株式会社トライアンフ 樋口弘和社長ブログ

組織・人事・採用コンサルティング・アウトソーシング(RPO)を提供している
株式会社トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

寝ても覚めても

  • 2020.01.08 Wednesday | category:ちょっと一休み
  • まるで大学生の試合のような
    両チームの落ち着きよう。


    高度な戦略に基づいた
    アタックとディフェンス。


    過去の決勝戦でも最高レベル
    のラグビーを観れた昨日の決勝戦。


    桐蔭学園が7年越しの悲願を
    達成した。

    本当に嬉しい。


    藤原監督は、趣味も人生も
    ラグビーというような方らしい。


    新調したゴルフクラブも
    コースに出る前に錆びていたとか。



    毎年ベスト4以上に
    なる強豪を率いながら、
    「安定は衰退の始まり」
    とばかり常に

    「創造と破壊」を繰り返して
    いたという。


    いつも成功体験を壊しながら
    進化を目指すということは、
    言うは易しである。




    寝ても覚めても日本一の
    ラグビーを考える
    こういうリーダーがいてこそ
    の偉業だと思う。

    雪沼とその周辺(堀江敏幸)

  • 2020.01.07 Tuesday | category:おすすめBOOKS
  • 今年の目標の一つは古典
    をしっかり読むこと。
    できれば純文学が良い。


    堀江敏幸さんは、数々の
    文学賞を受賞されている方
    だけど、この作品が初めてだった。


    誰かが言っていたけど、
    純文学というのは、人の
    人生を覗き見するようなもの
    らしいが、確かに言える。


    映画でも見ているように
    主人公の人生がフラッシュバック
    するのは優れた作品ゆえか。


    各作品のタイトルにも
    味がある。


    僕は最初の作品の
    スタンド・ドット
    が好きだ。

    大晦日から
    元旦まで凄く集中して
    読んだ本は
    とでもオススメです。



    ・勉強しなくちゃダメ?
    ・友達って何?
    ・普通ってどういうこと?
    ・生きることに意味があるの?


    上記は
    タイトル以外に恐らく
    中学生辺りから出る質問に
    答えるような章立てになっていて、
    わかりやすく かつ
    奥深い内容だ。


    深い共感が得られるが、
    自分では書けないその文筆に
    脱帽である。



    共感とは、
    過去を整理したら
    確かにそう思う、
    ということで
    これを言語化するのは
    才能だと思う。


    この本は子供向けでは
    なく、会社員全員に、生き方を
    考えさせる良書だと思う。

    ヘヴン(川上未映子)

  • 2020.01.05 Sunday | category:おすすめBOOKS
  • 読書中
    自分から違う世界へ
    ワープして旅して戻った
    ような読後感

    とでも言おうか。




    正直にいうと
    僕はイジメを受けている
    人達の言動や心情が理解
    できないところあった。
    勿論口には出せないのだが。


    この本を読んで
    彼らの心の中に
    ひきづり込まれて
    その世界を見せていただいた
    と言って良いのか、
    そんな衝撃的な小説だった。


    年末年始で頭を
    空っぽにしていたから
    読めたのだろう。



    強さに胡座をかいた
    人生を考え直すきっかけ
    くらいにはなったかなあ。

    既に書いたように
    箱根本箱 続いて
    あさイチ でお見かけして
    からの挑戦で、果たして
    60過ぎのオッサンが読めるのか、
    甚だ疑問ではあったが、

    気がつけば、年内最後の
    一冊を結構のめり込みながら
    読んでいた。

    恥ずかしいから
    ブックカバーしてね。


    川上未映子さんの
    美しい表現は、丁寧に読んで
    いると、物語に同化して
    まるでワープして入ってしまう
    錯覚を感じる。



    恐るべし、
    芥川賞作家

    23年ぶり早明決勝戦

  • 2020.01.03 Friday | category:ちょっと一休み
  • 昨日の準決勝


    早稲田と明治の快勝
    だったと言って良いだろう。


    天理の自滅という試合だったが
    早稲田も、怪我人が戻ってきて
    攻撃のリズムが戻ったようだ。


    CTB中野選手
    フランカー相良選手
    が戻り縦の攻撃が
    出来る様になった。

    NO8丸尾選手も
    本来の調子を戻した様に
    見える。


    明治は間違いなく
    学生NO1だろうが、
    いい試合になる様な
    気がする。


    会場は新国立競技場だし。

    東京を生きる(雨宮まみ)

  • 2020.01.03 Friday | category:おすすめBOOKS
  • フリーライターの雨宮まみさん
    の本は初めて読んだ。


    彼女は確か3年前に
    亡くなったはずだ。


    きっと地方から出てきた
    女子大生や20 歳代の女性が
    心から共感して読む本なのだろう。


    何であんたが?

    と言われそうだが、
    読み始めたら止まらず
    そして妙に心と記憶に
    残るエッセイが幾つもある
    内容だった。


    きっと
    東京で生きる人間の
    本質を描いた本に
    違いない。

    逃亡小説集(吉田修一)

  • 2020.01.02 Thursday | category:おすすめBOOKS
  • 追い詰められた主人公達の
    心情と行動が並行して
    フラッシュバックするような
    お話し。


    吉田修一さんのショートは
    初めてだけど、寝る前や移動
    時間にちょうどよくて楽しかった。


            

            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM