株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ

組織・人事・採用コンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

夏の坂(村木嵐)

  • 2019.10.02 Wednesday | category:おすすめBOOKS
  • 元東大総長の南原繁さんの
    生涯を描いた歴史小説



    この本は、この夏
    正座して噛みしめるように
    読み込んだ僕のテーマとなった
    本。

    学ぶ目的や意義を強く
    考えさせられました。


    同時に、家族や仲間への愛情
    というか、人間らしさが、人を
    惹きつけるのだということも
    改めてだけど、強く感じます。



    内村鑑三
    新渡戸稲造


    など著名な人も登場して
    ワクワクする。


    キリスト教も
    学ばなければ

    麒麟児(冲方丁)

  • 2019.10.01 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • 幕末 江戸総攻撃前夜

    というべきタイミングに
    勝海舟が 官軍 西郷隆盛と
    どう交渉したか、

    のストーリー。


    司馬遼太郎の「翔ぶが如く」

    子母澤寛の「勝海舟」

    も読んだが、時代をさらに
    絞ったこの小生もとても
    楽しい。


    大きな視野で物事を考え
    決断する清々しさに触れられて
    やる気が高まる。

    MVP

  • 2019.09.30 Monday | category:ちょっと一休み
  • アイルランド戦のMVPは
    鬼神の働きをした堀江選手


    これは、文句ない。



    だけど、現地観戦して感じた
    影のMVPがいる。


    右プロップの具選手、
    お父さんはアジア最強と言われた
    韓国代表の有名選手だった。


    この試合アイルランドは、
    キックオフからパワーゲームを
    仕掛けて、前半で試合を決める
    つもりだったと思う。



    事実20分弱で2トライして
    完敗の予感もあった。


    流れを変えたのは、
    前半35分自陣でのスクラム。



    何とアイルランドを押しこんで
    そのまま粉砕してしまって
    ペナルティを取った!



    日本代表も勇気付けられたが、
    アイルランドのショックは
    計り知れない。



    恐らく、パワーゲームで

    勝てないなあと思わせた
    のではないか。



    僕の知る限り、
    日本代表スクラムは、小さい
    身体を寄せ合って、耐える
    スタイル。



    大型で最強のアイルランド
    スクラムを押し込んで粉砕する
    なんてお目にかかった事がない。



    具選手の強さが生んだ
    最高のプレイであり、
    試合の流れを変えた
    キープレイでもあった。

    pictures2

  • 2019.09.30 Monday | category:ちょっと一休み







  •  


    pictures1

  • 2019.09.29 Sunday | category:ちょっと一休み







  •  


    真向勝負

  • 2019.09.29 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 高温多湿で汗でボールが
    滑る今大会ではキック攻撃が
    多い。



    その中で日本はキックをほぼ
    封印して自陣からも、細かい
    パス攻撃を続けた。


    これが効いた。
    後半明らかに、アイルランドが
    走れなくなり、ラインブレイクも
    個人的なものが多かった。


    ディフェンスでも、
    大外に展開してウチに返す
    二本の弱点を突いたアイルランド
    の戦術を堀江、トンプソン、具選手
    がよく戻り、防いでいた。


    こう考えると、今回の闘い方は、
    走力と体力があり気候に
    慣れている日本にしかできない
    戦い方であり、コーチ陣の
    知性と戦略性を感じる。



    お見事な戦いぶりであった。

    快挙に踊った!

  • 2019.09.29 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 早朝東京からクルマで移動して
    大阪のお客様をホスピタリティ
    サービスで接待してイベントを
    楽しんでから現地で観戦。



    グランド入場と国歌斉唱
    の時から、妙な落ち着きがあった
    日本代表に比べて、アイルランド代表
    選手は、妙に興奮していたのを見て
    おやっと思った。


    完全なるホームとは
    こういうものか?

    異様なまでの歓声と応援


    多くの記事に見るように
    ディフェンスは、ほぼ完璧、

    ラピース
    リーチ
    姫野 の第三列のタックルは
    鬼気迫るものがあった。


    稲垣
    堀江

    の自陣22m内でのスクラムが
    アイルランドをめくりあげた
    時は、我が眼を疑った。


    そしてMVP堀江はいつも凄い!
    完全にワールドクラスだなぁ


    多少のキックミスはあれど、
    常に迷いなく決められた戦術を
    愚直に実行し、徐々に、あの
    アイルランドが浮き足立った。


    こんな光景は初めてのことだ。


    しかし、50メートル
    5.8秒で走る福岡の
    インターセプトに追いついた
    アイルランド右ウイングも
    すごかった、執念だな
    あのタックルは!



    40年以上ラグビーを
    見続けてこんな日が来ると
    思わなかった。



    本気の世界トップ4に
    ガチンコで勝ったのだ!


    ラグビーは素晴らしい??


    倒れてもすぐ起きる

  • 2019.09.28 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 今日の試合アイルランド戦は
    テレビ観戦する人も多いだろう。


    誰かが言っていたが、
    優秀な選手の要件は、
    倒れても直ぐに立ち上がり、
    プレイに参加する事らしい。


    地面に倒れた選手は
    プレイできないラグビーの
    本質を表す言葉だ。


    そういう意味で、
    僕が個人的に注目したい
    選手がいる。


    プロップ稲垣選手
    フッカー堀江選手
    ロックトンプソン選手は、

    タックル回数も多いが、 ボール周辺にいつも登場
    する素晴らしい運動量だ。


    強力な相手のバックスを
    猛タックルで止めるのは、
    センターの中村選手



    そしてアイルランドの徹底した
    キック攻撃を止めてみせる
    のは、フルバック山中選手。



    キックオフが楽しみだ。


            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM