人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

この本は、今年に入って一番学びの

多かった本である。

 

ほんのタイトルがよくない。

軽い本に見えてしまう。

本当は、

 

「新しい経済のルールと生き方」という

 

サブタイトルにあるように、内容としては

大きな概念と視点で分かりやすく描かれた

久しぶりの傑作である。

 

実は、この本は、今週末の読書会のテーマ本で、

選んだ事務局のスタッフに、「君はこの本を

理解できるのか?」と聞いたら、言うことが

ちんぷんかんぷんなので、どうやら悪戦苦闘して

いるのだろう。そうだろうなあ。

 

この本は、1990年以降生まれの若者には

ぴんと来ない、というか、分かったフリが

できてしまう内容である。

 

本当に、この本から学べるあるいは学ぶべきは

変化の時代に苦しむ35歳以上の

経営者やトップコンサルタントだろう。

僕は、既に二度目に入ったが、それでも

スラスラ読めずに食い入るように読む。

 

著者の佐藤さんのすごさは、「あとがき」を

読んで「やっぱりなあ」と思った。

 

以下引用−−

 

思い出してみるとこの12年間、私は

ずっとおなじことを繰り返してきました。

何かの疑問が浮かんだら、それに関する情報を

かき集めて読み漁り、自分なりの仮説を立てて、

試してみる。そうすると次の疑問が浮かんできて、

同じことを毎週繰り返していく。休日に情報を整理し

仮説を組み立てて、平日は実務を回しながら検証を

行い、また休日には平日に得た結果を元に次の

疑問と仮説に繋げていく。−−中略

 

根気強く続けていくと、たまに非常に重要な法則が

見つかったり、全く関係ないように見えていた様々な

ものに普遍性があったり、自分の偏見や常識が覆る

場面に遭遇します。そんな気付きを得られた瞬間は

毎回とても衝撃的です。

自分が世界の真実に直に触れたようなような感覚になり、

そこで得た気付きをすぐにた試したくなったり、そこから

派生する別な疑問が沸いてきたりと、−−−

快楽物質がドバドバと分泌されている状態です。

 

その体験を通して得られる刺激が強すぎて、

それに比べると日常生活で感じる快楽は

非常に色褪せた退屈なもののように映って

しまい、それがこのような生活に没頭し

続けていた理由です。

 

 

---------------------------

 

いやあ、著者の佐藤さん、尊敬します。

この本は、僕の経営に凄く大きな影響を

与えるだろう、彼に感謝したい。

 

 

本の詳細はこちら

お金2.0 新しい経済のルールと生き方(佐藤航陽)

 



        

                 

qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM