家康のマネジメント | 株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ

組織・人事・採用コンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

家康のマネジメント

  • 2019.05.10 Friday | category:学んだこと
  • 戦国時代を統一した信長の成功が、軍事戦略と経済戦略にあったとすると、300年の時代を創った徳川家康の戦略は、時代を見据えた、人事組織戦略にあったと言えなくもない。

    彼は当時の中国で、学問に過ぎない儒教の学者である藤原惺窩、林羅山を呼んで、儒教を現実の政治に落とし込んだ。

    これは、武力のみで国を治める事に限界を感じたためだと言われている。

    つまり、学問の活用が、時代を制したのではないか、と言われている所以だ。

    「人の一生は、重い荷物を背負って遠い道のりを歩んで行くようなもの、急いではならない。」

    よいう有名な遺訓も、儒教の学びであるらしい。



            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM