人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

男の涙

  • 2006.11.19 Sunday | category:ちょっと一休み
  • なんてことをテレビの番組で取り上げている。
    最近の結婚式で3割以上の新郎が感激して
    泣くそうだ。信じられない...

    僕は渥美清じゃないが
    「泣いてたまるか」世代だ。
    我慢の美学か、男の特権かわからないが、
    ともかく泣くのは男と認められない。
    こういうのは古いのだろうか?
    頑固なのだろうか?

    でも落合監督の涙は良かった。
    早稲田の清宮監督もよかった。
    それは、彼らだから絵になる。

    そして、その背景にすごい辛さと
    我慢がよくわかるから。
    許されるよなあ、と思う。

    少なくとも僕はそういう時しか
    泣く事はないだろうなあ。

    読書とネット

  • 2006.11.19 Sunday | category:経営者の視点
  • ブログを書きながら変な話しだが、
    どうもネットの世界は疲れる。
    年代の問題だろうか。

    先日若いスタッフに訊いたら
    彼はどんなに疲れていても
    帰宅後チェックするサイトが
    あるそうだ。私にはとてもできない...

    一方、本はいつでもどこでも手放せない。
    人事関係の専門書、経営関係、軽めの小説、
    雑誌などいつも複数身の回りにおいておく。

    読書は現実の限られた時間の中で
    栄養を採る最良の手段。
    食事とまったく同じ感覚だ。
    あまりに忙しくて疲れて読む時間が
    なくなると大変イライラしてくる。

    果たしてネットでは本の代わりに
    なり得るのだろうか?

    英語で商談

  • 2006.11.18 Saturday | category:コンサルティングの現場から
  • 今日は、海外に住むハイテク外資系会社の
    人事ディレクターから直接電話があり、
    彼の来日に合わせて、東京で商談。
    秘書も通訳もいなくて、
    当然すべて英語の商談。

    間違えるわけにいかないので、緊張する。
    大事なことは何度も聞き返す。
    時間をいただいたこと、
    提案の機会をいただいたことに
    心から感謝の意を述べる。
    こういうことは日本と同じ。

    違うのはスピード。
    同行したマネージャーがその日のうちに、
    英語版の提案書を作成してくれた。
    すぐにチェックして、そのままメールする。

    トライアンフには、英語で人事・採用の仕事ができる
    スタッフが10名以上いる。
    これは強みだ。そういう意味で
    今回のオファーは、非常に魅力的だ。
    ぜひお手伝いしたいものだ。

    採用と並んで定着が大きな企業課題になっている
    昨今、当社では、「若手社員の定着セミナー」を
    おこなっている。3時間コース。
    講師は私が担当し、10名以下の
    少人数でおこなっっている。少人数に拘るのは、
    出席者がお互いに意見交換しやすくするためである。

    内容は凡そ以下のようなもの。

    1)ヒューレット・パッカード社の人事システム
      とそのコストパフォーマンス
    2)採用段階でのマッチングの重要性
      と具体的な取り組み
    3)当社オフィスツアーによる実際の施策確認
    4)入社直後の若手をケアする仕組み
    5)彼らのキャリア志向と上司の役割
    6)コミュニケーションの仕組み

    その中では、現有社員の満足度を図るモチベーション
    アセスメント
    も体感していただく。
    総じて満足度の高いセミナーで、申し込みも増加し、
    来年以降も継続していこうと思う。

    修羅場は成長の場か?

  • 2006.11.16 Thursday | category:経営者の視点
  • 先週からマネージャーの評価面接が始まった。
    直接の部下が12名もおり、外出・出張も多く、
    週に1度の定例会議意外はほとんどゆっくり
    話す事がでいない。

    申し訳ない気持ちでいっぱいなので、
    なるべく話を聞く時間を多くする。
    彼らと私の評価が大きく違う事はまず
    ないので、評価結果よりは、普段考えて
    いることや私への苦言・希望、これからの
    取組みたい仕事などを聴く。

    私の評価フィードバックはいつも口頭だ。
    人事の会社なのに!と怒るなかれ。

    私は彼らの仕事ぶりをしっかり見ているし、
    強みも課題もはっきり言える。文書で
    形式を整えるより、きちんと整理した事を
    私の言葉で伝えるようにしている。
    これからの6ヶ月励みになるような言葉を短く話す。
    良い事も、悪い事も。
    所謂言霊というやつかもしれない。

    さて、当社のマネージャーに例外なく優れた点が
    二つある。1つは、責任感
    これには脱帽。
    同業の社長も羨ましがる。

    もう1つは、適応能力。以前のブログでは素直さと書いたかな。
    当社はこの2年猛烈な変化を起こしている。
    上司である私の戦略変更に役割やポジションが
    全くかわることもあり、ついてくるのは
    大変だったろうと思う。

    本当にやりたい仕事は別だったり、
    内心面白くないこともあっただろう。
    彼らはそういう本音を押し殺して
    スタッフを説得し、リーダーとして
    新しい戦略や組織を引っ張ってくれている。
    だから会社が回っているのだ。

    新しい役割は、会社都合であり、望んだものとは
    違う事が多い。
    また、難しい仕事であることが多い。

    私の役割はこうした仕事を通じてより成長を
    支援することだ。

    採用適性診断

  • 2006.11.15 Wednesday | category:経営者の視点
  • 今日はある採用適性診断の勉強会。
    参加者全員が採用適性診断テストを受けた。

    前職で立場上相当数の適性試験を受けてみたのが
    凡そ10年前。独立創業して何か変化があったかどうか?


    変わらず異常に高いデータを示すのが、「危機耐性」。
    説明によると「逆境に耐え、苦しいときも我慢強く
    やり抜こうとする」。同様に「達成志向」。我ながら
    苦笑。

    自分でも変化にびっくりしたのが以下の項目。

      峇蕎隶堕蠕」が劇的改善!
       説明によると「気持ちにムラが少なく安定」とある。
      つまり大人になったって事か?
      スタッフの呆れる顔が目に浮かぶようだ。
      でも自分では随分我慢強くなったつもりなので、
      これには密かに納得。

    ◆仝下欲求、支配欲求、物質的欲求
      これらはそれほど強くなかったが、目立ってきた!
      経営者の我儘か?はたまたエゴか?

     また、関心、興味の対象として、「分析志向」が
      より強くなり、「事実認定」を重要視するようになった。

    ぁ〔滅鬚い里蓮⊃拡、芸術が登場したこと。
      これは何かの間違いだ、と思ったが、質問を思い出すと、
      なるほど、と思えなくもない。要は歳をとったってことだ。


    いずれにしても自分のデータの変化に本当にびっくり。
    これは新しい立場に必死になりきろうとした
    足掻きの表われだろうなあ、と素直に思う。
      

    本当にここ数年人材を扱うビジネスの
    種類や会社の数が物凄く増えてきた。
    少し前までは、「人材紹介」か
    人材派遣」という形態しかなかったので、
    未だに「この二つと何が違うの?」
    と質問されて戸惑うことが多い。

    そのくらい採用・人事業務のアウトソースという概念は
    分かりづらいのだろう。

    分かりづらい理由にはこのようなものがあるだろう。

     .機璽咼皇鷆,侶疎
    ◆”兵前堕蠕とその保証に関する契約形態
     定型業務プラスアルファの知恵や工夫の可視化
    ぁ.灰鵐汽襯謄ングやアウトソースの請負形態への不慣れ

    私たちは、業界のパイアニアとして、
    このような分かりづらさも明確にして
    お客様の支持を得られるように努力
    しなければならない。


    お布施

  • 2006.11.12 Sunday | category:ちょっと一休み
  • 木枯らしの吹き、急速に寒くなった今日、
    高尾霊園の本堂でお経をあげてもらった。

    最後にお坊さんの簡単な講和があり、
    「お布施」についての話があった。

    それは、「感謝の心をもって他人に尽くす事」
    そんな説明だったように思う。

    講和を伺いながら、自分にも
    仏教の勉強をじっくりするような時が
    来るだろうか、そんな時間も過ごして
    みたいものだ、と思った。


            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM