人事採用コンサルティング・アウトソーシングの(株)トライアンフ代表 樋口弘和のオフィシャルブログです。

TOPページ

感謝

  • 2006.12.31 Sunday | category:経営者の視点
  • 大晦日。

    1年を振返ればいろんなことがあった。
    3月までは、これでもかという試練の連続。
    支えてくれたのは身近なスタッフたち。
    それからも、良いスタッフ、環境、お客様に
    恵まれ、目標どおり「飛躍の年」だった。

    仕事以外でも自分の至らなさを痛感し、
    支えてくれる人たちの寛大さ、優しさに
    助けられた1年だった。

    また、しんどい時に、昔の恩師の
    教えを思い出すことも多く、
    人生基本が大事だなあ、
    と痛感した年でもあった。

    そして、暮れの28日に
    一番身近な人が尊敬に値する
    素晴らしい人であることに
    気がつかされた年でもあった。

    優しくしてくれた
    支えてくれた方々に心から感謝。

    ブログというものにどういうことを
    書くべきか誰のアドバイスももらわずに
    書き始めて2ヶ月、特にPRはしなかったが
    多いときには300名の
    方に読んでいただけるようになった。

    読んでいただいた方
    ありがとうございました。

    来年も続けていこうと思います。
    そして、周りに少しでも良い影響が
    与えられるような人間になれるよう
    精進しようと思います。

    良い年をお迎えください。

    樋口 弘和

    雪の谷川温泉

  • 2006.12.30 Saturday | category:ちょっと一休み
  • 所用で谷川温泉に行った。
    今年は降雪が遅く初雪とのこと。
    雪見の露天風呂は初めてのことで
    雪は本当にしんしんと降るものだ。
    一人1年を振り返り、いろいろ想うひと時。

    実は温泉にはうるさい。
    効能などウンチクは苦手だが、
    本当に良いお湯を求めて
    あちこち行った。

    今まで最高の温泉は那須大丸温泉だろう。
    やけどするほどの濃い本物だった。

    ここのところ忙しくそういうことも
    あまりしていない。
    来年は、どうだろうか。

    第3四半期 最終日

  • 2006.12.28 Thursday | category:経営者の視点
  • 内定者も含めて総勢60名が
    集まっての社員総会。
    第3四半期の経営報告、課題と
    対策そして、2年後の創立10周年に
    向けてどういう会社を目指すか、
    話した。

    今年は前年比150%と高い目標だが、
    現在目標の90%くらいの達成率で
    残念ながら少し足らない。

    この足らない原因は何か毎日
    それを考えると、結局社長である
    自分がやるべき仕事をやったか
    どうかがよくわかってしまう。

    やっぱり10%分サボっていたのだ。
    目標を100%やりきる社長は
    サボらない。

    売上や利益目標は経営者にとって
    通信簿である。それは、本当の仕事振りを
    見事なまでに鏡のように反映させる仕組みだ。

    残された第4四半期。
    やるべきことを研ぎ澄ませて働こう。

    直感での決断力は大事だ

  • 2006.12.27 Wednesday | category:経営者の視点
  • たまたま人事担当マネージャーが休暇で
    ピンチヒッターの採用面接が続いた。
    総じて良い人に出会えたと思う。

    私は、わざわざ来社していただいた方に
    トライアンフを感じていただく
    ことが
    とても大事なことだと思っている。

    これはと思う人は、オフィスの内側を案内する。
    いろんな説明をしながら、時間にして5分くらいだろうか、
    ここはどんな会社か を感じていただくのだ。

    こうした価値観のマッチングは当社のような
    人材サービスを提供している会社ではとても
    大事なプロセスである。
    なぜなら、マッチングできるのは、応募者の方であり、
    採用側の私たちのできることは、
    事実を話し、見ていただき、感じていただく
    ことしかないからである。
    何気ない見学の場が応募者の意思決定に
    大きな役割を果たすのだ。

    ところで、私は、「どうですか?」と
    その場で聞くことが多い。
    はっきりと「気に入りました。」とか
    「入社したいです。」あるいは「残念ながら
     自分の価値観と合わないと思います。」
    と言ってくれる方は良い。

    こういう人は、自分の直感に今までの実績があり、
    「ないものねだり」や「自分探し」に無駄な時間を
    使わない。すぱっと決断する。

    私は、こういう人が入社後、早い段階で
    成果をだすことを知っている。

    男性でも女性でも、学生でも
    入社交渉が早い人はそれだけ期待値が高まる
    所以である。

    がまん

  • 2006.12.26 Tuesday | category:経営者の視点
  • 年末に向けて慌しい。
    ここ数年気持ちが休みモードになるこの時期
    風邪をひいたり、歯痛で苦しんだりと続いて
    いるので、今年は体のどこだ?と妙に構えるように
    なってしまった。

    今年は、思い切って1/5を会社の休日にした。
    夏休みから休みなく働くスタッフが多いので、
    一人でもゆっくり休めることが大事かな、と思う。
    もちろんお客様の都合で休めないスタッフも
    いるのだけど、少しずつでも交代で休めると良いなあ。

    今年、個人的に拘ったことは「我慢」。
    仕事だけでなく、全てのことに「我慢」してみた。
    1年も続けてみるといろんなことが見えるようになる。
    良いことばかりではないが、少しばかり大人の世界が
    わかるようになったかなあ。

    運気

  • 2006.12.25 Monday | category:経営者の視点
  • いよいよ今年も最終週になってきた。
    毎年段々時間の流れが速くなるようだ。

    ところで、古いスタッフと1年前の今頃
    どうだったか、という話になった。
    改めて話さないと思い出せないのも変な
    話だが、話しているうちに、いろんなことを
    思い出せた。

    去年は10月くらいから創立以来最悪の半年だった。
    人事サービスを提供している会社としては
    ありえないようなこともおこったし、人事、
    資金調達でも苦労が多かった。
    そして、結果として、スタッフの入れ替わりも
    おこり、オフィスも移転した。

    今期つまり新オフィスに来た4月から
    ウソのようにトラブルがなくなった。
    おかげで私のパフォーマンスもとても高い。
    売上げも利益も前年比で150%ほど伸びている。

    この環境の変化に驚いている。
    いろんな要因があるだろうが、場所や人の
    運も影響しているような気がしてならない。
    根拠のない話だが、企業の業績にはそんなことも
    案外影響するのではないか、などと感じたりしている。

    見えざる社是、動く社訓

  • 2006.12.23 Saturday | category:学んだこと
  • (故)土光敏夫さんの言葉を集めた
    「経営の行動指針」という本がある。
    もう数十回と読んでいる。

    恐れ多いことだが、このブログを始める
    時、このような本が書ける経営者を目指したい
    と思って始めた。高い志を持ち続ければ
    いつかは必ずと思って..

    この中に、今で言うビジョンについて
    書かれた部分がある。もちろん今から50年前の
    話で、その頃ビジョンは愚か、経営に共通の
    価値観が必要だと考えていた経営者は
    ほとんどいなかったのではないだろうか。

    私は、数年前まで、ビジョンについて
    いつもこんな風に悩んでいた。

    経営者としては、何が自分の夢なのだろうか、
    そういうものを言葉にして明確に社員に
    語れないと経営者
    としてはダメなのだろうか?

    土光さんは言う。

    「若い社員と共有する価値観はどのように
     表現されようと、創造的精神に満ちたものに
     なるだろう。
     創造的精神は、価値観の固定を認めない。
     変化に適応しつつ、その時点時点で
     価値観の自己更新をおこなう。
     ....
     このような価値観は、「見えざる社是」
     「動く社訓」となって、会社を動かす原動力と
      なるだろう。

      なんと含蓄のある言葉だろう。
      どれだけ勇気付けられたかわからない。

    もうすぐ年末の社員総会。
    精一杯の創造的価値観を自分の言葉で話し、
    集まる全社員が納得し、安心できるような
    言葉の共有をしたいものだ。
      
      

    教育と責任感

  • 2006.12.22 Friday | category:経営者の視点
  • お客様と教育戦略を作り時、
    自社の若いスタッフの育成を
    考える時、会社と若い彼らの共通目標に
    なる言葉や道具はどうあるべきか。

    それは、若い彼らの言葉に合わせてはいけない。
    それは、一見美しく、「やる気になる」言葉で
    あるかもしれないが、そこに到達するまでの
    悩み、苦悩などの「壁」を隠してしまうことが
    多いからだ。

    私は、古い言葉だが、「責任感」をよく使う。

    責任感とは、自分の仕事に影響を受ける人、つまり
    顧客(社内でも社外でも)がおり、どうやってこの顧客を
    喜ばせようか、という努力、思考、工夫の積み重ねである。
    この背景には「相手を慮る気持ち=コミュニケーション能力」
    がある。コミュニケーションとは話が上手かったり、人柄の
    良いことではなく、こういう日々の努力を言うのだ。
    そして、やはりその背景には「成長したい!」という
    強烈な達成志向もある。

    だから、毎日の細かい仕事で、上司が部下に具体的に
    指摘して指導しやすいし、そこから育成の観点で話を
    することで、若い彼らの納得感もつかみやすいのだ。

    ところで、責任感の欠如する人は、性格もあるが、
    親の教育による影響が大きいのではないか、と
    感じるようになってきた。
    こういうところに「教育」の重要性を感じ、同時に
    国家の危機感も感じる。

    私は、22歳を過ぎて、基本的な責任感の欠如する者が
    次のステップに成長するイメージがまだ持てない。
    一企業の経営者がこう思うということは、社会全体で
    考えると、大変なことになるのではないだろうか。

    人口が減り、若いエネルギーが少なくなり、
    責任感という基本的なインフラが欠如するとしたら
    日本の将来はどうなるのだろうか。

    昨日から、オフサイトで、来期、再来期の事業計画を
    策定する幹部会議を始めた。
    経営者としての一番の安心感は、彼らの高い責任感である。
    そこに「大人のやる気を与える」のが私の役割である。



            

    qrcode
    無料ブログ作成サービス JUGEM