樋口ゼミ


    熊本と同じ教材となり、
    出口さんの

    「日本の未来を考えよう」

    を使って議論した。



    人口や年金問題でウォームアップ
    をしてから、関心のあるテーマ毎に
    別れた。


    女性
    国際情勢
    教育などに3ー4人づつのチーム
    で議論してから、全体での共有
    と議論という流れで、今回も
    あっという間にお昼になった。




    この本から学んで欲しい事は
    以下の2つ


    ・良質な一次情報の価値を知ること
    ・自分の頭で考えること
    ・仲間と議論する喜び



    毎回自由参加ではあるけど、
    15人前後の参加者がおり、業務外
    のテーマについて、じっくりと

    考え、人の意見を聞き、自分の
    考えを伝える、という機会は、
    あるようでない。


    このゼミが、社内の仲間達との
    絆に繋がり、また、視点を上げて、
    社会的な或いは日本全体の未来を
    考えるキッカケになれば嬉しい。




    熊本オフィスリニューアル

  • 2017.12.05 Tuesday | category:経営者の視点
  • 熊本オフィス開業後6年が経ち、
    思い切って、オフィスのリニューアル
    を行った。


    彼らが企画して、内容も実施も
    ほぼ任せた。


    元々大きな昼食や休憩用のスペース
    が、綺麗になり、執務室の真ん中にも
    ミーティングスペースが生まれ
    流行りのスタンディングデスクが
    ど真ん中に鎮座する。


    会議室も明るく広くなった。



    先週訪問すると、始業前から
    多くのスタッフが、自主的に掃除を
    しているのには、驚いた。


    朝の挨拶も大きな声で明るくなった。


    少なくない投資であったが、
    熊本で働くスタッフの環境が
    改善され、活力が漲り、結果
    パフォーマンスが上がれば嬉しい
    なと思う。









    今年1番の本に出会えた!

  • 2017.12.04 Monday | category:おすすめBOOKS
  • 「どうすれば幸せになれるか
    科学的に考えてみた」


    石川善樹??吉田尚記



    この長いタイトルの本


    1300円 だが、
    私の学び基準では、
    130万円の研修に参加した
    くらいの価値がある。



    特に、40歳未満の方に
    読んでほしい。


    僕にとって、予防医学者の
    石川善樹さんは、
    ライフネット生命出口さんと
    並ぶ師匠(勿論会った事ないけど)
    恐るべき。



    人間的にも、とても素敵。


    これから二週間くらいは、
    この本に関連した内容のブログに
    なるだろうと思う。


    年末になって、こんな本に出会える
    なんて、なんて幸せなんだろう!


            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM