人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

人間性の高さ

  • 2018.02.17 Saturday | category:学んだこと
  • 羽生選手
    宇野選手がワン・ツー
    フィニッシュ
    という感動的幕切れとなった
    男子フィギュア


    ラグビー以外のスポーツを
    生放送で観るのも珍しい。


    それにしても、4年に一度きりの
    この舞台であの演技をする精神力と
    我々には見えない日々の過酷な
    訓練やリハビリ


    トップアスリートの人間性の
    高さは何時も何故だろう、と
    不思議な気持ちだったが、


    変な話だが、立派な若者の
    素晴らしいパフォーマンスを
    魅せられて、自分ももっと
    磨かなければ、と思う。


    学びの場

  • 2018.02.16 Friday | category:講演、セミナーでの話し
  • 久しぶりの講演は、
    社労士の方々の定期勉強会、
    何と400人以上の参加者があった。


    テーマは、事業継承を人的側面
    から議論するというものだ。



    僕もまだ道半ばのこの壮大な
    実験に対して、社労士の方々から
    どんな反応があるのか、楽しみ
    だった。

    短い講演時間だったけど、
    多くの質問やご意見をいただいた。

    内容も厳しいものや、
    的を得たものが多かった。


    ややもすると分かりやすく
    話すために、断定的なもの言いが
    多くなるものだが、それが修正できる
    ような質疑応答があって良かった。


    レベルの高い参加者の講演は
    また、スピーカーにとっても
    学びの場である。


    お酒の話

  • 2018.02.15 Thursday | category:学んだこと
  • 社内の宴席では、アルコールを
    口にしたことはほぼないので、
    いつも当然のように
    「樋口さんは、烏龍茶ですか?
    ジンジャーエールにしますか?」

    と訊かれる。


    実は、全くの下戸という訳では
    なく、気のおけない仲間の宴席
    では、多少飲む事もある。


    社内外問わず、飲まないのは、
    酒の席でクチが滑り、痛い思いを
    した事が何度かあるからである。


    多分僕は、口が軽いのだと思う。
    これは、誰が見ても
    リーダーとしては
    致命的な欠点だ。


    たまには、酔いに任せて楽しく
    やりたい事もあるが、こういう
    欠点を持つ僕には許されない
    事である。


    「ここだけの話」
    「こういう場なので話すけど」


    は、情報を心に置けない軽い
    人間の常套句である。


    リーダーは、寡黙くらいで
    丁度良い。


    思い起こせば、尊敬する上司
    はこの点例外がない。


    孤独に弱く、クチが軽い
    人は、辛いだろうから、
    リーダー職を辞退するべき
    だと思う。


    3日に渡ったこのイベントも

    昨日で終了。

     

     

    このイベントの醍醐味は、日本の

    20倍の人口がいる中国人学生の

    スケールの大きさである。

     

     

    今回面接した学生のうち6名は

    日本であれば、東大レベルである。

     

     

    経済的事情が許せば、彼等は

    大学院進学を希望するはずだ。

     

     

    こういうレベルと会える理由は、

    人口の多さと国内の就職機会の

    厳しさの所以である。

     

     

    僕の面接は、同席の中国人スタッフ

    が英語も堪能なので、日本語以外に

    中国語と英語でも面接する様に

    している。

     

     

    英語は、お互いにハンディがあるから

    フェアな会話が出来る。

     

     

    中国語は、当然僕自身は全く理解

    できないけれど、自身を持って

    会話するときの表情はとても

    参考になる。

     

     

    言葉の影響は大きく

    言葉は文化であり、

    アイデンティティである。

     

     

    厳しい中国の就職の為に、

    猛烈に勉強する彼等は決して

    自己本位ではなく、日本人以上

    に仲間を大切にする協調性も

    持ち合わせる。

     

     

     

    彼等が、言葉と文化のハンディを

    乗り越えた時の活躍の為に

    今から投資したいと思う。


    日曜日からはいよいよ学生との
    面接が始まった。


    事前に書類選考した学生達
    3人と7回のグループ面接を熟す。


    最近こういう業務はしていない
    から、老体にはなかなか堪える
    が、笑顔で頑張った。


    前回に続き、学力や意欲面では
    日本人学生を超える子も多く、
    やりがいを感じる。


    今回強く感じたことは

    「話せばわかりあえる」

    という事。


    マスコミが報じる
    拗れる日中関係も
    どこ吹く風。


    幼い頃から日本アニメで育った
    彼らは、自然に日本文化に興味
    を持ち、来日して日本人ファンと
    なり、笈川先生のレッスンで、
    コミュニケーション能力に磨きを
    かける。


    若い世代は、日中双方に負の
    感情はなく、ネットを通じた
    正しい情報収集とコミュニケーション
    で僕らが思っている以上の
    自然な交流があるのだ。


    この想いと流れを大事にしたい。


    歴史ある偉大な隣国の優秀人材
    の本当の良さを
    お客様にもどんどん
    伝えたい。


    それが当社の使命であるような
    気がした。


    今回の中国出張も実りある
    ものとなった。



    紹興の街

  • 2018.02.12 Monday | category:ちょっと一休み
  • 水の街 紹興。


    古い建物や寺院 、観光名所と
    近代的な街並みが混じり合う様
    は、なかなか居心地が良い。


    早朝の散歩での一コマです。












    そして駐車場には至る所に
    ドイツ製高級車がある。


    想像だが、裕福な人達が比較的
    多い街なのではないだろうか。



    杭州にて

  • 2018.02.11 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 土曜日早朝に成田空港に着いて
    全日空機で杭州に入った。


    去年から始めた中国人学生
    採用イベントの第2弾である。


    土曜日は、集合した企業の
    会社紹介のみ


    学生は150人ほどか、
    前回よりも男子学生が多い。


    彼等は、学んでいる日本語を
    ブラッシュアップするために
    笈川先生の日本語教室
    に通う大学生達で、皆元気で明るい。


    さあ明日から猛烈な面接の嵐

    今日はしっかり休まないと。


    誰のためか

  • 2018.02.10 Saturday | category:ちょっと一休み
  • まあ懲りずに続けているこの
    ブログのおかげで、


    「ブログは社員教育ですか?」


    と聞かれることも多い。


    だがしかし、恐らく140人程の
    社員のうち、これを熱心に読んで
    くれているスタッフは、1/4程度
    だと思う。


    お客様やパートナーでも
    読んでいただく方々が多いようなので、
    外部と接するスタッフには、
    目を通すくらいは望むけど、
    頭から信じたり、同意して
    もらうことは全然望んでいない。



    価値観の共有は大事だが
    ブログは毎日のことなので、
    価値観の押し付けになりかねない。


    相変わらず続いている
    社内ブログでも、毎週楽しみ
    に感じるものもあれば、僕に
    とって、意味不明のこともあるし、
    価値観の違いを強く感じる事も
    あるが、当たり前のことだ。

    40歳近い経験の違いを同じ
    会社という土俵で、縁あって
    仕事仲間になったのだから、
    全員が深く理解し合うのも
    妙だと思う。


    コミュニケーションの継続には
    お互いの許容がないと無理である。


    コアな価値観を共有しながらも
    個人価値観の多様性を楽しめるか、
    当社も、そんなステージになりつつ
    ある。



            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM