人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

ご存知の通り、オリンピックの
前年の2019年に、アジアで初めて
となるラグビーワールドカップが
日本で開かれる。


40年間専門誌ラグビーマガジン購読を
欠かさないディープファンの僕に
とって、幸せこの上ないイベントだ。


先日京都で行われた抽選会で、
予選グループも決まった。


強豪揃いだが、予選突破の
可能性もある。


過去のワールドカップは、
何度行こうと思ったか
わからないが、
仕事をほったらかして、
10日以上留守にする勇気が
持てずに、諦めていたけど、

今大会は、何とか折り合いを
つけて、全試合観戦したいものだ。


 


著者は、末期ガンで余命ゼロを宣告され、

抗がん剤を拒否し、自ら、食事療法を

考え、実践し、14年間生き抜いている

格闘記録みたいなものなので、とても

リアルで、引き込まれるものがある。

 

この本に書いてあることは、以下の3つ

 

・100%医者のいいなりにはならない

・他人に自分の命を任せない、預けない

・自分でなんとかする気持ちが強い

 

私は、健康だけに関わらず、世間の常識や

専門家の話を鵜呑みにせぬよう、自分で考えて

判断することをこの数年心がけているが、

著者のこの言い分には、100%共感。

 

一方、当社は、スタッフが、若いせいもあるが、

ほとんどのスタッフが、人口甘味料と、

食品添加物に毒されていることを何とも

思わない。

 

便利さの誘惑 と 思考ゼロ が

セットになったときに、その人や

いっしょに暮らす家族も、本当の

幸せは掴めないのではないだろうか。

 

 

本の詳細はこちら。

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事(神尾哲男/幻冬舎)


草間彌生 わが永遠の魂

  • 2017.05.09 Tuesday | category:ちょっと一休み
  • 国立新美術館は、入場から
    長蛇の列で、草間彌生さんの
    人気の程が窺える。


    大きな会場の壁一面に展示
    された作品は、文字通り、

    「魂の作品」と呼ぶに相応しい。


    死ぬまで、人類の平和に貢献したい
    とする彼女の作品展は、きっと

    多くの人の魂を揺さぶるのだろう。

     

        

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    箱根の山

  • 2017.05.08 Monday | category:ちょっと一休み
  • 箱根の山は、母親の実家に近く、
    幼い頃から、身近な所である。


    従兄弟に連れられて、色んな
    遊び方を教わったが、その箱根に
    最近は、経営者勉強会で行くこと
    が数回あった。


    ここの参加者は、勉強家が多く、
    時間を見つけては、美術館に
    足を運ぶので、博学なき
    私も付いて行く。



    箱根美術館の景色と紅葉の
    季節の庭は、言葉にできない程

    素晴らしい。


    ポーラ美術館も、
    ピカソやシャガール展などで、
    客足を集めている。


    最近できた岡田美術館は、
    個人の蒐集家としては、見事
    と言うほかない。


    知識や関心のない私でも、
    こうして楽しめる箱根は、
    懐が深いと言うか
    なんと言うか。


    テレビ出演

  • 2017.04.25 Tuesday | category:ちょっと一休み
  • 久しぶりに、TBSのバラエティ番組
    (テーマは、新人教育)に呼ばれて、
    本日収録をしてきた。


    人生初のメイクまでして、
    スタジオに入ったのはいいが、
    私以外は、口達者な個性派の
    業界人と研修講師だらけで、
    私が、口を挟む隙も
    ないほど、皆さんの発言が次々に
    出てきて、圧倒されっぱなしの
    90分であり、殆ど発言も出来ない
    情けないやら場違いを感じる
    一時間半だった。


    それでも、スタジオの作り
    スタッフの数と熱気
    MCの坂上忍さんや吉田敬さんの
    声の大きさとテンポ、
    業界人の方々の押しの強さ、

    意外に優しそうな強面男優の方



    トーク番組だから、ある意味ディベート
    のようなもので、本当は、発言が
    難しいはずだが、無理やり進行
    していくところは、たいしたものだ。



    企画、アサインメント、プログラム作り、

    そして、撮影という現場を
    見せていただけたことは、
    同じ労働集約型ビジネスとして、
    この上ない良い経験になったと思う。


    過剰サービス

  • 2017.03.03 Friday | category:ちょっと一休み
  • ヤマト運輸のサービス改善が
    話題である。


    大いに結構だと思う。
    物流が、タダになるわけはない。


    ドローンも、自動運転も、10年以内の
    商業化は難しいだろう。


    自動車免許取得は、外国人にとっても
    難しいだろうから、ユーザーが
    我慢するしかない。


    アマゾンで、本を数冊頼むと、
    まとめてくれればいいものを、
    配送出来る順番で、送られてくる。


    やり過ぎだろう。
    そんなサービスを望んでいたら、
    日本でのサービスが立ちいかなくなり、
    生産性も下がり、給与も上がらない。


    過ぎたるは、よろしくないのだ。


    sightseeing

  • 2017.02.12 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 熊本には、もう50回以上来ている
    はずだが、スタッフとのゴルフコンペ
    や合宿を除くと、観光というもの
    をしたことがなかった。


    今回は、スタッフの披露宴があり、
    週末から来ていたので、
    熊本市外へ初めて出かけた。


    午前中は、西南戦争の激戦地で
    有名な「田原坂」。


    国内外で、所謂戦場という景色が、
    これだけ損なわれずに残っている
    のも珍しい。


    薩軍と官軍の激戦地

    両軍合わせて、1ヶ月弱の戦いで、
    数千人が戦死したと言う最後の
    悲惨な内戦の爪痕が資料館だけでなく、
    周辺の道路にも点在しており、
    生々しい。


    午後は、山鹿にある八千代座へ。

    江戸時代の歌舞伎小屋を彷彿と
    する建物が、現存しており、今日の
    興行は、数百人の観光客で、満席
    だった。



    宿は、勝海舟と坂本龍馬が
    宿泊し、日記を残した阿蘇の
    麓にある内牧温泉へ。


    寂れかけた街だが、源泉のお湯
    は、なかなか良いものだ。


    Happiness

  • 2017.02.11 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 今日は、熊本オフィスのスタッフ
    同士の結婚式があり、朝から来熊。


    ウラオモテのない
    誠実を絵に描いたような
    お似合いのカップル。



    終始和やかな雰囲気の宴席だった。


    何時も思う事だけど、
    ご両親や親族とのちょっとした
    交流が、このイベントの楽しみの
    一つ。



    社内結婚というものも、
    何度か呼んでいただき参列したが、
    自らの選択の結果に、こうした
    幸せが訪れたと思うと、なかなか
    感慨深い。


    今日の二人は、余計な事を
    言わなくても、しっかりと
    生きていき、きっと、良い
    家庭を作るだろう。





    自分にあったパートナーを
    選ぶチカラもまた、幸せを
    築く能力の一つであろうと思う。



    幸せいっぱいの二人に
    幸多かれと心から思う。


    世界レベルのマッチ

  • 2017.01.30 Monday | category:ちょっと一休み
  • 昨日のラグビー日本選手権決勝
    サントリーとパナソニックの
    試合は、好天そして、満員の
    秩父宮ラグビー場で行われた。



    おまけに、NHK放映の解説は、
    先週セミナーに登壇いただいた
    廣瀬さん。



    40年以上の観戦歴の中でも、
    恐らく、最高のレベルの試合。


    世界に誇る外国人プレーヤーが
    数名いるが、彼らにしても、
    突破出来ないディフェンスの頑強さ。


    ラグビーの醍醐味のタックル技術
    の高さに震えた。



    実は、この2日前に、サントリーの
    司令塔を務める小野選手と面会し、
    幼少期から、これからのキャリア
    についてなど、多くを話して
    いただいた。


    日本代表でも、大活躍の彼は、
    しかし、身長171センチの体格で、
    満身創痍だった。


    そして、英語もネイティヴで、
    知的レベルの高さが直ぐにわかった。


    その小野選手が、大活躍して、
    全ての得点を叩き込んでの
    大勝利。


    これで、また、ファンが
    増えるだろうなあ。


    大学ラグビー決勝戦

  • 2017.01.09 Monday | category:ちょっと一休み
  • 先日の高校ラグビー決勝戦
    に続いて、今日の大学ラグビー
    決勝戦も、見応えのある激戦だった。


    お互いの強みを消しあう
    好ディフェンス同士の好勝負は、
    文字通り手に汗握る激戦。




    そして、やはり、死力を尽くした
    敗者の涙は、美しい。



    帝京は、前代未到の8連覇である。
    偉業に、心より、
    おめでとうと言いたい。


            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM