人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

セリーグ混戦

  • 2007.09.13 Thursday | category:ちょっと一休み
  • セリーグが大混戦で楽しい。
    特に、阪神が強いのが良い。
    さて、僕の楽しみは、監督の表情、
    特に負けたり打たれたりするときの
    表情である。いやな表情をテレビに
    映されたまらないだろう。が
    その表情が僕には勉強になるのだ。

    阪神岡田監督は大学の2年先輩で、
    宿敵法政の江川との対決は神宮名物だった。
    当然応援する。

    巨人原監督は同い年で、高校生からいい男で
    モテモテだったから今でも好きになれない、
    これは単なるひがみである。

    なんと言っても一番好きなのは、アウトロー
    落合中日監督。あんなかっこいいおじさんは
    最近見ない。負けると口数が少なくなる。
    選手を攻めない主義だからだそうだ。

    阪神が優勝するのが楽しみだが、落合監督の
    涙ももう一度みたいなあ。

    世界遺産

  • 2007.09.09 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 現在世界遺産として登録されている
    遺跡、自然などは800を超えるらしい。
    今日のテレビで、専門家が選ぶベスト30
    というのがあった。どこも、今現在の人生が
    豆のように小さく思われるようなスケールの
    大きさ。自分の人生の中でいくつ訪ねることが
    できるか。
    この2ヶ月ろくに休まず働いてきたが、
    こんな生活をしていると人間のスケールが
    小さくなり、いかんなあ、と番組を見て
    反省しきりである。

    大阪でのできごと

  • 2007.09.01 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 一昨日から大阪出張、世界陸上の関係で
    いつものホテルが予約できず、贅沢をして
    ヒルトンにて宿泊。朝ご飯を取りにレストランへ
    降りてきたときのこと。やはり世界陸上の
    関係者なのだろう、まわりはほとんどが外人である。
    ぼーっとしていたらウェイトレスが微笑みながら
    近づいてきた。

    " May I help you?"
    きっと韓国人か中国人だと思われたのだろう。
    まあいいやと思いながら
    "Sure , non-smoking area please"
    などと応じたら外人スペースの真中に座らされ
    以降すべて英語の対応になってしまった。

    さすがヒルトンの従業員、発音もよく
    恥ずかしながら聞き取れない。英語のメニューを
    渡され、目玉焼きが思い出せず、スクランブルエッグで
    手をうってしまったが、本当は目玉焼きが食べたく、
    ふざけて外人のフリなどしなければよかった、
    と朝から後悔した。

    もう少し英語の勉強し直そう。

    人事の季節

  • 2007.08.27 Monday | category:ちょっと一休み
  • 安倍内閣改造のニュースを見て、前職のことを
    想い出した。32歳頃から、コンピュータシステム
    事業部の人事マネージャーを拝命し、取締役レベル
    の方々を人事の観点からサポートする立場になった。

    外資系だったこともあり、毎年11月になると
    組織と人事がリセットされるので、
    その3ヶ月前くらいの組織検討の時期に
    なるとエライ人は落ち着かない。
    へえー サラリーマンとはこういうものか?と
    好奇心の目で見ていた。同時によく言われることだが、
    「男の嫉妬は女のそれどころではない」ことも
    まじかに見てきた。エライおじさんたちの裏の顔を
    存分にみれたかな。
    翻って自分自身は、そういうことに巻き込まれる前に
    退職し、創業したので、サラリーマンの悲哀だとか、
    喜びを心から味わった経験がない、それも特異
    なキャリアだなあ。

    これから当社も立派になって、当然そういうエネルギーが
    社内に満ちてきたときに、経験の少ない僕のキャリアは
    果たしてマイナスになるだろうか。

    先週は、いくつかの場面で客として
    営業を受けることがあった。
    いずれの営業担当者も心地よかった。
    こういう商談は爽やかさというか
    幸せ感をかんじてしまう。

    ・お客さんのニーズを知ろうとする。
    ・知りたい情報をわかりやすく伝えてくれる。
     (客の立場でアドバイスする)
    ・余計なことは言わない。(沈黙を恐れない)
    ・お客を気持ちよくさせる。

    うまく言えないが彼らの共通点は
    こんな感じだろうか。
    言葉にすると陳腐だなあ。
    こういうのはやはり体感しないと学べない。

    彼らと接して、当社で顧客の評価が高いスタッフ
    が思わず脳裏をかすめる。でも
    僕はこういうのがヘタクソなんだなあ。

    神楽坂

  • 2007.08.19 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 今週は神楽坂で出版のための合宿。
    この宿は、一見普通の民宿だが、山田洋二
    さんや有名な作家の定宿で有名なところらしい。
    今神楽坂はブームで、なんとハトバスが繰るくらいで
    なんせ混んでいる。
    狭い裏通りは風情があるが、観光客が多く、
    すれ違うのも狭いものだ。

    確かに昨日連れてもらったお店は
    どこも独特なお洒落で美味だった。
    ワインも上手いらしい(私はどこに
    いってもウーロン茶なので)。

    よくご存知の方々はやはり業界の常識なのか、
    たまにはこういうところでゆっくり仕事を
    するのもいいもんだ。

    トプカプ宮殿の至宝

  • 2007.08.17 Friday | category:ちょっと一休み
  • しかし、いやになるほど暑い。
    当社の社員も熱中症にやられた、
    と聞いたが大丈夫だろうか。

    今日も、朝からブートキャンプ。
    もちろん基本編。
    何度やってもマスターには程遠く、
    次のステップに行く気がしない。
    そして、今日も精魂尽きて2時間もダウン。
    一体これを涼しい顔してできる人間が
    どれだけいるのだろうか?
    まあ、自分の歳は忘れて
    暑さのせいにしておこう。

    今週は、出版の準備でやることが多いのだが、
    終了間際の東京都美術館へトプカプ宮殿の
    至宝展を見に行った。
    7世紀に渡り、アジア、ヨーロッパ、アフリカ
    に影響を及ぼす大帝国を築いたオスマン帝国、
    国王のスルタンの居住地であり、国政の場であった
    トプカプ宮殿は、その国威を示すべく贅の限りを
    つくしていた。
    今回の展示は、王妃の座を狙い、スルタンの寵愛を
    競ったハレムの栄華を極めた作品が多く、来場者も
    中高年の女性が圧倒的に多かった。

    それにしても、世界の権力は、一に軍事、
    二に宗教(イスラム)、三に富(税金)なんだなあ。
    西洋史には全く詳しくないが、権力と文化
    という視点で後年の我々が見れば、それは
    やはりすごい資産なのだということが
    よくわかる。と同時に、東京という
    街のすごさ、つまり1400円払えば、こんな
    ものが誰でも見れるという魅力を改めて
    感じた次第である。

    親父の戦争

  • 2007.08.15 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • 今日は終戦(敗戦)記念日で、そういう
    特集があちこちであるようだ。
    この暑い季節、いつも亡くなった親父を
    想い出す。彼は、大正9年生まれで、
    長く中国戦線の戦いに狩り出された。
    100名部隊のたった2名の生き残りらしい。
    その後旧ソ連に捕虜として捕われ、文字通り
    「不毛地帯」の生活を送る。
    帰国して、組合活動、共産党活動そして、
    晩年は、零細企業を相手に経営コンサルタント
    に徹していたようだ。

    実は、戦争のことも、仕事のことも
    ほとんど話を聞いたことがない。
    友人やお袋からの又聞きだ。

    親父が喜んだのは、自分ができなかった
    ことを息子が出来たとき。
    野球やラグビーの部活動、大学入学、
    まともな会社への就職というありふれた
    ことだった。これが、彼のコンプレックスの
    裏返しだったことが後年わかる。

    親父は40歳で私(長男)を持ち、私は
    同じ時に創業した。元々安定志向のないこと、
    短気でケンカが大好きなこと、
    損得よりも情を優先させてしまう甘さは、
    どうもそっくりらしい。

    プラダを着た悪魔

  • 2007.08.12 Sunday | category:ちょっと一休み
  • メリル・ストリーブ、アン・ハサウェイ主演の映画、
    ようやくDVDで観れた。原作は、ヴォーグ誌の
    女性編集長のアシスタント経験を基に書かれたらしい。

    飽きずに面白い映画だったが、丁度社員のキャリア支援
    としておこなった樋口ゼミで散々使った「メタ・コンピテンシー」
    がアン扮するセクレタリーが成長する中でとても効果的に
    使われており、面白い。

    いっそのこと社内教育用映画にしようかな。

    美しい人

  • 2007.08.10 Friday | category:ちょっと一休み
  • 女優吉永小百合さんは大学の大先輩、
    学生ラグビーのの早明戦や選手権決勝戦が
    行われる国立競技場で何度か見かけたことがある。

    その吉永さんが20年以上、原爆に関係する詩を
    朗読し、子供を中心に、その事実と悲惨さを
    語り続ける活動をしていることをテレビで知った。

    番組を見て感銘したのは、使命感に満ちた素晴らしい
    生き方はもちろんだが、むしろ彼女の表情だ。
    女優としての美しさを通り越して、品性と意思の
    高さが、ありありとその表情に表れており、
    ビジネスの正解ではお目にかかれない美しさ
    なのだ。また、朗読の声の素晴らしいこと!

    大人の美しさを(テレビを通じてだが)
    見れたことは、とっても幸せなことだ。

    編集者という病い

  • 2007.08.06 Monday | category:ちょっと一休み
  • あの幻冬舎社長の見城徹さんの本だ。
    出版社関係の方々とお付き合いが増えて
    来たので、興味をもって読んだ。

    石原慎太郎さん、ユーミンなど有名人が
    たくさんでてきて飽きさせない。
    それにしても、なんという濃い人生!
    上には上がいるなあ、ほんとに
    仕事が好きな人はここまでやるんだろうか。

    ほぼ同年輩ながら、その一途さ、徹底振りに
    脱帽である。

    Billy's Boot Camp

  • 2007.08.04 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 評判のDVDで身近な人にも効果が
    でていると聴き、初めて試してみた。

    結果、基本プログラムを1回やっただけで
    1キログラムも体重が減った。これは凄い!

    が普段の運動不足がたたって、足腰がたたなく
    なり、おまけに具合が悪くなって、
    数時間横にならざるを得なかった。
    情けない...

    まあ、自分をいじめるのは大好きだから
    明日もがんばってやろう!

    もう夏になってしまったが、
    引き締まった腹にしなければ。

    アー・ユー・ハッピー?

  • 2007.07.30 Monday | category:ちょっと一休み
  • ご存知 永ちゃんこと矢沢永吉さんの
    「成り上がり」続編。
    いやあ、面白かった、新しいアルバムも
    イカシテいたけど、この本も一気読み。

    彼は、多分60歳くらいだろう。
    なのに、やんちゃでカッコよく
    またかわいい。ファンがなくならない
    わけだ!

    「生きている限りは役柄がある。
     その役柄をちゃんと演じつづける。
      それが生きるってことだ。」

    こんなセリフを言えるように
    真っ直ぐにカッコよく生きなくちゃ。

    投票(参議院選挙)に行こう

  • 2007.07.28 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 日曜日は、いよいよ参議院選挙の投票日だ。
    日頃は平和ボケしている私たちも、この日は
    興味と関心を持って、投票行動をおこしたいものだ。

    10年ほど前の朝日新聞「天声人語」に、記者が
    感動した話しとして紹介された話しである。

    とある長寿者(女性)のお祝いの席での
    彼女の挨拶は「この歳まで何一つ人様に自慢できる
    ことのない平凡な人生だったけど、ひとつ誇れるのは
    全ての選挙に、サボることなく投票したこと」。

    理屈抜きに、そうだなあ、と思い、僕も真似をしだした。
    こういうことが言える人は立派だなあ、と思ったから。

    ジャケットの効用

  • 2007.07.27 Friday | category:ちょっと一休み
  • いよいよ夏の到来、
    通勤途上の電車の中、ジャケットを
    持たず、シャツ1枚という人が多い。
    しかも半袖だ!かと思うと上着を着て
    じっと暑いのを耐えている人もいる。
    こういう人を見ると、心の中で応援する。
    「あんたは偉い!がんばれ!」と。

    なぜそんな風に思うのか?
    ジャケットを着ないで通勤する人
    (置きジャケットがあるのかしら?)は、
    多分、お客様に会わずに仕事を終える人
    なんだと思う。役所か、事務屋かよく
    わからないが、そういう類ではないか?
    (ネクタイはさすがに無しでもよいだろうが)
    僕は、内心こういう人を見下すクセがある。

    独立して、常に顧客に鍛えられてきたので、
    自らの20歳代、30歳代を後悔することもある。
    まさに、夏にジャケットを着ない日々だった。

    特に若い頃は、お客様のそばで仕事をしなければ
    だめになる。事務屋は楽なもんだ。
    自分の経験から心底こう思うのだ。

    毎日顧客と会わない人はだらける。
    だから暑い夏にジャケットを着る意味がある。

    ちなみにこれは、女性も全く同じだ。
    男女ビョウトウを謳う会社がこんなところで
    差をつけるのはおかしい。

    ホームページ・リニューアル

  • 2007.07.26 Thursday | category:ちょっと一休み
  • 今年の大事な戦略のひとつである
    自社WEBの全面改定をおこなった。
    今回は、内容に拘ったので、関係スタッフは
    大変だった。おかげでよいものが出来たと思う。

    何が良いか?
    いろんなポイントがあるのだろうが、僕は
    トライアンフらしさ、が一番重要であろうと
    考える。
    だから、会う人ごとに必ず感想を聞く。
    特に、初対面で来社いただいた方には、
    検索キーワード、hpの第一印象、来社した
    第一印象を聴く。
    うれしいのは、私が打ち出したいイメージ
    例えば「誠実な会社」あるいは
    「ちゃんと仕事をやる会社」「顧客満足度の
    高い会社」が上手に伝わっていることだ。

    WEB→オフィス→実際のサービス という
    ものがイメージで繋がった。
    これは、本当にうれしいことだ。
    これからも、この3つのイメージが
    しっかり動かないような会社にしていかなければ。

    サントリー ラグビー部

  • 2007.07.23 Monday | category:ちょっと一休み
  • 早大ラグビー部元主将の左京さんに
    案内していただき、サントリーラグビー部
    清宮監督を訪ねた。多忙な中、お話しする
    時間は僅かだったが、監督室に案内いただき、
    私のご提案にも耳を傾けていただけた。

    それにしても、迫力あったなあ。
    私より、10歳も若いのに、圧倒されっぱなし
    だった。
    お話しの中から、彼が現役の時の東芝府中との
    練習試合を私がレフェリーで裁いていたらしい
    ことが判明。

    2時間近く左京さんと立ち話をしながら
    ずっと練習を眺めた。日本代表選手など
    有名選手がぞろぞろ。次々と左京さんに
    挨拶にくるので、私はタジタジ。

    ひさびさに心からリラックスできる
    時を過ごすことができた。
    明日からまた頑張ろう。

    台風の3連休

  • 2007.07.15 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 3連休後半は名古屋のお客様の仕事が
    あるので、その準備と読書で、僕に
    とっては、久々にゆっくりできた。

    こういう時はあまり難しい本を読まず
    心の赴くままに好きなものを衝動買い
    して読みふけるのが良い。
    今読んだのは麻生太郎さんの
    新書「とてつもない日本」
    (多分インタビュー記事だろう。)
    楽観的な考え方は面白いがまあ、週刊誌
    くらいの軽さだな。
    もうひとつは、元特捜検事の田中森一さんの
    「反転」。実はこの手の本が結構好きで
    あまり読まないように我慢していたが、
    週末で一気に読んでしまおう。

    長嶋茂雄さん

  • 2007.07.02 Monday | category:ちょっと一休み
  • 今月から私の履歴書(日経新聞)は、
    長嶋茂雄さんだ。思わず胸が高鳴る。

    僕らの小学生時代野球以外の
    スポーツは考えられず、当然
    巨人ファン以外ありえなかった。
    記憶に残る生まれて始めて買って
    もらったユニフォームは、当時の
    ジャイアンツのコピーでクリーム色。
    僕の背番号は燦然と輝く「3」だった。
    それ以外には、王(1)、高田(8)、
    柴田(7)あたりが人気だったなあ。
    長嶋さんは、昭和33年入団、つまり
    僕の生まれた年、ついでに言うと
    この入団式にあの星飛馬が現われて
    「魔球」を投げるのだ。
    (以上 巨人の星より)

    なぜ長嶋さんに憧れたか?
    子供に理屈なんかない、
    ひたすらかっこよかった!
    華麗なフィールドプレー、
    チャンスに強いバッティング、
    人柄の良さを感じるインタビュー...

    実は選手を引退されて監督になられてからの
    長嶋さんにはあまり興味がもてなかった。
    が今はそれがすごく知りたいと思う。

    また新聞を読む楽しみができたというものだ。

    桑田選手

  • 2007.06.13 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • 先日桑田投手のメジャーデビューの
    様子が繰り返し放映された。
    冷静に考えてみればたった2回の
    中継ぎ登板であり、大したニュース
    バリューがあるようには思えない。

    これだけ、マスコミが騒ぐのは
    桑田投手の人間性に思わず応援
    したくなるからではないか。

    数十年前プロデビュー時の彼は
    どちらかというと利己的で
    その後もダーティーなイメージが
    つきまとった。
    が今の彼は違う。
    たった2回、ヤンキーズスタジアム
    のマウンドに立てただけで「幸せです」
    を心のそこから連発している。
    怪我の経緯にも言い訳せずその潔さも
    手伝って、彼の言葉に視聴者も
    幸せ感を感じてしまう。

    いろいろなことがあったのだろう。
    そういう僕も彼を応援している一人である。

    今日は御礼です

  • 2007.06.08 Friday | category:ちょっと一休み
  • 担当者から報告があり、
    このブログを
    読んでいただく方の人数が
    100名(1日)を超えたらしい。

    特に宣伝らしいことはした
    ことがないが、去年の11月から
    地道にやってきた。
    おおよそ70名の方が毎日
    アクセスしてくれている
    ようだ。ありがたいことだ。
    と同時に今でも恥ずかしい。

    仲間の社長から「ブログやれば」と
    誘われて断り続けていたのは、
    そもそもこんなことをやるのは
    普通の神経ではない奴でなければ
    できない、という思いだったからだ。

    今でもそれはあまり変わらないが、
    良いことも多い。
    毎日続けることで、社員との距離感は
    維持できるし、お客様の理解も深まった。
    そして、採用応募者の志望動機にも
    少なからず影響を与えているようだ。

    物事はバランスだ。
    良いこともあればそうでないこともある。
    一度決めたことだから、がんばって続けよう
    と思う。

    読んでいただける方々ありがとうございます。

    万歩計

  • 2007.06.04 Monday | category:ちょっと一休み
  • 諸事情でクルマに乗ることが多く、
    夜の会食が増えたとたんに一気に
    4キロも太ってしまった。
    座るとベルトが食い込み食欲も無くなる。
    これはまずいと思い、6月から徹底的に歩く
    ことにした。まずは万歩計を買う。
    ベルトにつける。
    これはかっこ悪い。
    最高にかっこ悪い。
    おっさんくさいことこの上ない。

    がやめられない、なぜならば、
    万歩計が刻んでくれる歩数、
    消費エネルギーをトイレで密かに
    覗く喜びには勝てないからだ。

    「チラッ」と見て「ヒヒッ」と密かに喜ぶ。
    やっぱり運動は定量化するに限る。
    燃えるぜ。

    創立記念日

  • 2007.06.03 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 6月1日は創立記念日。
    行事などは一切無し。

    個人的には創業の日を想い出す日。
    前日まで普通に仕事をして、3人の
    仲間と府中のマンションに開いた
    オフィスに集合。資金計画でも
    練っていたのだろうか?何をやって
    いたのかは覚えていない。

    時の経つのは早いものだ、と
    感慨に耽る日でもある。

    仕事仲間

  • 2007.05.25 Friday | category:ちょっと一休み
  • そう呼ぶのが適切かどうか
    分からないが、仕事で知り合い
    それぞれの立場で取引をおこない、
    良いことも悪いことも経験して、
    今は、ビジネス抜きのお付き合い
    になる、そんな人と今日は会った。

    食事しながら、伸び続ける
    新人は何が違うか?などと議論に
    なった。

    3人の共通するのは、「素直さ」。

    帰り道ふと思ったけど、
    こういう付き合いが続くその
    根幹もお互いが少しでも成長
    していること、例え1年に一度でも
    進歩がない相手と会うのは残念だ。
    つまり、私たちおじさんも
    「素直さ」が大事なのだ。

    喫煙習慣

  • 2007.05.17 Thursday | category:ちょっと一休み
  • 今日の新聞によると、成人男性の
    喫煙率が03年46%から05年39%と
    ついに40%をきったらしい。女性は
    全体で11%だが、30歳代は19%と
    増えている。

    最近の若い人は吸わない人が多い。
    いろんな理由があるだろうが、一番は
    「かっこ悪いから」ではないか。

    男女を問わず、喫煙している姿を見て
    かっこいい、と感じる時代は終わった。
    このことに気がついている人は結構いて
    本心では、辞めたいと思っているが、
    意思が弱いので辞められない。

    僕も、20年近く喫煙暦があったが、4年ほど
    前にすっぱり辞めた。2年経っても吸って
    しまう夢を見るほど、ニコチンの習慣性は
    怖い。禁煙はシンドイのだ。

    このシンドイことを何気にさらっと
    やってしまう大人が本当にかっこいい、
    と私は思う。

    母の日の披露宴

  • 2007.05.13 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 今日5月13日は母の日。
    街の花屋さんも賑やかだ。
    そんな今日表参道で社員の
    結婚式があり、出席した。
    相手によらず誠実を売物にする
    彼らしい、とても清清しいパーティーだった。

    母の日にちなんで、途中新郎新婦の母親が
    舞台に呼ばれて、花束を受取るシーンがあった。
    そこで司会者から今日の新郎新婦について
    訊かれた彼女たちの答えがとても印象的だった。

    新郎の母親は、
    「本当に大きくなってくれて..」。
    新婦の母親は、
    「素敵なドレスで...」。

    短い言葉の中に母親らしい優しさと
    深い愛情を感じたのは私だけではないだろう。

    新郎の阿部君は、そういう周りの人たちへの
    配慮や感謝を忘れない男だ。しっかりした家庭を
    作って、より責任感溢れる人になることだろう。



    痴漢冤罪事件

  • 2007.05.02 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • 「お父さんはやっていない」太田出版 を読んだ。
    痴漢冤罪裁判の代表的なもので、一審の有罪から
    逆転無罪を勝取ったご夫婦が書かれている
    ノンフィクションで、警察、検察は実名が書かれている。
    周防正行の映画「それでもボクはやっていない」
    の基になった事件のようだ。

    本当に驚き、怖くなった。
    司法の世界の権力の怖さ、異常さに
    ただただ驚くばかり。

    10年ほど前だろうか、京王線で痴漢の
    現行犯を捕まえ、問い詰めたところ
    犯人が逆切したので、仕方なく(?)
    ホームの真中で殴り倒して、私のほうが
    傷害の現行犯でつかまったことがあった。
    警察署には連れて行かれたが事なきを得た。

    もし、今僕の立場でこの本の被害者のような
    ことになったらどうなるだろう。
    事業の性質上あるいは女性スタッフの多さから
    経営も成り立たないのではないのかな、などと
    想像しながら読んだ。怖くて満員電車には
    乗れないなあ、もっとも乗ることは無いだろうけど。

    そんなことから今まで関心ななかった司法という
    世界も少し勉強してみようと思う。

    恵比寿の弁当

  • 2007.04.25 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • いろんな人に「なぜオフィスを恵比寿に
    したの?」と聞かれ、最近は
    「お洒落だから とか 大人の街だから」
    なんて答えている。これは本当のことで、
    特に経験者採用や派遣スタッフにおいて
    そういう価値観のマッチングも大事だと
    思う。

    でも実際に働いてみて、移動も楽だし、
    来社していただけることも多いし、夜の
    会食は徒歩圏で済ませるし、思った以上に
    効率が良い。時間は本当に大事だから
    これは助かる。

    ご存知のように、恵比寿は、食事する
    場所としては、ハイレベルだが、街の
    お弁当やさんもその影響かなかなかのものだ。

    僕は恵比寿南の「中島」という弁当屋を贔屓に
    している。美味しい、安い、ヘルシーに加えて
    年齢が僕と同じというところが良い。
    今日の弁当も美味かったなあ。

    りく

  • 2007.04.24 Tuesday | category:ちょっと一休み
  • 僕が飼っている柴犬は
    男らしく!という意味で
    「りく」とつけた。
    頭は大層悪いが愛想は良い。

    一体飼い犬ほど他人の目を
    気にせず尻尾を振ることが
    平気な者はいないだろう。

    マンションの7Fのベランダ
    で日中過ごすりくは私が
    マンションの前に到着するだけ
    で狂ったようにヨロコビ
    変態のような声をあげる。

    私は、ペットを溺愛するタイプ
    ではないが、散歩中の柴犬を
    見つけるとつい目を奪われる
    こともある。

    新日本紀行

  • 2007.04.22 Sunday | category:ちょっと一休み
  • NHKのこの番組が最近面白い。
    昭和50年代に放映されたものと
    比較しながらの再放送である。
    先日は津和野で今日は湘南にスポットライト。

    湘南は、聾唖者のサーファーを中心にした
    ストーリーだ。この歳僕は大学1年生。
    信じられないだろうが、僕は元サーファーだ。
    友人に連れられて、真っ黒なウェットスーツ
    で海に入った。大流行する少し前だ。
    通算10年くらいは続けただろうか。
    でも、このスポーツは上手くならなかった。
    大体水泳があまり得意ではないしなあ。

    でも湘南の海には思い出がいっぱい。
    テレビにでる人たちはほぼ同年輩。
    時間の流れを感じる。
    近い友人の1人は千葉の海岸に住み込んでしまった。
    もう20年近くあってないなあ。


            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM