人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

東京23区女(長江俊和)

  • 2017.01.22 Sunday | category:おすすめBOOKS
  • ちょっと怖い話の短編集


    東京23区で、過去に起きた
    凄惨な事件を題材に展開する
    不思議な小説


    この手の話が嫌いな
    人は、寝られなくなる
    ので、オススメできないが、
    なかなかエッジの効いた本である。

    大統領就任式の朝

  • 2017.01.21 Saturday | category:学んだこと
  • 今日は、土曜日だが、来客もあり、また、

    営業活動でたまった仕事の処理がありで、

    だれもいないオフィスに来て仕事。

     

    ところで、今朝早くから、トランプ大統領の

    就任式のニュースを観ていた。

     

    ついに、リーダーに選ばれてはいけない

    人が、世界一の大国のリーダに着くことになる。

     

    彼が選ばれた背景や社会の仕組みは、わからない

    ではないけれど、自分や自国以外を語れない

    リーダーを選んだ人々や防げなかった政界リーダー

    の責任は重い。

     

    保護貿易が、世界をどうするかは、近代史が

    証明しているのに、人間は、間違いを繰り返す

    アホなのだろう。

     

    民主主義とは、一体何か?

    もう一度勉強しなければならない。

     

    富の偏在の仕組みとあり方を

    世界のリーダが考えられなければ、

    世界は、再び、落ちるところまで

    落ちるかもしれない。

     

    小さな抵抗ではあるが、未来の社会や

    広い視野で、いつも、考えられる末端の

    リーダーでいようと思う。


    営業活動

  • 2017.01.20 Friday | category:コンサルティングの現場から
  • 先週から、来週まで3週間は、
    ほぼ連日ネクタイを締めて、
    営業活動の毎日だ。


    提案する商品は、次世代経営者
    育成研修プログラム。


    5年続けた経営者との米国ツアー
    に参加いただいた社長に向けた
    営業活動だ。


    お会いした全員から、研修サービス
    のコンセプトとコンテンツには、
    絶賛していただいた。
    高額サービスにもかかわらず、
    既に、12名のお申込みをいただいた。


    やっぱり、ソリューションセールス
    は、楽しい。


    お客様の潜在的ニーズを先取りして
    商品開発して、自信を持って
    売ることができるのは、
    とても、幸せなことだ。


    そして、多忙な経営者の皆さん
    とじっくり人事について、
    話し合う時間は、最高に頭脳が
    回転して、心地よい疲労感を
    感じることができる。



    やっぱり、この仕事が
    好きなんだなあと思う。


    美人ぞろい

  • 2017.01.20 Friday | category:経営者の視点
  • 昨日は、顧客先に常駐して働く

    オンサイトリクルーティングチームの

    懇親会が銀座であり、総勢20名ほど

    集まっただろうか。

     

    ビジネスの常で、顧客先常駐というワークスタイルは

    その帰属意識があいまいになりやすい。

    モチベーションマネジメントは苦労の連続で、

    一定の離職も避けられなかった。

     

    ところが、この1年、

    スタッフのリーダシップや創意工夫で、

    チームとしての改善が見られ、小さなイベントや

    打合せを重ねて、昨日の会につながり、多忙な

    スタッフが、全員集結し、とても、賑やかな

    懇親会になった。

     

    メンバーの9割以上が女性で、何よりも、個性豊か

    である。人事経験をあまり重視せずに、人物重視で

    採用をしてきたが、ようやく、その個性に花が咲いた

    ように感じた。

     

    お互いの立場を越えて、会社への意見や、自己開示も

    できたし、大人のコミュニケーションの場としては、

    まあ、成功したのではないだろうか。

     

    コミュニケーション活性化は、事務局の地味な

    努力なしには成功しないが、今回も感謝したい。

     

    意欲も個性もあり、知的で、

    仕事もできる女性たちの

    モチベーションが上がると、

    女性は、綺麗になると思う。

     

    代表の言葉としては、不適切かもしれないが、

     

    「当社は、美人が多いなあ」と思った。

     

    皆、良い顔をしていた、ということである。


    SAP change

  • 2017.01.19 Thursday | category:学んだこと
  • 先週のセミナーの続き。

     

    基調講演をされたSAPラボの小松原さんは、

    実は、去年の米国ツアーで、是非会いたい

    人の一人だった。

    SAPラボには、4000人のスタッフがおり、

    インド人1000、中国人500、韓国人100

    に対して、日本人はたった二人だそうだ。

    視察受け入れをお願いしたところ、日本からの

    訪問者が1400名を超え、政府関係者や政治家も

    多く、睡眠時間が3時間しかとれない、といわれ

    断念した経緯があるが、とても、知的で素敵な方だ。

     

    興味深いのは、SAPのような伝統的なオールド

    エコノミーの代表に思える会社が、たった5年で、

    ERP以外の新規ビジネスを伸ばして、売上を2倍に

    した事実だ。

     

    そのコツがいくつか紹介された。

     

    ・本社を離れること

    ・トップの直下に置き、既存事業とのシナジー

     (及び抵抗)から、離すこと

    ・フレームワークや共通言語を大事にして、

     共有を積極的に図ること

     

    挙げてみると、なんだか簡単にできそうだが、

    実際はどれもこれも大変だ、特に、大きな組織

    では、とても難しいことだろう。

     

    こういう判断をしたトップに敬服する

    しかあるまい。


    Industry4.0

  • 2017.01.18 Wednesday | category:学んだこと
  • 先日行ったセミナーは、強烈だった。

    それをまとめながら、ここでご紹介したい。

     

    Industry4.0とは、第4次産業革命にあたる。

     

    1次 水力(水蒸気)

    2次 電力

    3次 コンピュータ

    4次 デジタル(IOT)

     

    既存産業(Industry3.0)をいくら磨いても、

    Industry4.0には、適わないという事例を

    iphoneやuberの例で説明された。

     

    アマゾンが小売に、ウーバーが、宅配に、

    グーグルが、自動車メーカになる時代は、

    始まってしまった。

     

    IOTそれ自体は、目的ではなく、他の業務プロセスと

    連携させ、お金を生しくみ一式にして初めて、価値を

    生むのだ、ということが一番の学びである。


    リーダーシップ思考2

  • 2017.01.17 Tuesday | category:学んだこと
  • 歴史を学ぶと、どの時代の
    どの地域あるいは国でも、
    組織の盛衰が繰り返されている。


    出口さんによれば、人間は
    アホであるから、同じことを
    繰り返す、だから、歴史を
    学びなさい、ということだが、
    本当にそう思う。


    リーダー育成と組織運営の
    観点で言えば、歴史的に、
    無能な者を、身内や属性で登用
    した例は、失敗が多い。


    自由に競争をさせて、自然に
    選ばれる
    事が、大事である。


    だから、上司の恣意的な選抜も
    うまく行かないのだ。



    失敗を繰り返して、成長して
    いく人材を、自然に選ばれる
    様な組織作りが、トップの
    役割たる所以だが、これが、
    出来ないのは、無能なリーダー
    程、人事権を振り回すからで、
    きっと、この点も、歴史は、
    繰り返しているに違いない。


    ==========================

    次世代を担う人材とは?

    ラグビー日本代表キャプテンとシブヤ大学学長を招き、

    リーダーシップについて考える2時間。

    ==========================

    シブヤ大学 学長登壇【人材育成×ラグビー】セミナー

    ~次世代を担うリーダーを育てるために~

    −経営者・人事向け−

    2017/1/24 15:00-17:00 @渋谷

     

    ▼リンク:セミナー詳細・お申し込みフォーム

    ▼リンク:セミナーチラシ

    ▼お電話でのお問い合わせ

     03-5468-6040(代表)

     セミナー事務局 隈部・田中まで

     (営業時間:平日9:00~18:00)

    ==========================

     


    国家観

  • 2017.01.16 Monday | category:学んだこと
  • 私たちが、普通に考える
    国と言う概念やアイデンティティ
    は、いつから出来たのか?

     


    全世界史」によれば、 実は、17世紀の世界のGDPは、
    ヨーロッパの列強ではなく、
    アジアの時代だと言うことが
    わかる。


    清(中国)が、22%
    インドが、24%

    この二国で、世界のGDPの
    半分を占めており、日本は、
    4%程度だ。

    ヨーロッパが、世界のGDPに
    躍り出るのは、18世紀のフランス
    革命以降である。

    そして、ご存知のように、
    これ以降、国家という共同体の概念が生まれ、

    技術革新から産業革命が生まれたことが、

    歴史の中心にヨーロッパを押し上げた。


    この歴史的に大きな
    ターニングポイントに
    なったフランス革命を学ぶと
    やはり、どうしても、行って
    みたくなるものだ。


    去年は、テロで、断念したが、
    今年は、絶対行かなければ。



            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM