組織・人事・採用領域のコンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

知的能力と機械学習2

  • 2019.09.03 Tuesday | category:経営者の視点
  • PIAAC
    というOECD加盟国中心の調査は、

    大人を対象とした3つの
    スキル(読解力、数的思考力、ITスキル)
    を測定して所謂「仕事力」を調査するという。


    これによると、

    大卒と呼ぶレベルは、

    偏差値60以上であり

    当社の採用基準と合致している。

    これは、

    「専門的な文章を読み、論理的な
    思考ができる」

    という基準だ。

    日本では、上位20%程。
    大学でいうと、MARCH と言われる
    レベル以上であり、
    これでは、実質的な大卒採用が
    激戦になるのもやむを得ない。


    オフィスワーカーのスキルを
    満たす基準は、日本では、20%程度。


    やはり、需要に対して
    人材が、圧倒的に不足しているのだ。

    この現状に対して、
    RPAなどの機械が入って来るわけで、

    殆どのオフィスワーカーは、

    このままでは、仕事を失うだろう。


    経営者は考えているのだろうか?
    人事担当役員は、呑気に採用業務
    に邁進している場合だろうか?

    恐らく殆どの企業は
    問題先送りだろう。

    雇用と解雇は、腹がすわって
    いないとできない仕事だから。


    関連する記事

            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM