人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

背伸びの機会

  • 2018.08.03 Friday | category:経営者の視点
  • 入社2年目となる
    女子スタッフ3人と

    美味しいステーキハウスで
    ランチョン。



    昼から迷わずステーキを注文
    出来る若さが眩しい。


    彼女たちは、後輩が配属されて
    2年生にして、メンターという
    指導係を拝命して、

    はりきってもいるし、

    責任を感じ、緊張もしている。


    まあ、ホヤホヤの2年生に上司の
    マネゴトをさせる会社もどうかと
    思うが、「早期、少数、高負荷」が
    エリート教育の原則だから、会社が
    しっかりとサポートすれば良いだろう。


    加えて、人間の成長は、実力をつける
    前に、「ついたふりをする」ことから

    始まる。


    別な言い方をすれば、

    「背伸びの機会」を与えるのが、
    会社の役割であり、背伸びして
    いるうちに、身長が伸びて来るのが、
    本人と上司の役割とも言える。



    ポジションや給与も
    この結果ついてくるものだ。


    若く健全なモチベーションを
    持っている子達は、「機会」を
    求めているものだ。


    この機会を活かし、必死に役割を
    果たそうとする足掻きが、成長の
    プロセスであることを学ばせないと
    人材育成の文化は根付かない。


    育成だとか
    成長だとかいうものは、

    本質的に体感したものにしか
    わからない。


    今日の3人とは、同期会に
    また呼んでもらうように頼んだ
    ので、彼女たちのこの1年の成長を
    楽しみにしたい。


    関連する記事

            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM