人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

プレミアム戦略

  • 2008.02.29 Friday | category:学んだこと
  • タイトルに魅せられてこんな本を読んでみた。
    まあ基本的なことがよく整理されている。
    プレミアムの定義とは、機能的な価値プラス
    情緒的な価値を加えることで成り立つという。

    果たしてBtoBの世界にもどのように展開
    できるのか興味深い。
    エルメス、ポルシェ、大塚製靴などの事例で
    その戦略を説明するが、以下のようにまとまる。

    ・作り手の主観が絶対価値
    ・常に進化(伝統の本質)
    ・広告、拡販への抑制
    ・職人の処遇とゆとりをもった働き方

    このうち、いくつかは僕の価値観と
    著しくマッチする。面白い時代に
    なってきたなあ、とワクワクする
    思いで一気に読んでしまった。

    羽生善治さん

  • 2008.02.26 Tuesday | category:学んだこと
  • 今日のプロフェッショナルの流儀は
    棋士の羽生さん。30歳になって7つの
    タイトルを1つまで失うほどのスランプ
    があったとは知らなかった。

    ルックス、話し方は冴えないが、
    その言葉は本質をつくものだった。

    なかでも「才能とは?」の質問に
    「努力を継続する力(確かこんな表現)」
    という言葉に感動。そうだそのとおりだ。

    また、「直感とは経験の積重ねの中で
    自然に沸いて来るもの」は、就職活動中の
    学生や入社したての若者に送りたい
    セリフだ。

    それにしても、物事をとことん考える
    人は独特の風貌、雰囲気だなあ。

    されど成長

  • 2008.02.24 Sunday | category:学んだこと
  • これは日経新聞が1年くらい特集を
    組んでいたコラムのタイトルで、
    それをまとめた本が出て、読んでみた。

    結果、国の社会資本や豊かな
    経済力のメリットを享受してきた
    僕たちの世代は、これからも成長に
    貢献しなければいけないと強く思う。
    これからの世代にこれ以上の負荷を
    かける社会は許されない。

    それは、所属する企業なのか
    もう少し大きな社会という視点
    なのか、はたまた教育という形も
    あるだろう。

    経営者である僕は、まずはこの
    会社を成長させることに特化
    しよう。
    税金の納付も社会貢献だと言う
    人もいるが、むしろ人材排出だろうなあ。

    同時に、個人の人生の中でできる
    経済、社会への貢献の準備をして
    いこうと思う。

    残業ゼロの経営

  • 2008.02.22 Friday | category:学んだこと
  • 元トリンプ代表の吉越さんの本を読んだ。
    残業完全撤廃までに12年かかったとのこと。
    なるほどなあ、というリアルな話が多く
    新幹線の中で一気に読んだ。

    「課題を小さく分けて、毎日解決する」
    という仕事のやり方は凄い!
    「徹底的に真似する」もそうだ。

    「理念に頼るのはリーダシップの弱さ」
    あたりは経営認識の違いかな、とも
    思うが、いずれにしても、短期で結果を
    出す人はこうだろうなあ、と素直に思う。

    残業ゼロだけがハイライトされるが
    それはただの結果論。この会社を見学
    して「さっそくやってみましたが抵抗が
    強くてだめでした」という人が多いという。
    残業や会議のやり方という「現象だけ」
    に反応してよく考えずに
    マネだけをする人が経営者だとしたら
    そこで働く社員は不安だろうなあ。

    世の中のために働く人たち

  • 2008.02.17 Sunday | category:学んだこと
  • 今日のサンプロは、大阪府知事に就任した
    橋本さんがでている。彼は、北野高校時代
    からのラガーマン。今のように有名になる
    前に、ラグビーマガジンの最終ページに
    紹介されていたのを思い出す。

    今日は、増田大臣、丹羽さん、猪瀬さんが
    でて、地方分権がテーマ。彼らの主張や
    内容はここでは割愛するが、
    こういう優秀な人たちが国や世の中のために
    働くことに勇気づけられる。

    僕は、サラリーマンから経営者になり、
    同時に他社の経営を指南する仕事を
    経験できた。事業経営も納税という
    方法で社会貢献ができるが、もっと
    直接的に世の中に役にたつことに
    時間と情熱を使いたいものだ。

    権威ある知的情報

  • 2008.01.14 Monday | category:学んだこと
  • 情報過多で、安易にテレビのスイッチを
    いれようものなら俗悪番組のオンパレード。
    本屋に行けば、売れ筋がスペースを占め、
    何者かに誘導されるように買ってしまう。

    僕のような主体性のない凡人にも
    これはという良書やテレビ番組、
    映画などを発信してくれる情報機関
    はないだろうか。

    例えばニューヨークタイムズはそれほど
    発行部数が多いわけではないが、一定の
    知的レベルの人たちにとって必須のメディア
    で、そこで書評された本は売れるらしい。

    まさに権威ある知的情報であろう。

    待てない時代

  • 2008.01.08 Tuesday | category:学んだこと
  • 消費者が待てない時代になってきた、
    という記事が年末(27日)の
    朝日新聞の文化欄に載った。

    背景には、スピードと大量の情報ならびに
    若い頃からの「消費者意識」があるという
    ものだ。

    話題の「ホームレス中学生」。
    ただ待つばかりの主人公に違和感を感じた
    のは僕ばかりではないだろう。
    周りの人たちが動き、事態が好転して
    いく。ちょっと前だったらこんなストーリー
    の自叙伝(事実かどうかは別にして)が
    世の中に受容れられることはないだろうとも思う。

    私たちの扱う早期離職も根幹に同じ
    問題があるのだろう、そういう観点からも
    大変興味深い記事だった。

    情報に飛びつき、即効性を求める消費者に
    ビジネスがどう対応するかがとても大事だ。

    僕ら人材ビジネスは、多分、彼らを理解しな
    がらも迎合してはいけないと思う。それは、
    食品業界の賞味期限偽装問題とあまり
    変わらない姿勢だと思う。

    「うつ」の時代だと言われている。
    確かにそうだ。実例は周りにもいくらでもある。
    ところが僕は、その本質や背景がイマイチ理解
    できていない、組織コンサルとしては失格である。

    「再会の街で」はニューヨークを舞台に
    まさに現代人のココロの問題を扱った名作、
    「・・三丁目の夕日」はご存知のとおり
    昭和30年代の東京の下町を舞台とした
    人間ドラマとでも言おうか。
    この2本を観て、改めて、現代と
    私が生まれた昭和30年代の違いに気が付く。

    時間の流れと、情報の多さ。
    多分 早すぎることと、多すぎることが
    人を壊しているのだろう。
    単純な見解だが、そんな風に思った次第だ。

    ココロの強さの時代

  • 2008.01.03 Thursday | category:学んだこと
  • 昨日NHKプロフェッショナルの流儀で
    放映されたシアトルマリナーズイチロー選手の
    特集は見ごたえがあった。インタビュアーの愚問
    にはがっかりしたが、誰がみても達成志向の塊である
    イチロー選手が、番組を通じて話していたのは、自分の
    心との戦いであった思う。さすがにあそこまで
    高いところを目指す人は、日常生活からして
    尋常ではないこともわかったが、
    我々凡人はそういうことも含めて
    素直に理解し、自分の糧とすべきである。

    ところで、昨日は大学ラグビーの準決勝。
    関東学院の辞退で、優勝間違い無しと言われる
    早稲田が、帝京大学相手に大苦戦した。
    ワントライ差の薄氷を踏む勝利に、
    ノーサイドの瞬間早稲田の選手が
    何人も泣いていた。彼らもこういう経験でスキル
    を超えた何かを学んで行くのではないだろうか。

    一方敗れた帝京大学の堀江主将はカッコよかったなあ。
    僕は試合途中から、権丈、堀江両主将の戦いのように
    思えた。それは、心の強さの戦いだ。
    それにしても、伝統と歴史を背負った
    チームの主将は魅力的だ。
    見ていてホレボレするようだ。

    丹羽 宇一郎さん

  • 2007.11.22 Thursday | category:学んだこと
  • 気合を入れるときや大きな決断の時に
    いつも読み返す本が数冊ある。

    土光敏夫さん、松下幸之助さん、
    瀬島龍三さん、小倉昌男さん等
    鬼籍に入られた方が多い中、
    丹羽さんは、バリバリの現役である。

    伊藤忠商事の社長時代から大ファンで、
    何度も講演を聴きにでかけては、最前列
    で一番に質問していた。
    当然本が出版されるとすぐに買い込み
    貪るように読む。
    今回出版された本は、講演記録を
    集大成したもの。

    「人間には動物の血が流れている」
    と言うセリフは、とことん経営の真髄に
    迫った丹羽さんならではのものだし、
    「国の借金で人生を謳歌した中高年は
    食い逃げは許されない」というセリフは、
    モノゴトを本当に高いところから見て
    よく考えている証だろう。

    同じ経営者としては、とても追いつけそうも
    ないが、もしサラリーマンだったらこんな
    人の下で鍛えられたいなあ、と今でも
    思ったりする。

    転職と不動産リスクの共通点

  • 2007.11.13 Tuesday | category:学んだこと
  • 20歳代後半から30歳代までの働き盛りの
    話を聞いていて、すごく危ないなあ、と
    思うことがある。ひとつは転職、
    もうひとつは不動産購入である。

    共通しているのは、両方とも間に入り、
    アドバイスをするエージェントのレベルが
    低かったり、充分なリスクを説明しない
    (成約のためには当たり前だが)
    ことから人生の大失敗に
    結びつく可能性が高いことだ。

    例えば転職において給与などの条件が
    良い場合、仕事はきつい(いろんな意味で)。
    よく言われるのは、「時給で計算すると
    変わらないよね」というセリフ。これは、
    経験上30年前から変わらない真実。
    こういうことに気がつかない。

    きついことを楽しめる能力やモチベーションの
    ある人は良い。そうでない人は、どうしても
    他人の芝生が青く見えて、エージェントの
    甘い囁きにころっといってしまう。

    問題はその後だ。
    一度そういう会社に入ると、人格が
    欠落してくる。転職を繰り返し、
    品性の低さが顔に出てくる。が、
    生活水準を落とせないので、体か
    心が壊れるまで働き、気がつくと
    ダメ人間の烙印を押されたりする。

    今ある現状を否定しか出来ない人、
    自責でモノを考えられないひとは
    常にこのリスクにさらされている
    と思う。

    心の強さ

  • 2007.11.04 Sunday | category:学んだこと
  • これからの日本の教育の一つは
    間違いなく「心の強さ」を鍛える
    ことだろう。

    私の時代は、小学校から高校までの
    12年間、多様な集団の中での過ごし方を
    体感して成長できた時代だった。
    そこには、いじめも、体罰もケンカも日常的に
    あって、自分の限界や対人的な対処方法を
    学んでいった。

    今の「自由と選択」の時代に、こういう
    経験の少ない若者は、キツイと思う。
    自由には責任が伴うが、責任を果たす
    耐性が鍛えられないまま社会にでてくる
    者が多い。こんなことも、早期離職の原因
    のひとつでもある。
    心の強さはまた、スポーツやボランティアの
    リーダーからも指摘される。

    自由な時代で自己実現するための
    大きな武器が「心の強さ」だと思う。

    成功のコンセプト

  • 2007.11.02 Friday | category:学んだこと
  • これは、楽天の三木谷さんのインタビュー本。
    結構おもしろかった。
    高い目標への拘り。改善(というより進歩)
    というPDCA。きちんとやるべきことを
    やっていて、信念のぶれない人だなあ、と思う。

    ユニクロ柳井さんの「1勝9敗」もそうだが、
    こういう本を読めば読むほど毎年理解が深まり
    同時に落ち込む、というか自分の力を知らされる
    のが辛いが、まあ自分の力量をしることも大事なことだ。

    さて、僕の初版が1週間後に発刊される。
    世の中の経営者、人事ご担当にどれだけ
    お役にたてるのだろうか?

    情報とは

  • 2007.10.28 Sunday | category:学んだこと
  • 僕は、不動産が好きである。
    土地の相場観、マンションや一戸建ての
    新しい技術やデザインの流行など自分の
    ライフサイクルとは別に定期的に情報を
    集める。

    ところで、新聞に路線価等の発表があるが、
    その情報は、大体半年遅れである。
    ネットの情報は3ヶ月遅れである。
    一番早い情報は、常に取引に接している
    業界のプロに聞くのがいい。ただし、
    客観的で数字に強い人が良い。残念ながら
    こういう人は不動産業界に少ないので、
    集める情報の数も大事だ。

    いずれにしても、なま物の情報を
    自分の足で集めるのは、私たちの
    ビジネスと全く同じだ。

    オフィスに朝から晩までいて、ネットで
    得られるのは、既に賞味期限を過ぎた
    情報である。常にでかけなければならない。
    このことは、インターネットの発達とは
    無関係な話しだと思うが、怖いことは、
    ネットの発達によって、このことに
    気が付かない人が増えていることだ。

    オフィスの空気

  • 2007.10.22 Monday | category:学んだこと
  • 3日間オフィスを離れ、午後に東京に
    戻って客先を回り夕方帰社した。

    久々に復帰したマネージャーとの雑談。
    「どうだ、久々のオフィスはどんな感じだ?」
    「少しおとなしいですね、こんなだったかなあ?」

    実は、僕もオフィスに入った瞬間に同じことを
    感じた。たった3日だけど。
    みんな忙しくて、雑談もできないのかなあ。

    原因のひとつは、「挨拶の声」だった。
    ベテラン社員が来るときも、帰るときも
    サッとやる、これはまずいな。

    やっぱりこういうことこそトップや
    マネージャーの率先垂範なのだろう。

    朝の挨拶から!

  • 2007.10.04 Thursday | category:学んだこと
  • 外資系クライアントの常駐しているスタッフの
    パフォーマンスが高く、業務内容を増やしたい
    という嬉しいご依頼があり、フランス人社長と
    会って来た。

    打ち合わせ後、当のスタッフと雑談。
    彼女は、ほぼ新卒同様で入社してくれ、
    法律にも強く、英語もできて、
    顧客志向も高い若手のホープだ。

    社長の高評価を伝えようとしたら、
    「そんなことより樋口さん、最近
     オフィスの雰囲気よくないよ!
     元気もないし、
     特に朝の挨拶が全然だめ!」
     とお叱りを受けてしまった。

    これにはまいった。
    密かにそうだな、と思い、言い返す言葉もない。
    僕は、朝は、着席したら、
    PCに集中して、酷いときは挨拶されても
    顔もあげないときがある。
    社長がこれでは、確かに問題である。

    前職でも、フレックスのデメリットとして、
    散々上司に訴えていたくせにすっかり忘れて
    しまっている。

    彼女に改善を約束し、その後会食した
    若手スタッフとも、「いっしょに元気に
    挨拶しよう!」と誓い合った(というのも
    オーバーな表現だが)。

    会社は毎日良い事もあれば、いやなこともある。
    でも、元気なほうが良い。
    そのために、朝の挨拶からはじめよう。
    こういう基本的なことがきっと大事なのだ

    フランスで行われているラグビーワールドカップは
    今週で予選もほぼ終わり、日本代表は帰途についた。
    フィジーやカナダ戦など深夜にテレビ観戦しても
    十分楽しめた試合も多かったが、結局1勝もできずに
    終わった。
    さて、日本協会の不手際で、カーワン監督が日本代表
    監督を受けたのが、なんと今年の4月。その後、
    エース級の選手が次々と怪我で戦線離脱するという
    厳しい状況が続いた。4年単位で国代表を強化すべき
    監督がこのような状況に何一つ言い訳をしない。

    フィジー戦などは、要のポジションの選手が
    二人続けて試合中退場という前代見聞の事故も起きた。
    それでも、言い訳しない。

    こういう人だから選手がついていく。
    この4ヶ月の代表の進歩は凄かった。
    初めて、精神論ではなく、戦略を感じられる
    チームになった。選手の能力は、一流国に
    比べると、大きな差があるように見えた。
    だが、彼らのパフォーマンスの高さは、
    カーワン監督の手柄だろう。
    それは、ラグビーで最も数字に表れる
    タックル回数やその成功率に端的に表れている。

    僕が今年一番刺激を受け、勇気をもらった
    ジョン・カーワンHCに一ファンとして
    心から「お疲れ様でした」と言いたい。

    そして、分野は違うが、ああいう男を
    自分もめざそうと思う。

    コーチングとは信頼がモト

  • 2007.09.25 Tuesday | category:学んだこと
  • いろいろと悩みがあって、お客様でありながら
    仲良くなってお付き合いさせていただいている
    役員の方に時間をもらって、オフィスに来ていただいた。

    話題は、経営の根幹的な話しなのだが、資料も何もない。
    話しを聞いていただき、簡単なアドバイスを
    いただく中で、雲が晴れるように課題が明らかに
    なる。ちなみにこの方は超一流のコンサルタントである。
    こういうのをコーチングというのだろうか。
    お互いが信頼し、尊敬できる関係でとても短い
    時間でとても大きな成果を得られた。

    僕も、これくらいのコンサルタントにならねば。
    彼に負けないようにいつも「何でだろう」と
    考えていなければ、素直にそう思える
    大変良い1日だった。

    先生と教授

  • 2007.08.29 Wednesday | category:学んだこと
  • お世話になっているドクター(医師)と
    ご主人(大学教授&医学博士!)と食事の席。
    私にしては緊張して始まったが、夫婦で盲腸の
    誤診など過去の笑える話しも多く和やかだった。

    思ったのは、医師も大変な仕事だなあ、ということ。
    ただのやる気だけじゃ、もたないなあ。
    この仕事は信念が必要だろう、などといろんな
    お話しを伺い感じた次第である。

    常識が通じない人が多いといわれる職業だが、
    私の周りにはまともな人しかいないのは、
    恵まれているのか。

    今日の二人も無茶苦茶人間っぽく、
    改めてファンになった。

    トップの決断力

  • 2007.08.25 Saturday | category:学んだこと
  • 決断力とは、何かを捨去る勇気で、実業責任者には
    とても大事な要素だということに気がついたのは
    創業後のこと。サラリーマンでもモノゴトを決める
    (他のものを捨てる)ことは何度もあったはずだが、
    ヒトの能力としては考えられなかった。

    最近、個人事業主どまりの人や
    伸びない会社の社長は決断力がない、
    ということに気がついた。慎重なヒトもいれば、
    臆病なヒトもいる。またそのほうが良いのかも
    しれない、とも思う。でもそれでは、中小企業の
    親父どまりで、チャンスをつかめないだろう。

    こういうヒトの特徴は口が達者なこと。
    私の周りで決断力の高い人は、例外なく、
    よく考え、そして寡黙である。

    お客様のトップと笑顔コンサルの門川さんと会食。
    あっちこっちに話しは脱線したが、面白かったのは
    想像力の話し。クリエイティブというよりは、要は
    「自分の頭で考えようとする」かどうか。

    どこの若手コンサルタントも、考える仕事を命ずると
    すぐにネットで検索し、答えを探すらしい。
    行動として「どうしてだろう?」と考えることをしない。
    その前にネットで調べる。これは怖いことだ。コンサル
    の仕事に正解はないのに、それを求めようとするからだ。
    これは、もはやエセコンサルでお客様からお金をいただく
    資格はない。

    それでは、自分たちが想像力をどうやってつけたか?
    3人が共通してたのが、深夜ラジオの番組だった。
    曲も、番組もバラバラだが、ラジオというメディアが
    私たちの力を鍛えたのは、確かだろう。

    時代の違いと言えばそれまでだが、現実問題として
    どう彼らを育てるか?
    「ネットの禁止」も「ラジオの強要」もないだろうなあ。

    深刻な人手不足

  • 2007.08.22 Wednesday | category:学んだこと
  • どこの業界でも人手が足りない、という
    話しばかりだ。

    昨日お会いしたタクシー会社社長は、
    運転手不足で、稼げる金曜日も車が
    遊ぶために、思い切った人員募集にでた。
    それは、「2種免許が取れるまでの間凡そ
    2ヶ月は、月額50万円保証」というもの。
    仕事をする前にこれだけの給与を払うと
    いうのだ。事態の深刻さがよくわかる。

    今日のセミナーに集まった社長は、建設業、
    不動産関係が多く、マンション建設のコスト
    高の中でも、人件費及び募集費が一番高騰して
    いるという。

    銀座のど真ん中にある高級焼肉店の店長は
    「辞められると怖くて、バイトを叱れない」
    と嘆いていた。

    データで、こういう市場の急変に警笛を
    鳴らしてきた私たちでさえ、感覚的には
    そのあまりの変化に戸惑うばかりだ。

    金川千尋さん

  • 2007.08.19 Sunday | category:学んだこと
  • 信越化学工業社長の金川さん。
    自分に気合を入れたくなったときに
    読む本の1人。多分去年日経新聞に掲載された
    「私の履歴書」をまとめた本が出版された。

    (毎日が自分との戦い 日本経済新聞出版社)


    それにしても、この人のモチベーションは
    どこからくるのだろうか?ユニクロの柳井さん
    も同じようなことをテレビで言っていたが、
    「増収増益」しか興味がない、と。

    こういう「目標達成への執念の塊」みたいな
    人たちの履歴を読むかぎり、「場」が大きいのは
    よくわかる。冴えないサラリーマン時代もあるし、
    生意気で、周りの人に去られることも経験している。
    キレイな話しばかりではない。

    ただ、違うなあ、と思うのは、「まあこのくらいで
    いいや」という考えが見えないこと。自分と比較
    したら、怖くなるほどの違いである。この人たちの
    マネを2年続けたら確実に身体を壊しそうだ。

    先日の社内研修で「向上心(達成志向)は必ずしも
    先天的ではないのでしょうか?」という意見がでた。

    そう思いたい気持ちはわかる。
    「やる気」が生まれつきだと言われたら、
    それこそ普通の人はやる気をなくしてしまうだろう。
    でも、やはり、先天的にすごいエネルギーをもった
    人が「場」を得て、組織や社会などを動かすのが、
    本当の所ではないだろうか。

    そして、そのチェックは以外と簡単なことだ。
    普段付き合う人のレベルが自分を超えた人かどうか、
    つまりコンプレックスと隣り合わせで生きているかどうか。
    これは、自分がわかり、足らないところも理解し、
    その上で、毎日上を向いていきている、という
    結構エネルギーの要る生活だ。
    社会人は大体これでわかる。仲良しクラブが生活の
    中心を占める人はやはりそこそこだ。

    金川さんや柳井さんはそれを超えているのだろう。
    本でしか知ることができないが、それはそれで
    幸せなことである。

    昨日の話しの続き

  • 2007.08.14 Tuesday | category:学んだこと
  • 冨山さんの本の話では、人材マーケット
    に関するご意見も多かった。
    中でも、その有効活用として、一流大学を
    でた人間に「安定・安心」を与えてはいけない、
    という考えがあった。
    また、30歳で、一度、無理やり会社を辞めさせ、
    修羅場をくぐらせるべきだ、という意見もある。

    突拍子もない考えのようだが、僕はよくわかる。
    大企業や大組織で、経営にかかわる人間はごく僅か、
    それ以外の人材は、活用された、とは言い難い。

    そして、本当の修羅場は、「今月も給与は払われる」
    状態では味わえない。背筋がぞっとするような
    コワイ思いを何度かしないと、背筋がぴしっとしない。
    そうして、人材は創られていく。
    高く永い視点で日本の国力を考えれば、一流人材を
    安心させてはいかない。鍛えなければいけない、
    と思う。

    冨山和彦さん

  • 2007.08.13 Monday | category:学んだこと
  • 「会社は頭から腐る」を読んだ。
    タイトルがえげつないが中身はなかなかのものだ。

    自分の専門分野について、経営についてあるいは
    マクロ経済について、学ぶべき内容が多かった。

    以下抜粋である。

    −人間は弱いもので見たいものしか見ない。
     だからPDCAを回すという当たり前の
     ことが意外と難しい。

    −労働市場の最大の問題は、情報の非対称性にある。
     人間の能力というのは、正直なところ、使ってみない
     とわからない。

    −現実の事業再生とは当たり前のことを当たり前にやる
     ということだ。

    僕より2つばかり若い人材にこういう有能な人がいる。
    木村剛さんの本と同じような感想(優秀で誠実で身近に
    感じたこと)を持った。会ってみたいなあ、一度。

    偽装請負(朝日新聞社)を薦められて読んだ。
    僕が経験した労務とは全く別世界の話しに
    ただただ驚くばかり。
    クリスタルという最大手の請負会社の
    事例を中心に調査報告が進められるが、
    背景をよく考えれば
    彼ら請負会社も時代の申し子のようなものだ。

    大手製造メーカーが利益を出すための
    必要悪のようなニーズからどんどん拡大し、
    当局も、景気を考慮し、取締りを避けたこと
    から拡大した、というのが実態のようだ。
    まさに「合成の誤謬」である。

    さて、この時代所謂就職氷河期と見事に重なる。
    この本を渡したスタッフも、元この業界の出身。
    27−37歳のロストジェネレーションと呼ばれる
    彼らは、当社のマネージャー、リーダーの年代と
    見事に合致する。
    いつも思うが、基礎能力や情熱が素晴らしいにも
    関わらず、「社会教育」を受けずに、「売るための
    テクニック」を教わってきたことが、リーダーに
    なって大きな壁になってくる。
    社会人としての価値観の問題である。

    この時代に起業し、彼らを成長のエネルギーとして
    仲間に迎えた当社は、彼らに「合成の誤謬」思考に
    ならぬよう、「長い視点で責任をもって人や事業を育てる」
    ことを教える義務があるのだ、と強く感じた次第である。

    Let it be

  • 2007.08.08 Wednesday | category:学んだこと
  • ビートルズが解散する年、中学に入学、
    周りの仲間と同じように僕も
    彼らの音楽の世界にはまった。

    当時校内で売っているパンを昼ご飯用に
    買っていたが、ビートルズのアルバム
    欲しさに、親からもらった150円のうち、
    50円だけパンを買って、残りは、毎日貯金。
    これを1ヶ月ためて毎月アルバムを買うのが
    楽しみだった。(おかげで空腹に苦しんだが)

    買ったら擦り切れるほど聴いて、すぐに日本語
    に訳す。解るまで先生に聞いて、和訳版を作った。
    そして友人に自慢気にみせびらかす。
    おかげで、中学1年生で、3年間の英語を全てマスター。
    特別な勉強せずにいつもテストは満点だった。

    ところが、当時なかなか訳せない というか
    日本語にしても意味の解らない歌詞があった。

    Let it be

    これには本当にまいった。当時の僕には
    一体全体何を歌っているのかさっぱり
    わからない。先生に訊いても要領をえないのだ。

    それから40数年今では、数多い彼らの傑作の中でも
    最もその歌詞を愛することができる曲になった。
    英語力は一向に伸びていないが、
    少しは人間様の気持ちがわかるようになってきた
    ような気がする。
    今日は、とても優秀な経営者の方々と会う
    機会が続き、そんなことをとても感じた1日だった。

    都市を襲う核攻撃

  • 2007.08.05 Sunday | category:学んだこと
  • 今日のNHKスペシャル。
    広島で原爆被害にあった方々中心に、
    今核爆発が広島で起きた場合の想定被害を
    何年もかかって調査されている。
    この報告によると、62年前を超える20万人が
    直接の被害により死亡、さらに6ヶ月間人が
    踏み入れられない放射能に覆われるという。

    恐ろしいのは、アメリカが、抑止力も目的とした
    核保有から方針を転換し、10カ国以上の核保有国
    やテロリストに対抗するために、核による
    先制攻撃をおこなうと公言したことだ(2005年)。

    広島の調査グループの報告書では、人類が
    生き残るためには、核の廃絶しかない、と
    なっているが、現実を見ると本当に難しい
    問題だと私でも考える。

    究極のバランス−
    それを壊すのは、テロリストか?
    彼らを創ったのは誰か?

    ストレスマネジメント

  • 2007.07.25 Wednesday | category:学んだこと
  • 成長する企業で働くマネージャーは、
    ストレスが多い。
    企業が1年で30%も伸びるのだから
    それに合わせて成長するのは大変だ。
    だからストレスをどう管理するかが
    マナージャーの大きなスキルのひとつに
    なってきたと思う。
    僕自身は、社長としての自己統制力のアップ
    とパニック障害の克服のために、
    音量治療やサプリメント、オイルマッサージ
    などいろんなことを試みている。
    こんな実験からどのようなことが有効なのか
    クライアントの経営者にもアドバイスできる
    ようになりたいものだ。

    Change management

  • 2007.07.11 Wednesday | category:学んだこと
  • 今日は、マスコミ関係の方々何社か
    とお話をする機会があった。
    彼らは、終日情報収集しているので、
    お話がとても新鮮だ。

    今日「若者離職問題」に話が及んだとき、
    中間管理職が、若手にどう接して良いか
    わからずに、手をこまねいている企業が
    多い、という指摘があった。
    腫れ物を扱うような企業も多いらしい。
    辞められると困るので。

    なるほどなあ、と思う。
    つまり私も同年輩として、自分たちの
    20歳代の価値観と大きく変わって
    しまっていることに対する不安は同じだ。

    ということは、就労感の違いや
    それに対応するマネジメント方法を
    根本から学ぶ必要がある、
    ということだ。

    まさに中間管理職に
    「チェンジマネジメント」を
    教えるタイミングなのだろう。


            

                     

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM