人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

当たり前の女性活用

  • 2017.04.04 Tuesday | category:経営者の視点
  • 女性が仕事をしない、専業主婦という形態が

    一般的になったのは、高度成長時代の

    珍しい現象らしい。

     

    そもそも、昔から、夫婦で収入を支えてきた

    歴史が日本にはあり、現代の世界も、例外を

    除けば、日本と同様である。

     

    当社は、高いレベルのお客様が多く、必然として、

    会社の実力よりも高い人材の採用と社内教育を

    必死にやってきた。

     

    結果として、女性のほうが、やや優位である。

    お母さんスタッフは短時間にも関わらず、更に

    仕事ができるケースが多い。

     

    そもそも、同じ能力をもった男女の優位性に

    差があるのは、当社の採用力(一般的な

    男の子にとって、憧れの会社ではない)

    にも問題はあるが、別な要因もありそうだ。

     

    一番大きいのは、女性のほうが、自分の幸福感に

    素直であり、世間の評価に依存しない傾向が強い、

    ということもあると思う。

     

    キャリアに関しては、女性のほうが圧倒的に

    進化していると思う。会社にも、依存しないし、

    世間体もあまり考えない。

     

    自分にとって、どれが本当に幸せかを

    自分の頭で考えようとする人が、できる

    人に多い(キャリアモデルをほしがる

    きらいはあるが)。

     

    会社と個人が、対等な関係になりつつある

    今、自分の頭で考えられる人と会社に人生を

    預けてしまった人には、大きな差がつくと思う。


    入社式

  • 2017.04.03 Monday | category:経営者の視点
  • 桜満開の今日、当社でも、8名の新人を迎えて、

    手作りの、弊社らしい入社式をおこなった。

    マネージャ以外に、彼らの採用に関わったスタッフ

    がほぼ、全員揃って、良い場だったと思う。

     

    会社の人事には、必ずしも、合理的ではない

    イベントがあるが、この入社式も、その例に

    漏れないだろう。

     

    わざわざコストと時間をかけてこの日に、入社式をおこなう

    理由を、今日は、「家族と仲間」という、とても

    古臭い表現で、伝えた。

     

    彼らを迎える喜びは、赤ちゃんが生まれた夫婦

    のようでもあるし、共に、お客様のために、貢献し、

    もって、適切に成長する同志を迎える気持ちにも

    近い。

     

    こういう合理的に説明できない喜びが、

    私たちの責任感と、更なる成長への動機付けに

    なることは、どうやら間違いではないようだ。

     

    僕もまた、一家の大黒柱として、まだまだ、良い会社

    創りに、汗を流さねば、と気持ちを新たにした

    1日であった。

     

     

     


    堀江貴文さんの本は、結構読んで
    いるが、この本が、一番説得力が
    あり、納得感がある。




    学生から、社会人まで、広範囲の
    読者向けだろうが、僕のオススメは、

    中間管理職とか、リーダーだ。


    無理やり、彼と僕の共通点を探せば、
    自由が好き(縛られたくない)ことと
    言葉がストレート過ぎる点か。

     

     


    さて、本作品は、「学校」の
    生立ちと国家との関係を歴史的に
    説明し、個人の人生にとって、無用
    であり、邪魔であると論じている。


    ついでに、「カイシャ」も同様だと
    切り捨てる。


    「所有文化」に染まり、経営者
    である僕が、賛同するのは如何な
    ものか、とも思うが、

    「なるほど、その通り」

    と頷く場面が多くて、貼り付けた
    ポストイットは、20枚を超えた。


    オススメしながら、何だけど、
    人の意見を妄信せず、自分の頭で
    考えて欲しい、是非。

     

     

    本の詳細はこちら。

    すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (堀江貴文/光文社新書)


    NHKアナウンサーだった堀潤さん
    が辞めて、新しい活動をしている
    ことを知らなかった。


    米国のマスコミとインターネットの
    コラボによる新しい取組や
    新しいメディアの形を紹介しており、
    知らないことだらけであった。



    海外で得られるニュースと
    日本のローカルニュースの違いは、
    度々ここでも書いたけど、
    こういう原因があるんだ
    という理解につながる本だ。


    日本のメディアが変われない
    理由も幾つか挙げられていて、
    特に、経営陣のネットリテラシー
    の低さについては、耳が痛い。


    自分もそうだが、この時代、
    新しい技術に基づく新しいやり方
    は、若手に任せるべきだ。


    絶対に勝てないし、
    はっきり言って、存在が邪魔だ。


    メディアを反面教師として
    良い学びになった様な気がする。

     

     

    本の詳細はこちら。

    僕らのニュースルーム革命 僕がテレビを変える、僕らがニュースを変える!(堀 潤/幻冬舎)


    働き方改革とAI

  • 2017.03.31 Friday | category:学んだこと
  • 本文は、3/13付日経新聞の
    経済教室からの一部借用


    私の最大の関心事は、人事部の
    あらゆる業務が、どの様なスピード
    とプロセスで、機械化されていくか
    ということである。


    AIが人に置き換わる前に、恐らく、
    AIを使う人間の労働環境や仕組みが
    変わるはずだ。


    まずは、仕事の目的と内容

    所謂職務記述書とか
    ポジションプランと呼ばれる
    ものだが、変化の時代に合わせて、
    しなやかで、かつ、
    わかりやすくチームで
    共有できる
    ものが求められる。


    そうすることで、業務単位で、
    機械化が生産性に寄与する
    かどうか、計測しやすくなり、
    単純に、AIを恐れる状態から脱却
    でき、機械化のリーダーとなり、
    他社に比べて、優位になるだろう。


    次に、労働環境と労働管理の問題


    ホワイトカラーのそれは、もはや、
    伝統的な上司が、見える範囲で
    管理するということは、難しく
    なるだろう。


    裁量と自立は、労使双方に一定の
    責任とコストを求める。


    当社は、オフィスレイアウトを
    フリースペースにしたが、そのこと
    そのものは、賛否両論あるし、
    メリットもデメリットもあることを
    体感できた。


    ただ、大事なことは、会社が管理する
    対象が、目に見える労働態度や時間
    ではなくなって、パフォーマンス
    に大きく変わってくるということ
    であろう。



    実際に、在宅勤務を実験的に
    始めてみて、会社のデメリットを
    上回る、個人の生活上でのメリットを
    実感できる。


    フリースペースなどというものは、
    その試金石に過ぎないと思う。


    反知性主義

  • 2017.03.30 Thursday | category:学んだこと
  • これ無しでは、成り立たない
    インターネットにも、幾つか弱点が
    あるが、最たるものは、多くの人が、
    好きな情報だけを見る様に
    なることだろう。

    自分の職業人生を振り返れば、
    寧ろ、やりたくないことや
    無理やりやらされたことからの
    学びが多いと感じる。


    単純に、考えれば、人の成長とは、
    自分の知らないことの学びや、
    苦手な人との仕事で、
    幅を拡げることとも言える。


    教養とは、これを凝縮して
    身につけることなのではないか。



    職業人のキャリアには、専門性を
    極めるものと、
    幅を拡げるものがあるのだと思うが、
    僕は、専ら、後者なのだと思う。


    大きな企業は、立派なオフィスと
    隔離された応接室で、
    外注化されたスタッフの方から
    サービスを受けることが多く、折角
    訪問しても、その社風を感じることは
    難しい。


    ところが、中堅以下の企業は、その主張が
    オフィスに表れていることが多く、
    訪問の意義もある。


    最近は、受付が、電話案内だから、
    対応していただく方は、総務の
    若手になることが多いが、
    オーバーに言えば、その対応で、

    会社の人材レベルの想像がつき、

    応接室や会議室の清潔さで、

    会社の格も想像がつき、
    まあ、外れないなあと思う。



    また、VIP対応の場合は、秘書の
    方もキチンとしているし、
    間違っても、コーヒーに市販の
    砂糖やミルクは出て来ない。


    手間をかけて淹れていただいた
    であろう美味しいお茶が多い。


    僕は、こういうことに拘るので、
    自社のオフィスにも主張と拘りを
    持ち、積極的に、お出でいただく
    様にしている。


    但し、通常オフィスで働く
    スタッフには、特別な顧客対応は
    行わない。


    時々来客に対して、直立不動で
    迎える会社もあるが、やり過ぎだろう。


    自然な何時ものオフィスを見て
    いただくのが、良いと思う。 


    What is my mission?

  • 2017.03.28 Tuesday | category:学んだこと
  • 仕事 とは、一体何だろう?
    良く自問自答することだが、
    新卒説明会が続くこの時期は、
    特に良く考えるようだ。


    僕は、仕事以外に打込めるものが
    見当たらず、人様に話せる趣味らしい
    ものもない。


    僕を良く知る人からは、


    「典型的な趣味が仕事という
    人だよね」とか


    「いや、樋口さんは、趣味が経営
    というか、社長そのものじゃない」


    などと酷いことも言われる。


    その割には、能力不足で、
    たいした実績もないけども、
    まあ、当たらずとも遠からず、
    だと思う。


    仕事とは?
    に戻ると、僕の場合、こういうこと
    になるだろう。


    「機会と結果というフィードバックを
    くれて、自分を鍛えて、達成感を
    与えてくれるもの」


    多分、一定期間の目に見える結果が
    あり、そこでの自己実現を
    モチベーションにしている
    のではないか。


    あまりスケールの大きい人生
    ではないけども、これが、正直な
    ところであろう。


    こう考えると、僕のキャリアプラン
    はとても単純で、体力と能力の
    限界を感じて、自分の成長を
    感じなくなったら、今の立場を
    辞める、ということである。



            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM