人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

今年1番の本に出会えた!

  • 2017.12.04 Monday | category:おすすめBOOKS
  • 「どうすれば幸せになれるか
    科学的に考えてみた」


    石川善樹??吉田尚記



    この長いタイトルの本


    1300円 だが、
    私の学び基準では、
    130万円の研修に参加した
    くらいの価値がある。



    特に、40歳未満の方に
    読んでほしい。


    僕にとって、予防医学者の
    石川善樹さんは、
    ライフネット生命出口さんと
    並ぶ師匠(勿論会った事ないけど)
    恐るべき。



    人間的にも、とても素敵。


    これから二週間くらいは、
    この本に関連した内容のブログに
    なるだろうと思う。


    年末になって、こんな本に出会える
    なんて、なんて幸せなんだろう!

    最後のダイエット(石川善樹)

  • 2017.12.01 Friday | category:おすすめBOOKS
  • 石川さんのダイエット本です。


    ここに載せたのは、
    地味なダイエットというものが、
    なぜ続かないのか?

    リバウンドというものが、
    何故起きるのか?


    を真面目に考えた本だからです。


    「やる気」
    「意思のチカラ」を科学的に(?)
    否定しつつ、


    「習慣化」をテーマにしたところは、


    既にここで紹介した 「疲れない脳を作る生活習慣」


    と同じ。


    社内外で、35歳くらいを過ぎてから
    悪戦苦闘している人たちに
    オススメです。

     

     

    本の詳細はこちら。
    最後のダイエット(石川善樹/マガジンハウス)

     


    友情(講談社)

  • 2017.11.25 Saturday | category:おすすめBOOKS
  • 去年亡くなったラグビー日本代表
    元監督平尾誠二さんとノーベル賞
    受賞の山中伸弥さんの物語


    奥さんの手記は、涙なしでは
    読めない。


    平尾さんは、ラグビープレーヤー
    としては、天才肌だったと思う。

     

    どちらかというと、精神論とは
    程遠い自由な発想の人だと
    思っていたが、2人の会話で
    「叱り方」にこんな記述があった。


    ・人格ではなくてプレイを叱る
    ・後で必ずフォローする
    ・人と比較しない
    ・長時間叱らない



    耳の痛い話である。
    反省しなくてはいけない。

     

     

    本の詳細はこちら。

    友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」(山中 伸弥,平尾 誠二・惠子/講談社)


    ここの所、スタッフより、

    「好き嫌いがあるかも」
    だの
    「機嫌が顔に出やすいかも」
    など
    随分とお叱りを受けているので、
    何とか、常に安定した状態を
    作りたいと思い、手に取った本だが、
    タイトル通りに、ビジネスマンに
    とっても、素晴らしい
    内容だった。


    著者の石川さんもきっと素敵な方に
    違いない。会ってみたいなあと思う。


    以下当たり前の生活習慣を見直す
    アドバイスであり、どうして、
    三日坊主になるのかもわかった。

    当社の管理部門全体に読ませたい。


    ・姿勢と呼吸
    ・良き睡眠
    ・座り過ぎの罠
    ・血糖値を安定させる食事
    ・仕事中心のスケジュールからの脱却



    何方にも強くオススメ出来る本です!

     

     

    本の詳細はこちら。

    疲れない脳をつくる生活習慣―働く人のためのマインドフルネス講座(石川善樹/プレジデント社)


    Red(島本理生)

  • 2017.11.16 Thursday | category:おすすめBOOKS
  • セミナー参加者から頂いた本


    きっと、おじさんが読む本では
    ないのだろうが、オトナの女性
    心理を理解するうえでは、良い
    のかもしれない。


    表面上の幸せに女性が
    心から満足しないのだ、
    ということは、以前よりは、
    理解できるようになったのかも
    しれない。

     

     

    本の詳細はこちら。

    Red(島本理生/中央公論新社)


    今週は、これで、同じ著者の本を
    3冊読んだことになる。


    尾原さんは、天才であり、
    ITがわからず恐怖に慄く中高年の
    エンジェルとも言える。


    3冊目のこの本は、それはもう
    震えながら読んだ。


    『ITビジネスの原理』
    が、その歴史を描いたものだと
    すると、この本は、未来に向かっている。


    フェイスブックやアップルの
    価値観共有サービスから

    ウーバーのようなサービスまで、

    それが、一体何であるのか、がわかった。



    明日からの経営合宿前に
    尾原さんの本に出会ったことは、
    何かのご縁であり、当社の
    近未来にも、強く影響を与えること
    になると思う。

     

     

    本の詳細はこちら。

    ザ・プラットフォーム IT企業はなぜ世界を変えるのか?(尾原和啓/NHK出版)


    未来の年表(河合雅司)

  • 2017.11.08 Wednesday | category:おすすめBOOKS
  • 周知のデータを駆使して、この
    先数十年間で、人口減少で、何が
    起きるのか、と著者の対策を
    コンパクトにまとめた本である。


    読んでいるうちに苦しくなる。
    それは、人口減少という問題が、

    「日々見えない一方確実に起こる」

    という特異な現象だからだ。



    若い人の生活プランを考える上で、
    貴重な一次情報としてオススメ
    したいと思う。


    家族構成
    持ち家
    年金や税金など


    今までの常識が通用しなくなる
    ことを少しでも早く知るべきだと
    思う。

     

     

    本の詳細はこちら。

    未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (河合雅司/講談社)


    ITビジネスの原理(尾原和啓)

  • 2017.11.07 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • もっと早く読んでおけば良かった??

    なんて思えるビジネス書は珍しい。


    この本は、2年に渡って、ベストセラー
    だったと言うが、頷ける。


    僕ぐらいの年齢のビジネスマンは、
    ネットやITを理解し、使いこなせず
    強いコンプレックスを持つことが多い。


    一方、若手は、物心ついた時に
    あったオモチャだから、私達の
    悩みを理解出来ない。



    この本は、この20年のネットの
    歴史を、本当にわかりやすく
    解説してくれる。



    自分がITリーダーだと思い込んで
    いたダイヤル回線の時代も含めて



    だから、貪るように読んだ。


    経営合宿前にこの本に出会えて
    良かった。



    それにしても、尾原さんは
    概念と構造をわかりやすく説明
    する天才だわ。

     

     

    本の詳細はこちら。

    ITビジネスの原理(尾原和啓/NHK出版)


    騙し絵の牙(塩田武士)

  • 2017.10.31 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • 前作 グリコ森永事件を扱った
    「罪の声」も傑作だったが、
    衰退する出版社の編集局長を
    主人公に据えた本作も、一気読み
    出来るレベルでオススメだ。



    特に、大泉洋さんが、表紙から
    挿絵に頻繁に登場する新しい
    試みは、まるで、彼主演の映画を
    観ているような錯覚を覚え、
    これも、新しい魅力作りの1つだと
    思う。

     

     

    本の詳細はこちら。

    騙し絵の牙(塩田武士/KADOKAWA)


    伊藤元重先生は、政府の委員も
    務められ、NHK日曜討論などにも
    出演される有名な経済学者であり、
    講演にも何度か出かけた。



    先生のこの著作は、通商政策と
    マクロ経済が中心だが、私達普通の
    ビジネスパーソンにとって、
    とても、わかりやすく書いて
    くれており、読みやすい。



    6月に買ってから、何だか授業を
    受けるように、「今日はここまで」
    という感じで、マーカーを引きながら、
    時々専門用語を調べながら、じっくり
    と読んでみた。



    経営に携わっていると、
    日々視点がさがるばかりで、
    このようなわかりやすい教科書は、
    経営者にとても有用だ。

     

     

    本の詳細はこちら。

    伊藤元重が警告する日本の未来(伊藤元重/東洋経済新報社)



            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM