上半期振返りの意義 | 株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ

組織・人事・採用コンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

上半期振返りの意義

  • 2018.12.10 Monday | category:経営者の視点
  • 振返りをしない会社は意外と多いのではないか。いや、正確に言えば、振返りしたフリをしている、というべきか。

    軽いレビューや報告を聞けば、何のための振返りだか一目瞭然である。

    そもそも上司の顔色見た振返りも多いのだろう。

    昨今の不祥事が、「立派な社員が勤める、立派な会社で起きている」ことの証明にならない。

    さて、当社での上半期の振返りレベルはどうであろう。

    まだまだ、指示されて慌てて考えた、という領域をこえているマネージャーは少ない。

    それは毎日毎日どれくらい振返り、考え抜いているかの差である。

    怖いのは、 マネージャーの思考レベル以上にスタッフは深まらない事だ。

    鍋蓋チームの出来上がりである。


    関連する記事

            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM