人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

数字の格闘

  • 2017.04.24 Monday | category:経営者の視点
  • ちょっと、オーバーなタイトルだが、

    6月から始まる新規年度に


    向けた事業計画作りのピークであり、


    連日数字とにらめっこ

    である。



    去年から、この年間計画つくりをチームでおこない、


    彼らマネージャの納得感を得ながら、育てている


    最中なので、「神の声」のトップダウン時代に


    比べれば、面倒くさいし、時間もかかるが、まあ、


    組織つくりという大事な方針に沿ったものだから、


    これもまたやむを得ない。




    ところで、30年前の今頃、僕は、人事部に異動に


    なり、給与計算や就業管理などのいわゆる人事業務の


    リーダをやっていた。


    これが苦手で、どうにも、やる気にならず、手を抜いては


    東大出のバリバリ上司にコテンパンに怒られ、日々例外なく


    終電で帰る、という暗い日々だった。



    特に、毎回胃に穴が開くのが、賞与計算であり、組合締結の


    日程もあり、デッドラインに追われ、それでも、理論値と


    コンピュータの示す数字が合わず、徹夜も日常茶飯事で、


    まさに、夢に数字が出てくる毎日である。



    この理論値が、上司が承認する金額まで追いかけ、修正を


    繰り返すのだが、あるときは、時間が経つのを忘れ、


    3日間連続で徹夜になったことがある。


    不思議なことに、3日目に、数字のマジックが、一気に


    解けるような瞬間があり、一気に、数字を固めた、


    あの経験は、今でも忘れられない不思議な体験だ。


    人間の体力というか、火事場の馬鹿力


    というのは、本当にあるのだ。


    いずれにしても、猛烈に体力があったわけだ。

    それに比べると、今はどうか。情けないけども、


    数字と格闘できるのは、1日4時間まで、


    だから、どの時間に何の仕事をやるかは、


    極めて大事だ。


    加齢とか、体力というのは、こうして実感するのだろう。


    数字との格闘は、体力を要すのだ。知力とアドレナリンを


    出しまくるあの仕事は、


    例えれば、ラグビーの試合に似ているかも知れない。



    Q&A(恩田陸)

  • 2017.04.23 Sunday | category:おすすめBOOKS
  • 蜜蜂と遠雷 の 恩田陸さんの
    作風に興味を持って読んだ
    2冊目。


    すっきりしない
    気持ち悪い 独特の作風だが、
    彼女が訴えたいことが、

    登場人物との会話を通じて、
    風刺されているようで、

    意外に面白かった。

    How to input any cool information

  • 2017.04.22 Saturday | category:学んだこと
  • 時間は、だれにも有言で、その過ごし方で

    いくらでも差がつく。

     

    格差社会は、事実であり、問題ではあるけど、

    「勉強しない奴らが何を言うか」という横暴に

    聞こえる意見も一理はあると思う。

     

     

    さて、そのお勉強の仕方であるが、

    私は、小学校から、授業、塾、セミナーなど

    一箇所に集められて、我慢強く話を聞く、

    というのが、苦手だった。

     

    習字もそろばんも、出入禁止になったし、

    夏期講習のようなものも、1日ともたない。

     

    これは、今でもそうで、所謂セミナーのような

    公聴会は、苦手だ。

     

    よほどの人以外は、でかけないで、Youtubeで

    後から観るようにしている。

    自分が、スピーカーの立場で、話せる内容や

    時間に制限があり、時間パフォーマンスが

    低いことをしっているからかもしれない。

     

     

    その点、読書やネット、youtubeは良い。

    場所を選ばず、聞きたい部分だけ選択できる。

     

    こういうスタイルは、死ぬまで直らない

    ような気がするが、どうだろう。


    ソフトキリング(内海聡)

  • 2017.04.21 Friday | category:学んだこと
  • 内海さんと参議院議員の山本さんの対談集。

     

    内容は、いつもと変わらないけど、なぜか、

     

    内海さんの語り口が、優しい。

     

    いつも、そうすればいいのに、と思う。

     

    彼が、いう

     

    Soft killing

     

    の具体的な内容は、部門外の僕が言える

    ことは何もないが、個人としても、経営

    としても、勉強をする義務があると思う。

     

    当社は、なぜか、熊本も、東京も、

    コンビニの代理店のようなことを

    やっている。

     

    もちろん、便利を買い、良かれと思って

    やっていることだけど、このあたりから

    見直したいと思う。

     

    添加物と人口甘味料から身を守る

    ことくらいかなあ。


    文藝春秋5月号は、面白い記事が
    満載で、オススメである。



    面白かったのは、こんな内容

    石原慎太郎の嘘(小池百合子)
    昭恵夫人「頭の中身」を解剖する
    老人ホームは恋の宝庫である
    絶望の朝鮮半島


    ところで、今月号の特集は、
    タイトル通り

    いろんな立場の方の投稿があり、
    今までの食事と日本の医療のあり方
    を見直すべきだという提言が多い。

    私自身も、自分の健康維持と、
    国家としての医療費への歯止めに
    関心が高く、勉強中である。

    一読して感じたのは、日本の
    医療業界の閉鎖性や後進性
    それに、健康食への関心の薄さだ。


    識者の意見をまとめると
    こんな感じか。

    ・新鮮な食材が大事

    ・腹八分〜絶食で大概の病気は治る

    ・継続できる自然な運動習慣


    さらに、問題点として、
    挙げられていたのはー

    ・医療保険への甘え
     医師も患者も、懐が痛まない
    ・薬メーカーの営業力


    である。


    僕も、まだまだ不勉強で
    わからないことだらけだが、
    この1年のテーマとして、基本から
    学びたいと思う。

     

     

    本の詳細はこちら。

    文藝春秋 2017年5月号


    熊本雑感

  • 2017.04.19 Wednesday | category:経営者の視点
  • 熊本BPOセンターは、立上げから
    5年が経ち、来期より、

    東京の各事業部より、独立することになった。

    4月の出張では、今一度その目的や
    意義を伝え、リーダー中心に
    どのような組織を作っていくのか
    を共有したり、話し合ったりすることが
    大きな目的である。

    今朝の朝礼でも、満席のフリー
    スペースで感じる運気は、悪くない。

    特に、若いリーダーが自主的に
    組織作りを始めた給与計算チーム
    には、4月に良い人材が加わって、
    強いエネルギーを感じる。

    他のチームも、多忙なシーズンの中で、
    冷静に格闘しているようだ。

    組織作りには時間がかかり、
    その道のりは、決して平坦では
    ないけれど、マネジメントをやって
    いて、静かな達成感を感じることが
    できる、大きな学びの場でもある。


    日本の真相(船瀬俊介)

  • 2017.04.18 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • 本作品の続編も含めて、船瀬俊介さん
    のシリーズを週末に読み切った。


    ここに出てくる情報は、普通の
    生活をしていれば、聞いたことが
    ない話ばかりで、最初は、大変
    驚く。


    しかし、世の中に出てくる情報は、
    意図と解釈が含まれることが
    多く、ちゃんと、勉強しないと
    いけないと思うこの頃。


    彼の告発が、どの程度正しいかは、
    正直良くわからないが、身近な
    内容から、自分で、調べて、
    勉強しようと思う。


    まずは、食事と健康と住居である。


    正しく、今日のNHKスペシャル
    では、熊本地震から解明された
    表層地盤による震度の大きさが
    テーマだったが、衝撃的な内容
    だった。


    NHKにしては、問題のある地域を
    特定しており、驚いたが、高層
    マンションの話は、避けられて
    いたようだ。


    専門外ではあるけども、
    少しづつ勉強しなければ。

     

     

    本の詳細はこちら。

    わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相! (船瀬俊介/成甲書房)


    2014年9月放送のNHKスペシャル
    「老後破産」の事はここでも
    紹介したと思う。


    本作品は、その書籍化したものであり、

    改めて、衝撃を受けた。


    とかく、私達日本人は、若い頃
    から、何とかなると思う生き方
    の人が多い。


    政府やマスコミを善意の存在と
    信じて、不都合な事実には、
    「面倒くさい」
    と目を瞑る人が多いと思う。


    今は、何とかならない時代
    であり、高度成長時代の両親の
    経験(真面目にやっていれば、
    幸せになれる)は、残念ながら
    再現しない。


    休日の1日、
    ゴルフや家族サービス
    を絶って、勇気を持って、
    こういう本を読んだ方が良い。
     


    不都合な事実を見つめ、
    自分の人生プランを考える
    事が、この時代のポイント
    だと思うが、どうだろう。

     

     

    本の詳細はこちら。
    老後破産:長寿という悪夢(NHKスペシャル取材班/新潮社)



            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM