学んだこと | 株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ

組織・人事・採用コンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

出張は仕事ではない

  • 2020.03.27 Friday | category:学んだこと
  • 今回のコロナウィルス問題の
    最大の収穫は、私達労働者に

    「生産性」という事を
    考えさせた事だろう。


    時差通勤
    在宅勤務
    WEB会議


    など今まで脇役だったものが
    ヒーローになりつつある。


    「なんだ、これで
     十分できるじゃん!」


    私達経営者の学びは、

    出張は仕事じゃないよ!
    寧ろ無駄なコストだよね!


    ということかもしれない。


    航空業界やJRには
    悪いけど、思考業務から
    逃れる幹部の隠れ蓑に
    なっているだけかもしれない。

    未来は予測できない

  • 2020.03.26 Thursday | category:学んだこと
  • 例えば、コロナ騒動が収束した
    として、結果が見えてくれば、
    いろんな評論家や分析屋が
    モノを言うだろう。



    だけど今のこの状況を

    2ヶ月前に、 科学的に予測できた
    責任者は
    多分いないだろう。


    つまり、私たちは
    将来予測は
    できないと思った方が良い。


    そういう前提で、
    経営をしなければならない。


    僕は2月中旬以降
    本が全く読めない。


    朝7時と夜9時のNHKニュース
    に加えて、テレ朝とTBSまで
    観て、近未来を考えることを
    毎日のようにしているからだ。


    もう倒れるように
    寝てしまうし、脳が興奮して
    いるから、夜中に、
    時差ボケのように目が覚める。



    今は自分が理解して
    信用できる編集された情報
    から考え抜くしか無い。


    残念ながら、今は
    呑気に読書している
    場合ではないのだ。

    偏差値と能力は無関係

  • 2020.03.24 Tuesday | category:学んだこと
  • 昨日の日経新聞の記事(教育)


    日本電産の永守さんが、京都で
    大学経営に乗り出した。


    その前に、理事長をした大学の
    授業を見学して、
    学生の半分は寝ていて
    残りはスマホで遊んでいるのを
    見て、驚いたという。


    永守さんの凄い所は、
    そのまま授業に出たら、
    ものの10分で寝て、

    「学生のレベルが低いから」

    という教員達を


    「私も寝た、私もレベルが低いのか?
     内容がつまらないから
     学生が寝るのだ!」

     と叱責したらしい。


    ー今の学校教育は、
    教えるだけで、
    人を育てていない。ー



    この記事で
    永守さんを手伝いたいと
    心から思った。


    こういうことに残りの
    時間を使いたいなあ。

    最期の講義西原理恵子さん

  • 2020.03.23 Monday | category:学んだこと
  • NHKBSの番組


    みうらじゅんさんなどユニーク
    な学生向け講演の番組



    西原さんは吉祥寺に
    お住まいで東京女子大での講演


    テーマはいくつかあったが、


    そのうちの一つが


    「幸せは人任せにしない」



    本当にその通りだと思う。



    らしさ について

  • 2020.03.19 Thursday | category:学んだこと
  • 確かにそうだと思うが、

    男らしい
    女らしい
    子供らしくー
    年寄りらしくー


    という言葉(常識)が
    衰退しているように思う。


    僕は、男らしい、
    女らしい、という言葉に
    強い拘りがあると思う。


    そもそも、らしさ、ということは
    個性ではなくて、生物が生き抜く
    全体システムを支えるためにある
    らしい。


    そういう難しい話は抜きにして
    LGBTの話も抜きにして、


    男らしさ、は人生観
    そのものだと思う。


    これは、時代に取り残された
    オヤジの戯言なのか、健全な
    システムの主張で、らしさの
    なくなってきたこの時代が
    おかしいのか?


    どうなのだろう?

    役割への真摯さ

  • 2020.03.16 Monday | category:学んだこと
  • 偉業を成し遂げた人達に
    共通するのは、


    とことん自分のやりたい事を
    磨いて、世間の声にもぶれずに
    生きてきたか、


    はたまた、与えられた仕事や
    役割を天命だと思って、全う
    したか、



    そのどちらか若しくは
    両方ではないか?


    僕は後者に近いので、
    役割に殉じるような
    物語が好きだ。



    ところで、
    役割に徹するというのは、
    最高の自己統制だと思う。


    「自分は何のためにここに
     いるのか」は、企業で言う
     存在意義つまり、

     ミッションステートメント
     だが、それを常に自分に
     問いかけ、思考を課している人は
     少ない。


    僕自身はよく考える。
    今を一生懸命やるけども、
    一方で、それを続ける事が組織を
    腐らせるとも思う。


    引き際は大事で、
    人生の美学である。


    自分の役割を毎日のように
    考える人は、プロフェッショナル
    だと言える。



    そこからは最高レベルの
    パフォーマンスが引き出される。

    よく言われるが、 仕事は与えられる
    ものではなく
    取りに行くもの
    あるいは自ら作るもの

    という話と同じだと思う。

    犬の欲求

  • 2020.03.14 Saturday | category:学んだこと
  • マズローの欲求5段解説という
    のがある。(実際は6段階)


    14 年人生を共にして
    1万回以上の散歩を共に
    する愛犬は、確かに生理的欲求
    を満たすことが人生(犬生か?)


    まあ安全欲求も潜在的には
    入るであろう。


    この二つでまあ満たされる
    から犬は可愛い。



    所属欲求や
    承認欲求を持つ犬だったら
    いつまでも、生活できただろうか。


    求められるものが
    実現しやすいから可愛いし
    癒される。



    一体なんのことやら。


    想定外は無能の証

  • 2020.03.12 Thursday | category:学んだこと
  • リーマンショック
    あるいは自然災害や今回の
    コロナウィルスの問題が起きると、
    組織のリーダーが
    よく使う言葉が


    「想定外」というやつだ。


    確かに「想定内」ではなかろう。



    それでもリーダーが軽々に
    口にするのは如何かと思う。


    経営者の端くれの僕でさえ
    こういう環境の激変と悪化は
    21 年でもう3度目である。

    ということは、
    7年に一度は、何かが
    起きる、と思っていた方が良い。


    賢い経営者はそう
    思っているはずだ。


    何が起きるかではなく、
    平和な時代は続かない、
    という前提が経営という
    発想である。


    サラリーマン社長には
    辛いだろうが、そのために
    高い報酬と個室と秘書や
    運転手がいるのだろう。



    平時には、無用な存在
    くらいでちょうどいいのだ。

    (平時が好きな社長は
     無意味な仕事を作るし)

    勤続40年

  • 2020.03.09 Monday | category:学んだこと
  • 僕の同級生の半分以上は、
    大学卒業後入社した会社や
    役所に、定年まで勤めあげた
    類稀な男たちだ。


    そして僕から見ると異様。

    何故か?


    人生の殆どを、会社内と
    同業他社だけを見て終わることが、
    僕には信じられないキャリア
    に思えるのだ。


    彼らは、自分を取り巻く
    同レベル、同価値観の集団に
    おいて、自己評価を通して
    職業人生の評価にするのだろう。



    平時に慣れきり、
    横しか見ない
    狭い常識に生きる人生


    よくよく考えてみれば、
    高校生くらいから偏差値
    という序列にいることに
    変わらないので、40年以上を
    そうして生きたことになる。


    そこに
    個人としての意思、夢
    挫折、達成感はあるのか?


    彼らの心の底は
    わからないし
    聞かないけれど、

    常に戦時体制の僕としては
    時々どうなのだろうと思う。

    ブランディングは難しい

  • 2020.03.08 Sunday | category:学んだこと
  • 長らく放置状態だった
    会社のウェブサイトを全面的に
    回収しており、そのプロセスの
    中で、


    「ブランディング」についての
    議論になった。


    ブランディングは、その定義も
    難しいと思うが、僕の考えは、


    「見た目の印象」に近い。


    当社を知らない人がどう感じるか。


    だから、内側から発信する

    「経営理念」
    「行動指針」


    などは、あまり書かなくて
    良いのではないか、という考え方だ。

    まあこれは大体反対されて、
    ボツになるのだが。


    難しいと思うのは、
    外面を、内側にいる人や
    コンサルタントが作るのは
    かなり難しいのではないか?


    という点だ。


    ブランディングという仕事は、
    経営上最もコストパフォーマンス
    の得られずらい仕事だと思う。


            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM