リコーオープン

女子ゴルフ国内最終戦が宮崎で行われている。


予想通り2000年前後生まれの若手が
トップ争いをしていて面白い。


昨今の女子ゴルフは、
若い世代がリードしており
素人目に見ても、
随分レベルが上がったと思う。
やっぱり世界と戦うレベルになると、
どんなスポーツでも観戦するようになる。


今はインターネットで
朝から最終ホールまでを放映してくれるので、
気を許すと、5-6時間見入ってしまう。


アメリカのメジャーである
全米オープンには、何と16人の日本人が
出るという。


これはまた睡眠不足の週末になるなあ。

コロナ禍の教育 その2

昨日の続きだが、
僕が始めた教育プログラムは
読書勉強会という形式だ。


強い信頼関係がある我がチームにとって
一番パフォーマンスの高い方法は、
最適な良書の選定とファシリテーション
を前提とした読書勉強会だと思う。


同じ書物から得られるインプットを
披露し合う事が深くこの上ない学びとなる。


気がつくと下のレイヤーでも
行われているようなので、
きっと当社の社風に合うのだと思う。

内閣裏官房(安達瑶)

この著者は、
元映画助監督の男性と活字中毒の女性の
合作作家らしい。


読んだ後にわかった事だけど、
まあ中身は、安倍一強政治を背景に
ありそうで今風で、結構楽しく読めた。


もしかして、実在するのかも
と思いながら読むと政治の裏側を
のぞいているようで面白い。

コロナ禍の教育

こんな時期だけど、
スタッフの教育だけはサボらずに
やっていこうと心に決めて、
実践している。


今の僕の教育対象は、
役員と新設した人事チーム。


教育の基本はコミュニケーション
コミュニケーションの基本は、報告


だから毎月の1on1は、
とても大事な教える現場であり、
いつも高い緊張感を持ってやってる。


どういう考えでどういう判断をするのか


よく理解して、一人一人の成長ステージの中で
必要なフィードバックだけを行う。


このことを抜きにして、
人材育成はあり得ない。


1on1をキチンと継続すれば、
全体としての組織力も把握できるし、
研修などプログラムとして
するべき事も見えてくる。


部下と向き合い
話をしっかり聞いて
渾身のアドバイスをする、
という行為無しに、部下の悪口を
クチにするようでは、失格である。

早慶戦ラグビー

今年は、ラグビー場に行く事もないだろう
と諦めていたが、関係者の尽力で、
秋の定期戦が秩父宮ラグビー場で
観れたことはこの上ない喜びだ。


横の席を空けての配列と
恒例の校歌合唱が無いことを除けば、
気候もバックスタンドに見える
黄色い銀杏の樹もいつもと変わらない。


試合は好ゲームだった。


シンプルにディフェンスとスクラム
それにラインアウトを鍛えた慶應が
試合を引き締めた。


最後は早稲田のタレントバックスに
走られて負けたけど、
今年の慶應は学生らしい良いチーム


10日後は、対抗戦優勝かけた早明戦


勝つと何と13年ぶりの事らしい。
帝京一強の時代が長かったものなあ。


贔屓目に見ても、
今年の戦力やチーム力なら
対抗戦そして正月の大学選手権優勝も狙えるだろう。


楽しみな冬の到来である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS