人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

2日にわたって、クライアントの
考課者研修を行った。



今回は、「能力」を如何に評価するか、

という内容で、それを伝える
のは、難しかった。


方法論としては、「行動」だけを
事実として見つめ、評価の対象と
するのだが、受講者が、「行動と能力」を

概念的に関連付けて理解していないと

「これで、本当に正しく能力が
測定され、適切な昇格が行われるのか?」


という疑問が消えないものだ。


仮に、人事部が用意した立派な
能力発揮一覧表があったとしても、
本当の意味で、管理者が、能力を
理解するには、数年かかるのでは
ないだろうか?


師弟制度

  • 2017.11.18 Saturday | category:コンサルティングの現場から
  • 今では、すっかりお客様のご支援を直接やることが

    減ってしまったが、それでも、年に数回、ご指名など

    で、現場に登壇することがあるし、自らの次世代経営者

    育成プロジェクトなどは、継続的なテーマとして、

    ハンズオンで関わるようにしている。

     

     

    そういう貴重な機会につけるアシスタントを

    誰にするかは、大切である。

     

    数ヶ月の即席師弟関係ができあがるからだ。

    そういう視点で、人選を頼み、また自ら選ぶようにしている。

     

    当社は、圧倒的に若いスタッフが多いから、得手不得手が

    はっきりした状態で、強みを活かされて、少々自信を

    もちかけたそんな状態で、一緒に働くことになる。

     

    私の師弟関係は、言葉そのままである。

    目で見て盗め、石の上にも3年、というような

    古い価値観で好きなように振舞うから、選ばれた

    彼らは、面食らうことも多く大変な思いをする。

    そして、徹底的に扱く。そういう環境を経験させ、

    大人になる過程で、強くすることが目的である。

     

    今回は、二人のスタッフを組織活性化プロジェクトに

    参加させたが、二人に共通する課題は、

    「仕事が軽い」ということだ。

     

    一人は、営業成績もついていて、お客様と話が

    通じるようになり、オドオドしていた数年前が

    なつかしいような中堅スタッフだが、実は、

    きちんとしたロジカルスキルを教わっていないので、

    レポートの内容が乱暴であり、また、お客様との

    コミュニケーションも単一で、

    場面に応じたTPOがまるでない。

    このままいくと、後輩に抜かれる可能性も

    あるような危うい感じだ。

     

    もう一人は、見た目の明るさで、何でもそつなく

    こなすが、そこに「思いや情熱」がないので、

    何をやっても軽い、という欠点が浮き彫りになっていた。

    そして、残念なことに「お客様の期待値を超えるまで徹底的に

    仕事をすると、別世界が見える」という成功体験を経験して

    いないのだ。

     

    先週のお客様との「報告会と懇親会」は、彼らにとっては、

    必死の場だったに違いない。相当厳しいFBをして、臨ませた

    ことで、いつもと顔つきが変わっていた。

     

    だが、それがかえってよかったと思う。

    二人のその日のパフォーマンスは、とても

    よく、「一皮向ける」経験ができたように見えた。

     

    次世代研修で米国に同行させたスタッフは、

    「承認欲求の呪縛」に苦しむ優等生だが、

    ランチョンで話し合った様子からは、

    恐らく、「自分らしく生きる」ことに舵を

    きれそうに感じた。

     

    こういうスキルを超えたような訓練を昔は、

    師弟関係の中で教わったように思う。

     

    僕が、どこまでそれをできるかわからないが、

    時間と気力の許す範囲でやることもまた、

    社長の仕事であろうと思う。


    数ヶ月がかりで、組織分析から、
    マネジメント研修のご支援を
    させていただいたお客様を招待して、

    当社のスタッフも参加させて
    賑やかな会食を行った。


    3時間半もの時間をとても楽しく
    過ごせたのは、お客様の方々の
    人間性の素晴らしさの所以だろう。


    私は、営業マンの経験がないせいか、
    仕事としての接待というものは、
    ちょっと苦手である。


    歳を重ねてからは、楽しめる相手
    以外と会食することが、益々苦痛に
    なってきて、社長としては、どうか
    と思うが、そういう場から逃げている
    きらいもある。



    そういうわけで、先日のお客様は、
    社長や秘書の方それに人事部長
    の方々とゆっくり話してみたい
    と思い、私から、お誘いして
    お付き合いいただいた場である。


    どういうお客様に、そういう気持ちに
    なるのか、を考えてみた。


    ・大きな組織目標達成に向けて、
    パートナーとして選んでいただいた。
    ・目標に向かって、議論しあう土壌が
    あり、意見を聞いてもらえる。
    ・期待値を超えた成果を認めて
    くれるプロ意識がある。


    まとめてみると、
    こんな感じだろうか。 


    Downtown

  • 2017.09.24 Sunday | category:コンサルティングの現場から




  • 今日は、最新のシステムを見学に
    ダウンタウンとシリコンバレーを
    バスを使って、周遊する一日。

    原則自由行動なので、現地解散も
    不参加もありの大人のオプション


    上記は、ダウンタウンの名所に出来た
    ハンバーガーショップ
    長蛇の列の秘密は、
    Impossible burger と呼ばれる
    肉を使わないハンバーガー

    1500円なり、美味しかった。


    次は、IoTを使った応用機器の
    展示するショップ


    家のセキュリティや子供の学習
    部屋のデザインなどが、実際に
    デモで試せる。








    上は、自動でコーヒーを淹れてくれる
    マシン、次が、無人で食事の
    オーダーができる販売店


    これらは、多忙なビジネスパーソン
    向けというが、流石にアシスタントの

    スタッフがそばに居て、サポート
    してくれるようだ。







    スタンフォードで研究していた
    ロボットの販売所



    そして、hp garage




    そして、アップル本社ビル



    建設中のセールスフォース
    新本社ビルは、SFO一の高さで
    61階もあるらしい。



    Input

  • 2017.09.23 Saturday | category:コンサルティングの現場から
  • トレーニング3日目は、学びの一日

    午前中から、二人の著名な
    起業家兼投資家を滞在ホテルに
    お呼びして、話を聞いた。


    Daveは、Open table SVP だった方で、
    シリコンバレーのカルチャーと
    経営の実態を丁寧に話してくれた。

    今回初めてのアメリカ人による
    英語の講演だったので、
    不慣れな参加者は、ちょっと辛かった
    かもしれない。
    だが、これもまた、
    良い経験になるだろう。


    二人目の吉川さんは、ぶっ飛んだ人で、

    この地で、数十年生き抜いてきた

    強さというか、執念深さを
    感じる魅力的な人だった。


    個人的にまた会いたいと思える
    凄い人である。


    その後101を北上して、
    マイクロソフトへ。


    社長の強いリーダーシップで
    始めた、全社ベースの新商品開発
    プログラムについて、お話を聞けた。


    そして、そこから商品化された
    不思議なゴーグルを着けて見える
    世界を全員が楽しんだ。


    スマホも、間も無く不要に
    なるのだろうな。


    大競争のIT業界で、トップに
    君臨し続けるマイクロソフト社の
    底力をみたような気がした。






    今回の次世代リーダー研修の
    メソッドは、徹底して、デザイン思考
    である。

    なぜならば、若い彼らが、経営者
    になった時の最も困難な業務は、
    新規事業開発だからだ。


    もちろん、社長の仕事やスキルは
    際限なく、資金調達、人材調達、
    市場開発、顧客管理から、スタッフの

    モチベーションマネジメントまで
    多岐にわたる。


    だけど、それらは、経験や学習で、

    学べる方法がある。


    新規事業開発だけは、まず、ない
    と思うからだ。




    今日は、デザイン思考ワークを
    行った。


    テーマは、移民の課題 は何か?


    4-5人のチーム毎に、大学や
    ミュージアムにウーバーで出かけ、
    一人5人くらいのフィールド
    インタビューを行うのだ。


    もちろん、英語で!


    「出身地は?」
    「困っていることは?」


    などなどを街頭インタビューする
    には、まずをもって、度胸がいる。

    それに、多少の英語力も。



    これらの情報を持ち帰って、

    「顧客の真の課題」を考え、
    対策案を練りあげ、発表する
    という具合のワークである。



    因みに、プレゼンは、

    紙芝居
    即席の演技
    プロトコル(模型)

    などなど堅苦しくない形式で行う。



    ここサンノゼで、
    英語を使って、顧客の生の声を
    拾い、限られた時間で、脳漿を
    絞り、アイデアを楽しく発表する
    という体験型ワークは、やはり、
    シリコンバレーならではであり、

    多くの参加者が覚醒した要因
    でもあろう。


    Day3@Beijin

  • 2017.08.23 Wednesday | category:コンサルティングの現場から
  • 今日は、最終選考の1日



    18人ほどの学生と面接をした。
    久しぶりに、1日中面接をこなした。


    通常の国内の面接では、徒労に
    終わる可能性もあるが、この日は
    違った。


    なんと、11名の学生が、採用もしくは
    採用前提としてのインターンシップ
    候補として選ばれたのだ。



    参加いただいた各社も、総じて
    予測を上回る高評価をいただいた。


    日本語に弱みがある彼等の評価
    が、何故高かったのか?


    先ずは、子供の頃からの学習習慣
    から、勉強熱心で、学力において、
    日本の学生を圧倒する子達も
    ゴロゴロいたことだ。


    次に、在学中の就職が極めて困難
    な彼等の、純粋で高いモチベーション
    が挙げられる。


    これはもう、国と時代が両方とも
    違うとしか言いようがない。



    また、見た目は幼いが、自身の
    キャリアについて、リアルに
    考えており、その点迷いが無く、
    選ぶ仕事や環境が明確だ。
     

     

    この三つの理由から、彼等に対する僕の評価は高いが、

    判断指標がブレた可能性がある。




    それでも良しと思えるような
    清々しい選考が出来たことは、
    準備に奔走したスタッフ達に
    感謝したい。


    今回をトライアルとして、
    お世話になった 日本語教育の
    笈川先生ともより協業して、
    この取組を加速していきたいと思う。


    Day2@Beijin

  • 2017.08.22 Tuesday | category:コンサルティングの現場から
  • 昨日は、集まった150人の学生に
    参加企業が、20分づつ企業紹介を
    行った。


    限られた時間で、会社の本質を
    語れるレベルの高い企業もあり、
    大変刺激になる。


    その後書類選考して、優秀だと
    思う学生とのグループ面接をして、
    個人面接へ進める学生を選ぶ。


    更に、夜は、全学生との夕食を
    兼ねた懇親会と怒涛の1日だった。


    ボストンキャリアフォーラムを
    思い出すようなハードワークで、
    一定の役職者は、大層疲れた
    ことだろう。



    学生は、優秀である。
    何より素直で、全力で、この機会を
    モノにしようと必死である。


    中国では、在学中に、就職を決める
    のは、大変困難で、日本語を学ぶ
    彼らにとって、千載一遇のチャンス
    なのだ。


    周りの様子を見ながら、
    ふらふらしている日本の学生と
    意欲面で、大きな違いがある。


    同時に、留学している日本人学生に
    会えたことも、良かった。
    意欲的で、営業候補として、
    是非呼び込みたい
    学生とも話せた。



    当社の熊本センターの採用として
    中国人学生の採用は、フィット
    するかもしれない。



    明日は、本番である。
    早朝から移動だが、どんな学生と
    会えるのか、楽しみである。


    北京の朝

  • 2017.08.21 Monday | category:コンサルティングの現場から
  • 昨夜移動して、今朝から北京にて、
    新卒採用イベントに参加する。



    羽田空港から3時間だから、
    欧米に比べたら楽ちんだ。
    それにしても、
    一昨日熊本から戻ってきたから
    何だか、毎日飛行機に乗っているようだ。


    今回は、初めてのツアーで、
    8社21名の方が参加するが、
    中国人の比率が多いようだ。


    北京の朝は、やっぱり、
    スモッグがすごい。

    前回は、11月だったから、
    それに比べるとマシだけど、
    何ともため息が出るなあ。


    さて、今回のイベントは、
    実際優秀な中国人スタッフが
    新卒で2名入って、彼女達が
    企画し実現に至った。


    社内で実験してから、お客様へ

    というのも、当社のポリシー通り


    今日から、二日間頑張ろう!


    経営者の英断

  • 2017.07.05 Wednesday | category:コンサルティングの現場から
  • 昨今は、社員の残業を見てみぬふりをする

    会社は「ブラック企業」と叩かれる時代であるが、

     

    少し前までは、残業申請するのは、勇気が必要で、

    実際にやった残業のうち、

    何時間くらいつけても良いのか、という暗黙知の

    了解があり、それを探りながら、上司に提出する

    のが、当たり前の時代だった。

     

    むしろ、規定時間で、さっさと帰宅し、一時間

    単位で、残業を申請する人は、「変わり者」

    だったと言えよう。

     

     

    この大きな変化は、政府の戦略も、強く反映

    されているが、むしろ、若手の労働価値観の

    変化が大きいのではないか。

     

     

    それは、「自分の時間は大切にして、

    会社に滅私奉公するのは、時代遅れだ」

    という考え方であり、僕も、そのとおり

    だと思う。

     

     

    さて、今週は、この未払い残業の問題で

    相談を受けたクライアントに行って、

    取締役会の議論に参加した。

     

    古い業界である一方、業績は絶好調で、

    現場の負担は、かつてないほどに高まり、

    裁量手当分を大きく超える残業が実質

    未払いになっている。

     

    これらを支払った場合、会社の経営に

    少なからずインパクトがあり、役員は

    皆、押し黙った様子である。

     

    この残業問題を本気で片付けるためには、

    営業部門の受注方法や現場の管理方法まで、

    根本的に大きくビジネスシステムを変えなければ

    ならないからだ。

     

    このクライアントは、経営者の英断により、次月

    より、全ての残業を申請させることになった。

     

    良い機会だから、この際、会社を大きく変えていこう

    という前向きな経営者に、役員一同驚き、感動し、

    前向きな変化に一体感をもてる良い会議になった。

     

    この例のように、管理職と現場が同じ課題認識と

    同じ目標をもてば、課題を梃子に、会社は、

    変わるのだと思う。

     

    やはり、経営者は、ここ、という場合には、

    ちまちませずに、太っ腹でなければならない。

     



            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM