人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

新入社員を迎え、組織図を見たら、

4/1付社員数が、150名となっており、

一瞬驚いた。

(採用している私が驚くのもなんだが)

 

今期で、創業当時の自分なりの売上や利益目標

を達成もできて、ビジネスの現場を任せられる

リーダも育ってきた。

 

熊本も、自立に向けて動き出している。

主要なお客様との契約継続率も、95%

を超えており、中期的なビジネスサイズ

の成長も一定の範囲で見込まれると思う。

 

40歳と50歳のときにたてた

身の丈にあった自分らしい目標

は、60歳前にしてなんとか達成

しつつある、というところか。

 

 

一方で、膨れ上がったスタッフを

束ねるようなビジョンというか、

ミッションというか、そういう

wording には、苦戦している。

 

基本的な価値観と戦略は、変わらない

のだが、そういう WORDがないと、

「会社の向かう方向がわからない」

などという声が聞こえてきそうだ。

 

思うに、個性と多様化を推進してきた

会社全体に、皆が共感するビジョンは、

必要なのだろうか?

有り得るのだろうか?

 

オバマ大統領は、Change! と

言ったけど、あまりうまくいかなかった

ように思う。アメリカ人のchengeの方向性

がいろいろありすぎて、どこに、変化するのかが、

示せなかったのではないだろうか。

 

田中角栄の「所得倍増」は、貧しい国民の

ビジョンになりえたけども、現代のアメリカ

大統領は、Change も

Make America great again も

一体感よりは、むしろ分裂と対立を

生んでいる。

 

いやあ、難しい。

会社は何のために、という

原点に戻らなければいけない

ということだ。

 


就職する学生の多くが、就職先選定にあたり、

親に相談したり、意見をきくらしい、しかも、

それに影響を受ける程度は、かなり大きいという。

 

悲しい話だ。

 

一方、20歳代の男子に多い傾向として、

「会社に、人生を預ける代わりに、より良い

労働条件を引き出す」という、これまた、

両親世代のキャリア感そのものである。

 

行く末が見えてしまう話だ。

 

なぜ、ここまで、両親を否定するのか。

まさに、私自身が、その世代だが、大きく

捉えて、今の50歳から65歳くらいは、

とても、特殊な時代に、特殊な成功体験を積み、

それがために、これからも、その特殊な時代が

続くと信じて疑わない(というより、不勉強なので、

時代が変わることがわからない)人たちなのだ。

 

僕の仲間は、高校も大学も一流だし、会社も

悪くなかった。でも、それだけ、「優秀」と

当時言われた彼らの90%は、今自分の子供たちに

自分の成功体験を土台にして話すような親になっているのだ。

 

なぜか?

思うに、物心ついてから浴びてきた世の中の常識は、

これからも続くと信じたいのが、普通の人間なのだと思う。

更にいえば、当時のエリート君のプライドもあるかも。

 

高度成長時代のあらゆるモデルが、

歴史的に見て、例外であるにも関わらず、一定の

世代にとっては、それが常識であると

理解することが大事だ。

 

不勉強は、恐ろしい。

それが、二世代続くことは、もっと恐ろしい。

 

会社に、人生を預けることは、

思考停止になることであり、

自分の未来や幸せを自ら

自問自答して考えないツケは、

 

「なんのためにがんばってきたのか。。。」

 

と、遅くとも、50歳には、「あっ!」と

気がつく可能性が、とても大きいと思う。


世の中から、中間層というものが、

急激に減ってきて、中間層向けの電化製品を

中心に国内外で売ろうとして

いる家電メーカーは、

軒並み苦戦しているらしい、

そうだろうなあ。

 

量とコストと安売りの世界は、

新興国に追いかけられ、

大変苦しそうだ。

 

その点クルマの国内メーカは、まだ賢いと思う。

中間層向けのクルマを急激に減らしている

のは、周知のとおりだ。

 

社名を変えたスバルは、尖がっているし、

トヨタのレクサスから、エコカーまで、

マーケットの変化によく追随しているなあ、

と思う。

 

同じ巨大メーカだが、これだけの

市場への柔軟性の違いは、

どこからくるのだろうか?

 

ところで、人材サービス業界という業界も

まさに同じ状況だ。

 

付加価値の高いサービスは、ひっぱりだこである一方、

既存マス向けサービスは、厳しい価格競争に晒されている。

もはや、総取りか、撤退かしかない戦いである点は、

まるで、グローバルなインターネット市場の世界だ。

 

しかも、高付加価値サービスは、どんどん顧客ニーズ

(採用企業と求職者)が変化するので、それに合わせて

変化させる必要がある。

 

その点、当社のような人材集約型は、教育と

コミュニケーションで何とかスピードを保つが、

ITシステムを主力商品とする企業は厳しい

だろうと思う。

投資し、構築した資産の原価償却よりも、

はるかに早いスピードで、賞味期限が

切れる可能性があるからだ。

 

今朝、スバルの社長のインタビューを聞いていて

ちょっと、おこがましいけど、僕と考え方が

同じだな、と勇気付けられた。

 

要は、規模拡大を目指して、総取りの世界に

いかないのであれば、どう尖がるか、の話なのだ。

 

 

 


個性派集団がいい

  • 2017.04.05 Wednesday | category:経営者の視点
  • これは、先日の入社式の挨拶で話したこと。

     

    僕自身、自由で、個性を尊重する良い時代の

    hpで、成長できたバックグランドがあり、

    社長をやっていても、やはり、人を縛ったり、

    会社の都合の良いように使うことには、

    少なからず抵抗感があり、この点、経営上の

    マイナスだとわかりながら、変えることが

    できていない。

     

    僕は、個性は、誰しももっており、会社という「場」

    で、それを押し殺すほうが異様だと思うので、

    できるだけ、個性を殺さないでよい会社を創って

    いきたいと思う。

     

    もちろん、バラバラでわがままを望んで

    いるわけではない。

    当社の採用基準は、結構高いので、人間性や

    社会性において、わがままな人は、そもそも

    入ってこないし、入っても、早く辞めることが

    多い。

     

    「ちゃんとしたスタッフの集まり」

     

    という前提で、個性を大事にしたい

    というのは、贅沢だろうか。

     

    僕の個性は、遺伝によるものと、前職の企業理念

    が大きいけど、それも隠さない。

    いいなあ、と共感してくれる人の集団でよいと思う。

     

    スタッフのそれぞれが、いろんな価値観を持ち、

    議論しても、意見はいろいろだけど、それが

    また楽しい、とお互いが思えるような会社が

    良いと思う。

     

    ダイバーシティなどと英語で言わなくても

    良い、個性派集団である。

     

    この人事施策は、立派な大学をでた、従順で素直な男子を

    いくらでも採用できる大企業では、できない芸当である。

     

    この強みをとことん生かしていきたいものだ。

     


    当たり前の女性活用

  • 2017.04.04 Tuesday | category:経営者の視点
  • 女性が仕事をしない、専業主婦という形態が

    一般的になったのは、高度成長時代の

    珍しい現象らしい。

     

    そもそも、昔から、夫婦で収入を支えてきた

    歴史が日本にはあり、現代の世界も、例外を

    除けば、日本と同様である。

     

    当社は、高いレベルのお客様が多く、必然として、

    会社の実力よりも高い人材の採用と社内教育を

    必死にやってきた。

     

    結果として、女性のほうが、やや優位である。

    お母さんスタッフは短時間にも関わらず、更に

    仕事ができるケースが多い。

     

    そもそも、同じ能力をもった男女の優位性に

    差があるのは、当社の採用力(一般的な

    男の子にとって、憧れの会社ではない)

    にも問題はあるが、別な要因もありそうだ。

     

    一番大きいのは、女性のほうが、自分の幸福感に

    素直であり、世間の評価に依存しない傾向が強い、

    ということもあると思う。

     

    キャリアに関しては、女性のほうが圧倒的に

    進化していると思う。会社にも、依存しないし、

    世間体もあまり考えない。

     

    自分にとって、どれが本当に幸せかを

    自分の頭で考えようとする人が、できる

    人に多い(キャリアモデルをほしがる

    きらいはあるが)。

     

    会社と個人が、対等な関係になりつつある

    今、自分の頭で考えられる人と会社に人生を

    預けてしまった人には、大きな差がつくと思う。


    入社式

  • 2017.04.03 Monday | category:経営者の視点
  • 桜満開の今日、当社でも、8名の新人を迎えて、

    手作りの、弊社らしい入社式をおこなった。

    マネージャ以外に、彼らの採用に関わったスタッフ

    がほぼ、全員揃って、良い場だったと思う。

     

    会社の人事には、必ずしも、合理的ではない

    イベントがあるが、この入社式も、その例に

    漏れないだろう。

     

    わざわざコストと時間をかけてこの日に、入社式をおこなう

    理由を、今日は、「家族と仲間」という、とても

    古臭い表現で、伝えた。

     

    彼らを迎える喜びは、赤ちゃんが生まれた夫婦

    のようでもあるし、共に、お客様のために、貢献し、

    もって、適切に成長する同志を迎える気持ちにも

    近い。

     

    こういう合理的に説明できない喜びが、

    私たちの責任感と、更なる成長への動機付けに

    なることは、どうやら間違いではないようだ。

     

    僕もまた、一家の大黒柱として、まだまだ、良い会社

    創りに、汗を流さねば、と気持ちを新たにした

    1日であった。

     

     

     


    堀江貴文さんの本は、結構読んで
    いるが、この本が、一番説得力が
    あり、納得感がある。




    学生から、社会人まで、広範囲の
    読者向けだろうが、僕のオススメは、

    中間管理職とか、リーダーだ。


    無理やり、彼と僕の共通点を探せば、
    自由が好き(縛られたくない)ことと
    言葉がストレート過ぎる点か。

     

     


    さて、本作品は、「学校」の
    生立ちと国家との関係を歴史的に
    説明し、個人の人生にとって、無用
    であり、邪魔であると論じている。


    ついでに、「カイシャ」も同様だと
    切り捨てる。


    「所有文化」に染まり、経営者
    である僕が、賛同するのは如何な
    ものか、とも思うが、

    「なるほど、その通り」

    と頷く場面が多くて、貼り付けた
    ポストイットは、20枚を超えた。


    オススメしながら、何だけど、
    人の意見を妄信せず、自分の頭で
    考えて欲しい、是非。

     

     

    本の詳細はこちら。

    すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (堀江貴文/光文社新書)


    NHKアナウンサーだった堀潤さん
    が辞めて、新しい活動をしている
    ことを知らなかった。


    米国のマスコミとインターネットの
    コラボによる新しい取組や
    新しいメディアの形を紹介しており、
    知らないことだらけであった。



    海外で得られるニュースと
    日本のローカルニュースの違いは、
    度々ここでも書いたけど、
    こういう原因があるんだ
    という理解につながる本だ。


    日本のメディアが変われない
    理由も幾つか挙げられていて、
    特に、経営陣のネットリテラシー
    の低さについては、耳が痛い。


    自分もそうだが、この時代、
    新しい技術に基づく新しいやり方
    は、若手に任せるべきだ。


    絶対に勝てないし、
    はっきり言って、存在が邪魔だ。


    メディアを反面教師として
    良い学びになった様な気がする。

     

     

    本の詳細はこちら。

    僕らのニュースルーム革命 僕がテレビを変える、僕らがニュースを変える!(堀 潤/幻冬舎)



            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM