人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

ノーサイド・ゲーム

  • 2019.07.08 Monday | category:ちょっと一休み
  • 大泉洋さん主演のサラリーマンドラマが今日から始まった。

    珍しく、ドラマを観たりするのは、ラグビーを扱うストーリーである事、役者が揃っている事に加えて、何と 元日本代表の広瀬さんが、準主演!という形で出ている事だ。

    役割上本当の彼とは違って、斜に構えた面倒な社員を演じているが、なかなかどうしてうまいものだ。

    インタビューや講演をお願いしたり、ラグビー場でお目にかかったり、メールするくらいの間柄だけど、彼は、僕の知る限り、最高の男の中の男だと思う。


    東芝をやめて、また新しいことに挑戦していくのだろう。

    これからも、応援していきたい。


    石川選手逆転優勝

  • 2019.07.08 Monday | category:ちょっと一休み
  • 珍しく早朝から夕方まで一日中家でゴルフ中継を観ていた。

    石川遼選手の3年ぶりの優勝の可能性が見えてきて、彼のプレイと表情に釘付けだった。


    高校生の頃から「ー-王子」と持て囃された彼は、米国ツアーでも上手くいかず、日本に舞台を移しても優勝はおろか、予選落ちが続きマスコミやファンからも厳しい声が多かったという。

    サングラスに隠れた今日の彼の表情は殆ど変化せず、強い意志を感じさせる佇まいだ。


    残り4ホールでトップと4打差が残り、これは難しいなあと思って出かけてから凄い逆転劇が始まった。

    彼の優勝インタビューは泣かされた。苦労して勝ち取った日本メジャーのこの試合できっと大人になり、人としても成長するのだろうなあと思う。


    ご褒美

  • 2019.07.07 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 会社の21期が終わって、過去最高の決算となった。

    加えて、嬉しいのは、全ての事業部が目標を達成した事だ。

    一年を通じて、運不運もあるし、あーすれば、こーすれば、という反省もあろうが、とにかく数字は、ウソをつかない。

    強い基盤事業以外の組織が強くなっている証であり、素直に嬉しい。

    ところで、僕には、業績インセンティブというものはない。おかしな税制だと思うが、経営者の給与は年俸制みたいなもので利益処分して賞与でももらうと、それは、通常の人件費とみなされず、ガッポリ税金を取られてしまう。

    というわけで、今年から、自分なりの目標を決めて、達成したら、自分へのご褒美をあげようと思いついた。

    今年は日本一心の安らぐ温泉宿、箱根の強羅にある「箱根本箱」に来た。

    凡ゆる本に囲まれたこの源泉掛け流しの宿は、ココロもアタマも満たされる。

    当分は、これを僕のインセンティブにしてまた一年頑張ろうと思う。


    サザン40周年ライブ

  • 2019.06.17 Monday | category:ちょっと一休み
  • 63歳になる桑田佳祐君は相変わらず元気で歌いまくった。

    3時間半休憩も無し。どれだけ鍛えているのだろう。

    もしかして、50周年はないかもと思って、二週連続で札幌、東京ドームと追いかけてきた。


    思えば、40年前のデビューから数えきれないくらいのコンサートに出かけたものだ。

    音楽については、何も語れないが、会場に駆けつける同年輩のおっさん、おばさんたちそれにもちろん若い子達や親に連れられた子供達、みんなをあんなに夢中にして幸せにするチカラは、もう何者にも代えがたい。

    10年前の30周年ライブに比べるとやはり体力も落ちたようにみえる。

    それは、仕方ない、僕も同じだ。

    これからも同年輩のヒーローを応援して負けないように頑張ろうっと。


    九州男児達

  • 2019.06.01 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 熊本に事業展開した事もあり、当社には、九州出身のスタッフが多い。

    熊本だけでなく、福岡、佐賀、宮崎など各県にわたっている。

    僕から見ると彼らのイメージは、
    ・保守的で役割責任感強い。
    ・頑固で、変化に弱い。
    ・納得するとよく働く。
    ・上司次第で成果に差が出る。

    先日東京で働く九州男児達との会食をやって、痛快な飲み会だった。

    いろいろ言うが、僕は、彼らが好きで、つい余計なお節介を焼いてしまう。

    彼らの良いところは、いくつもあるが、まず奥さんや家族を大切にすることで、これは、人間の基本。

    次に、同僚や後輩に優しい。

    一見仕事と関係ないようだが、実は大切なことだ。

    自分以外の人に優しい事は、能力だと僕は思う。

    不器用な彼等を、応援し続けたい。


    良き伴侶と父

  • 2019.05.20 Monday | category:ちょっと一休み
  • 若い会社の経営は苦労もあるけども、喜びの方が圧倒的に勝るものだ。

    仕事も人間としても人生の上り階段の入口にある彼らは、悩みながらも自らの幸せを掴もうと足掻く。

    そういう日々の中で、彼らが、自分らしい人生を共に歩む伴侶を見つけることがある。

    そういう心から感じる幸せの場に立ち会って、共に祝う時間は、仕事ではないけども、会社をやって良かったと心から思える。


    土曜日は、入社6年目になる平神さんの披露宴が青山であった。

    新郎の三井さんのこともより理解できて、安心したし、お父さんとも少しだけ話ができた。

    今日の満面の笑みを忘れずに、幸せを掴んでほしいものだ。


    Pictures 3

  • 2019.05.06 Monday | category:ちょっと一休み













  • Pictures 2

  • 2019.05.05 Sunday | category:ちょっと一休み


















  • Pictures

  • 2019.05.04 Saturday | category:ちょっと一休み














  • 知らないとはいえ

  • 2019.05.03 Friday | category:ちょっと一休み
  • こんな夜更けにバナナかよ!

    行きの飛行機で観た映画、大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さんなどの好演でヒット作品だと聞いていた。

    もちろん良かったのだが、実はこの映画の撮影時に恵比寿の眼鏡屋さんで三浦さんと遭遇して、そんな有名人とは知らずに、かっこいいし、腰も低くて好青年だなぁと思い、隣に座った時に数分世間話していたのだ。

    彼が「これから仕事で北海道に戻ります!」と返っていったあと「良いやつだねえ」と店長に話したら、「樋口さん あの人有名人ですよ!知らないで話していたんですか?!」という笑い話でした。

    おしまい。


    GW期間中お休みします

  • 2019.05.02 Thursday | category:ちょっと一休み













  • 絶滅

  • 2019.04.27 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 野村證券の永井社長は同級生のようだ。

    あれだけ強かった野村證券が大赤字を出して苦しんでいる。

    成功体験を捨てられない多くの社員を抱える大改革は如何なるものだろう。

    もちろんお呼びではないが、僕にはとても務まらない。

    大事なことは、成功体験を早めに捨て続けるリーダーシップではないだろうか。


    体育会系

  • 2019.04.21 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 今年も早稲田ラグビー部の就職活動支援に上井草に2回通った。

    OBのみなさんの強力なサポートもあり、今年の四年生は面接も離れしており上手な子が多いように感じる。

    それでも、一人一人には当然個性があり、その個性を堂々と出せるようになればいいのにな、と祈るような思いで2回の研修を終えた。


    信長を語る

  • 2019.04.16 Tuesday | category:ちょっと一休み
  • 幼少の頃から特異なキャラクターで母親や親族それに父親以外の幹部からも見放されていた。

    その才を見抜いた父親と一部幹部の支援で頭角を表し、強運と武才で出世していく。


    天下統一の過程で彼は、組織力と人材の活かし方を徹底的に考える。

    今では、よく言われる「2:6:2」の現象を、その戦略システムに位置付け、カリスマ性と権限と畏怖政治で強固な軍隊組織を創り上げる。

    そして、最後はその権力への執着と自己統制の弱さ、そして、このシステムの中で死んでいく。

    当社には、熊本以外にも九州男児が多く、保守的な面々である。

    彼らに分厚いこの本を読んでもらって、酒でも飲みながら語り合いたいと思う。


    熊野古道と伊勢神宮

  • 2019.03.30 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 古の人々が、何を思い、何を求めて困難な旅に出たのかー。

    歴史をしっかりと学ばなければわからないだろうが、先ずは、少しだけ体感しようと、高野山から熊野古道、そして伊勢神宮という三重県と和歌山県を縦断する旅に参加してきた。

    現在の娯楽や情報が当然無く、移動手段も無い時代を想像することはなかなか難しいが、それでも極楽浄土や救いを求める人間の本質に違いは無いわけで、残りの人生で少しずつ勉強したいと思える旅になった。

    最大の収穫は、自然や歴史ある場所を大切にして後世に残そうと努力している方々がいることがわかったことかな。

    自分の日常がちっぽけに思えるような雄大な時間の流れを感じることができた有意義な三日間だった。


    炭水化物ダイエット

  • 2019.03.21 Thursday | category:ちょっと一休み
  • どうでもいい話だが、巷で流行る炭水化物ダイエットは、寧ろ不健康になるだろうから、僕はおすすめしない。

    「腹はへこんだけど、不健康になったよね。きっとまたストレスで太るよ。」というようにしている。

    糖分を減らせば、体重減に繋がりやすいのはそうだろうが、人間の健康上には無理があり、疲労や急な眠気などが出てくる。

    実際僕の周りの全員がリバウンドしている、ということは、そもそも無理があるということだ。

    そもそも太るということは、食べすぎ、運動不足などの生活習慣に起因しているので、そこを改善しないで、他の手法に頼るのは、おかしいことだ。

    ダイエットもやはり基本を自分の頭で考えずに、安易にノウハウに飛びつく人は、健康ビジネスの餌食になるだけである。


    医師の不足?

  • 2019.02.22 Friday | category:ちょっと一休み
  • 今朝のニュースでは、内科や外科の医師が不足し、逆に、小児科や整形外科は余る、という報道があった。

    人口減少と高齢化で今の医療制度を続けて行けばそうなるのだろう。

    だがしかしこのニュースには大事なロジックが抜けており加齢で病人が増えることが大前提になっている。

    それを減らす予防医学のロジックがないのはおかしい。

    こんな小学生でもわかる話を天下のマスコミが堂々と伝える所に「情報操作」があるのか、彼らがアホなのかわからないが、日本人の従順性の為せるワザなのだろうか。


    明治大学優勝!

  • 2019.01.13 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 本当に素晴らしい大学選手権、決勝戦だった!

    両校4年生の涙が美しい。

    秩父宮ラグビー場は22年ぶりの優勝を願うOBやファンが詰め掛けて怒涛の応援だった。

    識者の予想は、天理有利で僕もそう感じていたが、敵の強みを消す明治のディフェンスの勝利だなあ。

    いやあ、めでたい、社内唯一のラグビー仲間の本橋さんも劉さんも喜んでいるだろう!


    9連休

  • 2019.01.06 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 特に旅行も出張も行かない9連休は初めてかもしれない。

    たまには、ノンビリも悪くはないな。

    今年は、出張を減らして、一人で考える時間を作る事も目標のひとつ。

    バタバタしていないと不安に思う数十年だったけど、そろそろ変えなきゃいけない。


    健康が何より

  • 2019.01.05 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 年始の抱負みたいなものは特段ないが、何をするにも、健康が前提である事を意識せざるを得ない年齢になってきた。

    僕らが子供の頃野球と相撲は全盛期で、なかでも好きだった選手は、広島カープの鉄人衣笠選手と中日の星野仙一投手だった。

    相撲では何と言っても千代の富士だろう。

    所がこの3人はかなり若くして亡くなり、死因となる病気も近しいようだ。

    極限まで心と身体を鍛えた人が倒れる理由は何か?

    これは、全くの想像だが、鍛錬と健康にはギャップがあり、特に食事にその主因があるのではないだろうか。

    今年の年末は、今まで読めなかった「チャイナ・スタディー」という800ページに及ぶ、大規模な生活習慣病の調査分析レポートを読み込んだ。

    食事の常識と情報がこんなにも届いていないことに心底驚き、生活に活かしていこうと強く思う。

     

    ▼本の詳細はこちら
    チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」


    秩父宮と武道館

  • 2019.01.03 Thursday | category:ちょっと一休み
  • 一般参賀を諦めた後、秩父宮ラグビー場で大学選手権準決勝を堪能しました。

    早稲田は、チカラの劣るスクラムで工夫を凝らし、最後の1分まで、勝敗のわからない好勝負となったが、最後は実力の差が出た。

    明治大学お見事でした!

    その後武道館で行われた清水ミチコさんと森山良子さんのコンサートに出かけた。

    一青窈が来て、名曲ハナミズキを歌ったり、藤井隆、ナイツの漫才もサプライズで登場して、正月らしい賑やかな舞台だった。


    一般参賀

  • 2019.01.02 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • 朝9時には到着して、11時の部に間に合えばと思って並んだが、甘かった。

    見たことのない人出の多さに2時間でダウン。

    情け無い話だが、パニック症っぽい状態で並ぶのを諦めた。

    平成最後のこの機会に、天皇皇后両陛下に心から感謝の念を伝えたかったけれど、断念して午後の秩父宮ラグビー場へ向かおう。


    謹賀新年

  • 2019.01.01 Tuesday | category:ちょっと一休み
  • 皆さま

    新年明けまして おめでとうございます。

    昨日の紅白は楽しかったですね。

    サザン桑田さんとユーミンが同じ舞台に立つなんて想像も出来ない驚きと感動でなかなか寝られませんでした!

    皆さまのお正月はいかがでしょうか?

    私は、明日始めて皇居に行き、一般参賀に参加して天皇皇后両陛下に御礼を言いたいと考えています。

    その後は、高校と大学ラグビー三昧で、これは恒例行事。

    今年もどうぞ よろしくお願いします。

    樋口弘和


    大晦日ですね

  • 2018.12.31 Monday | category:ちょっと一休み
  • 今年も無事終わろうとしていよいよ今日は大晦日です。

    今年もやりたいことをやって充実した成長実感のある一年でした。

    先頭を切って、会社をリードする役割を少しずつ降りて、次の世代へのバトンタッチを模索していこうと思います。

    ブログにお付き合いいただいた皆さまに感謝しております。

    今年も、大凡400〜500人くらいの方々が連日フォローしていただき、まあそれを支えに頑張って書いてきました。

    12年続けてこの2年は、休みなく書けたので、暫く休憩します。

     

    来年からは少しずつの投稿になりますが、ご了承くださいませ。

    来年もどうぞよろしくお願いします。


    mileageとmuscle

  • 2018.12.29 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 今年も良く移動した。12時間を超えるフライトに12回乗り、インド、中国にも出かけた。

    これに加えて、国内出張が毎月入り、なんだか飛行機を見るだけでウンザリするようだ。

    この中での体調維持が大きなテーマだったが、今年は、パーソナルトレーニングを始めて自分の身体と向き合う事が出来て上手くこなせたと思う。

    確かにパーソナルトレーニングは安くはないが、経営者仲間の殆どがやっているし、これもまあ福利厚生費だと思うしかないか。

    僕は、ダイエットではなく、体重を維持しながら、特に下半身の筋肉量を増やす、というプログラムを作ってもらった。

    還暦過ぎて、筋肉がつくのか疑問だったけど、過酷なメニューのお陰で、目に見えて成果が出てきた。

    3ヶ月目には、30歳代の体力 に戻りつつあり、実際のメニューもそのレベルまで上がってきた。

    人間の身体というのは不思議なものだ。


    routine

  • 2018.12.28 Friday | category:ちょっと一休み
  • 思う所あり、2年前に毎日欠かさずやるルーティンを始めた。

    1つは、ウォーキング、もう1つは、このブログ。

    歩く事は、毎日一万歩を課したけど、移動の日もあれば、終日会議という事もあり、歩ける日は、12000歩くらい歩かないと、足らなくなる。

    iPhoneのアプリは避けて、自分でexcelで記録帳を付けて管理した。

    結果余裕で2年目も達成。

    犬の散歩と出勤で5000歩くらい歩くので、後は意識して小一時間歩けば意外と簡単だった。要はサボらない様にすることだ。

    ブログはご存知の様に休日のラグビーネタも多いが、兎にも角にも2年730日書くことができた。

    元来考えることや思うことは好きなので、刺激から発想が出て来やすいので、内容や構成を気にしなければ楽ちん。

    読み手を全く無視しているので、失礼この上ない事もあろうが、読むも読まぬも自由だから、好き放題なのだ。

    2年前の目標を完遂したので、年内で両方ともおしまい。

    ブログは、グッと頻度を落として忘れた頃に書くくらいでいいだろう。

    ウォーキングは、数字に拘らず、続けるけど、パーソナルトレーナーによるカラダの作り直しに集中しようと思う。


    男の涙

  • 2018.12.27 Thursday | category:ちょっと一休み
  • 僕はこの歳まで人前で泣いたことはない。そして男たるもの人前で、泣くのはありえないという頑な考え方である。

    泣く男の子は、育てる気も起きない。

    会社を始めて若い新卒の子達を育てていると驚く事に少しの事でワンワン泣く。叱っても泣くし、誉めても泣く。

    最近の面談では、男女を問わずティッシュが必需品である。もう唖然とするしかない。


    何故彼らの涙腺は緩いのか?

    多分モノゴトをトコトン突き詰めた経験が少ないせいだろう。感動や口惜しさの沸点が低いのだ。

    僕は、容赦なく叱責するので、まあ良く泣かせるが、育成意欲が失せるのは、自我崩落する彼らに重責は無理だと思うからだ。

    リーダーは孤独であり、心で泣いても愚痴を口にせず、顔色1つ変えず、淡々と役割を続けなければならない。

    この事は時代を超えて普遍的であるからだ。


    激闘制す

  • 2018.12.24 Monday | category:ちょっと一休み
  • 土曜日の大学ラグビー選手権、準々決勝は全国で4試合行われたが、中でも、早慶戦の再戦となった第1試合は、文字通りの激闘となり後半ロスタイムも5分過ぎて早稲田が逆転のトライ。

    後半のここぞという攻め所で繰り返されるミスと慶応の高タックルに、観戦した僕も流石に、今年はここまでか、と諦めかけた。


    精神論だが、4年間ラグビーだけに打ち込んだ彼らがその青春をかけた最後の瞬間、4年生達はとても美しいと思った。

    慶應大学の選手は泣いていた。この涙は忘れられないだろうなあ、これから数十年。


    土曜日 午後2時からは、日本ラグビーの最高峰というべき日本選手権決勝が行われる。

    注目すべきは、両チーム共ゲームをコントロールするスタンドオフというポジションに世界一の選手が揃って出ることだ。

    神戸製鋼のカーター選手は、ニュージーランドオールブラックス。サントリーのギタウ選手は、オーストラリアワラビーズの至宝と言うべき選手で、この二人のマッチアップを秩父宮ラグビー場で観られるなんて信じられないことなのだ。

    一年後に迫ったラグビーワールドカップ。

     

    是非テレビ等で観戦してラグビーの面白さを体感してください!


    チャリンコ疾走

  • 2018.12.09 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 寒風吹き荒む中、チャリンコで疾走して週末の秩父宮ラグビー場に行くのが、至福の時だ。もちろん、毛糸の帽子、マフラー、手袋で完全防寒である。

    途中西麻布交差点のうどん屋で腹ごしらえをして、また走る。

    秩父宮ラグビー場には、隣のテニスコート横に小さな駐輪場があり、そこから選手のロッカールームにも入れるし、グランドレベルにも入れるという穴場なので、スタッフのフリをして、暫くグランド上でゲームを観戦。

    今日は清宮さん率いるヤマハ発動機の応援。

     

    果たして王者サントリーに勝てるかどうか?

    結果的に、同点サドンデスまでもつれ込んだ試合を制したのは、サントリー。

    お互いが持ち味を出し切った今季ナンバー1の試合だった。

    日本のラグビーも強くなった。



            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM