人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

知っているフリ

  • 2017.09.26 Tuesday | category:学んだこと
  • 9月は、北京、フランス、
    カリフォルニアと短期間に海外に
    いる時間が長かった。


    海外に行けば、仕事でも、
    プライベートでも、自分が実は
    知らないことが多いことに気付かされ、
    ハッとするものだ。


    勿論、全く知らないわけではない。


    学生時代の勉強や耳学問から、
    多少の知識はあるのだが、
    実際に、見て聞いてみることの
    威力と、自分の無知に気付かされる。


    だけど、これは、だからこそ、
    旅は、楽しいのだろうし、
    モチベーションに火がつくと
    いうものだ。



    一番の危機感は、島国に安住し
    こういう刺激の楽しさを知らずに
    過ごす若者たちだ。



    僕自身は、ここベイエリアで、
    リスクをとって、勝負している
    日本人の人達にとても魅力を感じた。

    全員実年齢より若く、自分に素直で、
    頭の回転が速く、一方で、日本人
    としての優しさも感じた。


    僕自身が、そんな人物になることは厳しいが、

    同じ様に挑戦したい若者を

    応援したいと思う。


    Design thinking

  • 2017.09.25 Monday | category:学んだこと
  • 最終日は、濃い1日だった。


    朝一は、SAPの小松原さんのアポ。

    お話を聞くのは、2度目だが、
    皆の質問に歯切れよく
    打ち返していただき、あっと
    言う間のセッションだった。



     

    その後ヒューレット・パッカード
    の新規事業である Aruba へ行って
    無線LANを利用したオフィスを
    見せて頂き、体感ツアーを山本さん
    自らが、やってくれた。



     

    昼食後Googleオフィスへ。
    残念ながら、今回は、オフィスツアーが

    実現できなかったけど、
    毎年のように膨張するオフィスは凄い。



     

    そう言えば、アップル本社も
    フェイスブック本社も、新社屋を
    作っており、来年の今頃は、
    稼働するのだろう。


    最後は、Btrax代表の片山さんの
    お話、これはまた、痛快だった。


    次回は、是非、個人的に

    お目にかかりたいものだ。


    My pride

  • 2017.09.21 Thursday | category:学んだこと



  • 今年も渡米初日のプログラムは
    スタンフォード大学のキャンパスツアー


    日本メーカーからの赴任者の
    方にお世話になった。


    今回は、工学部中心の視察で、
    デザイン思考のキャンパスにも
    立入ることが出来た。


    その後は、ヒューレットさん
    と、パッカードさんのメモリアル
    ビルディングへ。


    OBなどの寄付で、2兆円の財政
    基盤があると言われるこの大学でも、

    hp創業者の二人は、別格
    なのだろう。


    30年前に、挨拶しただけの方
    だが、今でも、誇りに思える
    ということは、とても、恵まれた
    ことだと思う。






    トランプ大統領国連演説

  • 2017.09.20 Wednesday | category:学んだこと
  • 朝食後部屋でテレビをつけると
    トランプ大統領の国連演説デビューが
    生放送されている。

    そうか、ここベイエリアでは朝7時
    だが、ニューヨークは今朝10時
    なんだ!


    以下は、僕の理解の範囲だが、

    彼のスピーチは、大凡こんな内容
    だったと思う。


    ・米国の国連への拠出金は
       129カ国中最高の22%に及んでおり、

       パフォーマンスが低いのではないか。

       見合うものを期待している。
    ・ベネズエラなどの事例を上げ
       国連の支援と役割を評価している。
    ・自由と民主主義を守る事が
       大切である。
    ・北朝鮮などを上げ、平和と地球の
       発展を拒むものには、断固として
       対峙して、世界の平和を願う人々を
       守る義務がある。



    さて、この後の安倍首相のスピーチは

    いかに?


    サラリーマンは和製英語

  • 2017.09.15 Friday | category:学んだこと
  • 良く言われる様に、

    サラリーマン
    ゼネラリスト

    は、和製英語で、欧米には、
    身分を示す言葉としてこれらは存在せず、

    ビジネスパーソンは、ほぼ例外なく、

    スペシャリスト である。


    職務を中心とした労働システムが
    ない日本では、いろんな問題が
    起きており、最たるものは、労働意欲
    や会社への忠誠心の低さである。



    これもまた、有名な調査だが、
    1990-2000年という日本企業
    最強の時代に発表された労働者
    調査がある。



    それによると、

    仕事の満足度は、米国の半分
    不満足度は3倍だった。


    極め付けは、こんな質問だ。


    「今あなたが知っていることを
    入社時に知っているとして、
    もう一度この会社の今の仕事に
    つきますか?」

    YESは、米国70%、日本23%
    である。


    もちろん、データソースや聞き方
    の問題は、あるだろう。


    でも、大事なことは、今の50〜60代の
    本音が、確実に表れているということだ。

    それでも、彼らが、同じレールを
    息子や娘にアドバイスするとしたら、
    自己否定の勇気の問題に帰する
    のではないだろうか。


    ヘッドコーチ

  • 2017.09.14 Thursday | category:学んだこと
  • 団体球技のプロスポーツの世界では、

    ヘッドコーチの存在がすっかり重要に

    なってきたようだ。

     

    最近プロ化が進むラグビーでも同様で、

    トップリーグの競合は、実績有る外国人か、

    プロに徹する日本人のヘッドコーチ以外は

    生き残っていない。

     

    少し前までは、現役時代の有名選手が、

    人柄を買われて、監督になっていたのとは

    雲泥の差である。

     

    では、彼らのプロフェッショナリズムとは

    何か?

     

    ・勝った経験から、勝つ術を知っている(暗黙知)

    ・優秀なスタッフを揃え、機能させることができる

    ・選手を鼓舞し、選考がフェアであり、良質の

     競争環境を作れる。

     

    これらは、同じヒトを使う立場から考えれば、

    経営者と似ている点が多い。

    彼らのインタビュー記事などを読むと、

    例外なく、学習意欲が高く、自己成長が、組織

    成長に欠かせないことを知っており、環境変化に

    しなやかであるようだ。

     

    要は、

     

    「勝たせるための人使いと組織使い」

     

    であろう。

     

    大変面白いものだ。


    情報氾濫のわな

  • 2017.09.12 Tuesday | category:学んだこと
  • 歴史上今ほど、「情報」が氾濫し、軽くなった時代は

    ないだろう。トム・ハンクス出演の「ザ・キューブ」にも

    描かれているが、情報獲得とパワーが結びつきすぎて、

    少し怖いなあ、と思う。

     

    主なサイトには、クリック数の多い情報が常に

    表示される時代だから、ネットは、商業ベースでは、

    強力な武器であろうが、人間の幸せからは、

    段々ほど遠い時代になっているように思う。

     

     

    学びの大切さはいろいろあるが、やはり、

    1次情報に触れることに尽きる。

     

     

    1次情報とは、実際に現場に行って

    自分の目で見て、感じること、あるいは、

    地味な実験や分析から、新しい理論や考え方を

    導き出した原典たる書籍を読むことではないだろうか。

     

    いずれも、コストがかかり、時間もかかる。

    逆に言えば、時間やお金の使い方の問題だ。

     

    この数年の学びは、情報格差と、経済格差は、

    確実に関連するなあ、ということである。

     

    将来ある若手にこれをどう伝えるべきか、

    とてもよく考える毎日だ。


    Paris

  • 2017.09.07 Thursday | category:学んだこと
  • 10年ぶりのパリだが、以前に
    比べて、建築や食事或いは街並みに
    「美とパワー」を
    強く感じる。


    今年は、多少の西欧歴史を
    かじったことで、史実がイメージ
    出来て、何を観ても、感じ方が
    違うのは、面白い。


    やはりここでも、多くの構造物や
    建築物に「クルマ」に近い
    興奮を覚えるので、五十のナントカ
    だが、一から、学んでみようかな
    とも思う。


    大きなデパートやブランド本店
    よりも、地元の情報誌に載っている
    ひっそりとしたカフェや
    レストランが良い。


    地元の人達の様子が、少しは、
    感じることができるからだ。


    環境が能力を作る

  • 2017.09.06 Wednesday | category:学んだこと
  • 先週の北京採用で学んだことは、
    環境が厳しいと、一定の人は、
    頑張って勉強して、その競争に
    勝ち抜こうとする、

    という当たり前のことだ。


    面接した学生のうち数名は、
    その基礎能力において、当社の
    日本人スタッフの能力を遥かに
    超えており、この20年で、お目に
    かかったことがないレベルである。


    もはや、日本人だけで、やっていこう
    という考えは、時代に負けている
    と言わざるを得ない。


    のんびり、幸せを求めて生きてきた
    日本人は、相対的に弱く、劣って
    いると思わないと経営はできない。


    では、私たち日本人は、何故
    同じ日本人だけで、仕事を
    したがるのか、外国人を避けるのか、
    この1週間海外で、考えてみたい。


    Strasbourg

  • 2017.09.05 Tuesday | category:学んだこと
  • この街は、ドイツ国境に近く、
    当然近代史において、ドイツ領だった
    こともある。


    周辺人口28万人と聞いたので、
    日本だと熊本市くらいか。


    そして、何と言っても、世界遺産たる
    ノートルダム大聖堂は、言葉が
    見つからないくらい美しい。


    今から1000年も前の時代に建てられた
    この建物は、観光客でいっぱいだ。



    このような建造物だけでなく、
    運河や街並みそのものが、
    歴史を物語る様なこの街は、
    クリスマス商品が有名らしい。


    ゆっくり再訪したいものだ。




            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM