後出しジャンケン

サイゼリヤのお話で出てきたこの言葉
すごく気に入って、使うようにしている。



要は、
「変化を煽って、儲ける輩とは付き合うな!」
というメッセージなのだが、
単なる保守的な経営者と違うところは、
最先端も学ぶ事だろう。


その時の学び方が大事で、
このバズワードは、過去の何と同じか?
あるいは近いか?と卑屈な見方をする事だ。


物事の原理原則は、
数年単位で変わるものではない。
それは恐らく、私たち人間の保守性とも
多分に関係あるのだろうが、
新たな情報から「不易と流行」
を学び取れるかどうかが肝だろうと思う。

逆・タイムマシン経営論

一橋大の楠木建さんと社史研究会
(この人はとってもユニークな方なんだろう)
杉浦泰さんの共著


発行されて間もないが、
数人の経営者が100万部のベストセラー
「FACT FULLNESS」より
面白いと言っていたので購入したが、
年末から手につかない理由は、
タイトルに抵抗を感じたからかなあ。


だが読み始めると止まらない。
これは、経営者必読というやつだ。


僕は正直打ちのめされて、多いに反省して
一方で、会社の未来が見えてきたという、
すごい参考書となった。


楠木さん、何時もありがとうございます、
と御礼を言いたい。

暴虎の牙

柚月裕子さんの3部作の最終回


場面が前々作前に戻ったり、
現在に行ったりで、まるで映画の脚本
最後まで飽きずに読めた、ちょっと
最後が切ない物語

DXやAIは何を変えるか?

今世紀最大の技術革新であるインターネット


1998創業当時は、
ソニー井出社長が「隕石」と名付けたり、
「革命」という言葉があちこちに溢れていた。


確かにネットは、私達の行動様式を
劇的に変えたと言えるかもしれないし、
そうでもないかもしれないと思う。


小売業が衰退して、
ネット販売に置き換わった程度とも言えるし、
日本の役所がアナログで生産性が低い
と言っても、10年も経てば追いつくだろう。


SNSに至っては、情報発信者は精々8%であり、
お金のかからない暇潰し以外の何者でもなく、
生産性への寄与で言えば、
若い子の知性が衰退するのを加速した分
マイナスだろう。


ただし、
そこにアイデアとビジネスモデルがあり、
占有性から、プレイヤーが巨大化したので、
アメリカやシリコンバレーが
神の聖地のように思われているに過ぎない。


恐らくAIも、DXも同じだと思う。
経験上人は、暴力的な変化には
ついていけないし、ビジネスにおいては、
強い抵抗をする
(自分の仕事がなくなったら、大変でしょう!)


だから、殆どの技術革新は
「革命」でなくて、「進化」と思えば良い。


ー 以上 一
橋大楠木さん、杉浦さんの書籍より

バズワードに惑わされない

スマホで、大量の情報が押し寄せ、
人々は、考える力を失いつつあり、
それでも最新の勉強をしているふりをする
一部の輩とサプライヤーに踊らされて、
「次の時代はこれだ!」という
飛び道具が次から次へと生まれては消える。


多分IoTも、AIもまもなく聞かれなくなる筈だ。


例えば、シリコンバレーに
経営者や人事部長を連れて行く。
自分の目で見た最先端の組織論を
そのまま自社にコピーしようとする人達がいる。
とても浅はかで残念だ。


自社と現地の企業には、
事業、風土、法律や戦略など、
大きな違いがあり、その考えや制度が
生かせて自社を成長させるかどうかが
正に考え所なのに、そこをサボる。


トップや人事部長がこれでは、
お先真っ暗である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS