人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ
 長かった新卒採用がようやく一段落して
総括のセミナーをやっている。今日も
多くの一流企業のご担当が多忙な中
参加していただいた。

参加者に満足していただけるコンテンツを
一生懸命考え、ご評価も悪くないのだが、
一方で、人前で識者として話すことは、
こういうセミナーでも講演でも、あるいは
研修講師としてもいつも感じるところだ。

それは、この変化の時代に、固定的なもの
の考え方(言い方)は正しいのか?という
ことだ。わかりやすさを優先すると人前で
話すプレゼンテータは、断定的な言い方を
しがちだが、私は、話しながら「本当だろうか?」
と思う。
常に発想に疑問をもって仕事をしており、
人の話や新聞の社説も頭から信用することは
ないので、結論は揺れ動く。

そんな私が、人前で話すわけだ。
心の中では、「話は聞いてほしいけど、
自分の頭でちゃんと考えてね」と思う。

思うに、こういう疑問をもたずに仕事を
できる人、例えば研修講師などは、
本当は専門家でも識者でもないのでは
ないか。特に、私たち人事の世界の
正解はなかなかたどり着けないことが多く、
それを「こうだ!」と言い切る人がいたら、
わたしなら眉唾だな。

関連する記事

        

                 

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM