人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

賞与メッセージ

  • 2017.06.20 Tuesday | category:経営者の視点
  • 一時は止めていた賞与封筒に
    同封するメッセージ作りを
    再開した。

    しかも、今年は、マネージャー
    にも、参加させた。


    こう言うメッセージが、どのくらい
    意味のあることか、は正直
    わからない。


    部下として、受け取った事もないし。

    でもやはり、日頃の感謝の気持ち
    を素直に伝えられる貴重な機会
    だと思い直しての復活である。



    今年は、130人分である。


    短いメッセージだが、1人ひとり
    のスタッフの半年に思いを馳せて、
    書き込むのは、意外と重労働であり、
    週末が、あっという間に終わって
    しまう。


    無駄な仕事ではない事を
    祈りつつ、今年も頑張ろう。

    トップの存在理由

  • 2017.06.19 Monday | category:経営者の視点
  • 多くのビジネスマンは、
    ある意味、
    仕事を通じて、
    自分の存在価値を見つける

    ものだと思う。


    役割と存在価値が無くなることは、
    とても、恐ろしいことで、
    人事権力抗争の根幹も、
    そこにある。


    一方、今の僕は、その逆で、
    自分無しで、如何に、会社を
    回すかに腐心していると言って
    も、過言ではない。


    例えば、今の体制であれば、
    1か月僕が、休んでも、問題
    なく、会社は、回るはずだ。


    そう考えると、自分の仕事と
    価値は、未来の組織作りに他
    ならないという事に気がつく。


    順調に成長すれば、3年強で、
    今の1.5 倍の規模になる。


    それを、取り仕切るマネジメント
    チーム作りをするわけだが、

    そのレベルであれば、まあ、
    現有スタッフでも、能力の伸長が
    予測できるし、イメージできない
    ことはない。

    だがしかし、 マネジメントは、つまるところ、
    トップ1人に依存することになる。


    1か月休んでも、ビクともせず、
    一方で、その存在が、更に未来の
    組織作りに向かう様なトップ
    とは、どんな 器を示すのか?


    まだまだ、描けないという
    のが、本当のところだ。

    ゼロ(堀江貴文)

  • 2017.06.18 Sunday | category:おすすめBOOKS
  • 僕は、この人の本は、随分
    読んでいる方だと思う。


    天才だろうが、素直で憎めない
    ところがあり、結構面白い。


    この本は、モラトリアム若手向け
    のものだろう。

    ーどうやったら、お金持ちになれるか?

    答えを知りたがるショートカット
    小僧は、就職活動の説明会に多い。


    ー自分には、何が向いているのか
    わからない。
    行動量が極端に少ないモラトリアム
    小僧



    確かに、売れる理由もわからない
    ではないが.......

     

     

     

    本の詳細はこちら

    ゼロ(堀江貴文)


    神秘(白石一文)

  • 2017.06.17 Saturday | category:おすすめBOOKS
  • 文字通り、神秘な世界に
    引き込まれて、時間を忘れる小説。


    ビジネスの世界で、
    合理性や戦略性にすっかり
    染まってしまった僕にとって、
    健康や幸福感
    あるいは、奇跡 という言葉に
    ついて、とても、考えさせられた
    一冊。

     

     

    本の詳細はこちら

    神秘(白石一文)


    末期癌患者の声

  • 2017.06.16 Friday | category:学んだこと
  • ある世界規模の調査で、
    末期癌患者が、何を後悔して
    いるかをインタビューし、
    まとめたレポートがあった。


    それによると多い順番で


    ・自分自身に忠実に生きれば良かった。

    ・あんなに一生懸命働かなくても
    良かった。

    ・もっと、自分の気持ちを表す勇気を
    持てば良かった。

    ・自分をもっと幸せにしてあげれば
    良かった。



    こんな感じらしい。



    組織で生きる私達にとって、
    考えさせられる内容ではないか。

    早期選抜システム

  • 2017.06.15 Thursday | category:学んだこと
  • ポジションの階段を上がるという
    ことは、業務の量や質の階段も
    あろうが、管理職に関して云えば、
    発生しうる問題の大きさと頻度に
    比例するのだと思う。


    問題が、起きてから、動くのは、
    まあ、主任レベルだと思う。



    管理職ともなれば、 問題を予測して、被害の最小化
    あるいは予防を図り、発生した事象
    から、課題を見つけて、解決する
    という地味な仕事をやり続ける
    わけだ。


    このゾーンに入ると、公私の時間の
    区別が、曖昧になり、必然的に
    メンタルタフネスを求められる。


    だから、本来、年功で、できる
    仕事ではなく、寧ろ、若い頃に
    鍛えられていないと務まらない。



    役所や大企業で、 未来の幹部が、
    早期選抜されるのは、
    不公平でも何でもなく、
    とても、理にかなったシステム
    である。

    質問があれば

  • 2017.06.14 Wednesday | category:経営者の視点
  • 先週は熊本に行って、九州地区の
    新卒採用の最終面接を行った。



    僕の面接は、相手の深層に迫る
    様に、遠慮なく、グイグイ行くので、
    それが終われば、逆に、どんな質問
    にも答える様にしている。
    それが例え、プライベートな内容
    であっても、極力素直に答える
    様にしている。



    しかし、実際の所、学生や若い
    応募者が、意図を理解して、
    突っ込んだ質問をする事は少なく、
    表面的で形式的なものが多い。


    例えば、

    「御社の目標(ビジョン)は?」

    「今までの大きな困難や苦労は?」
    「樋口さんの趣味は?」
    などである。



    手応えある質問は、優秀の証だと思う。
    本気で、当社を理解したいと思えば、
    経営者のホンネに迫りたいはずだ。


    事実、過去例え入社に至らなくても、
    鋭い質問を投げかけてくる
    人は、優秀な人が多かった。



    ところで、熊本の学生の1人が、
    ユニークな質問をしてきた。


    「憲法改正とテロ法案について、
    お考えを聞きたい。」ときて、
    驚いた。


    彼は、無器用ではあるが、極めて
    旺盛な学習意欲の持ち主で、この
    ブログの愛読者でもある。


    面接10分で、採用を決めたこの男は、
    久々にスケールの大きさを感じた。


    肝心の質問への答えは、時間切れで
    中途半端になってしまったので、
    名刺を渡して、この続きをやろう、
    ということになった。



    役員でさえ、考えていないだろう
    スケールの大きな問題意識を持った
    こんな学生が、入社する来春が、
    待ち遠しい。


    真実追求の文化

  • 2017.06.13 Tuesday | category:学んだこと
  • 文藝春秋は、当人がインタビュー
    か寄稿によって、一定のスペース
    で、全文が掲載されるので、報道に
    踊らされそうになると、

    「本当は、どうなのだろう」

    と追求するために、良く読む様に
    している。

    NewsPicks もいいのだが、人の
    意見に目がいってしまい、自分の
    頭で考えずに、単なる評論家に
    なってしまう。


    今月号は、前文科大臣前川さんの
    インタビュー記事が出ていた。


    それにしても、米国では、大統領の
    言動事実を知るために、前FBI長官
    が、3時間近い公聴会に呼ばれて
    証言している。


    仕組みも、文化も、法律も
    いろいろ違うのかもしれないが、
    少なくとも、権力者への事実の
    追求へのパワーは、日本と圧倒的な
    差がある様に思う。



    民主主義とそれを守る為の
    権力の分散は、こういう事件?
    が起きると大事だなあと
    改めて強く思う。


            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM