パリ視察

午前中はガラス陶器で有名なバカラミュージアムの見学へ。
歴史の話が凄く面白い。

午後は、有名ブランドに卸す革製品の話を聞き、その後
プランタンデパートに移動。
ここは巨大だわ。
エグゼクティブのプレゼンを聞いて、見学会に参加した。

やっぱり歴史を感じるなあ。

好きな仕事

ここ数日は、30人程の経営者とご一緒で、
多くは二代目、三代目である。

好きなことを仕事にしている人とそうでない人は
見ていてよくわかる。

前者は、まるで終わりのない旅に向って足掻いて
おり、定年という概念がないのに対して、後者は
年齢とお金の計算ばかりしているように見える。

好きな仕事につける事は、運もあろうが、才能だ
と思う。
生活だとか安定を一度忘れなくてはならないが、
人生の充実感や豊かさは比べものにならないだろう。

その意味では、サラリーマンであっても、そういう
働き方が大事だなぁと思うが、これは若い時に基本
を見に付けておくという前提付きだ。
そうでないと、ただの青い鳥症候群として彷徨うだ
けの人生になってしまうだろうから。

Paris

経済友好団体としてシンガポールを訪ねて
パリに移動となった。
唯一の休日なので、一時間の行列に並んで
ルーブル美術館に行き、モンマルトルの丘
まで出かけてゆっくりした。

それにしても、ニューヨークもパリも外国
人観光客を惹きつけるスケールというか戦
略というか、やっぱりすごいなあと感心す
る事が多い。

働いている人達も本当に多様だ。
身分や階級の差があるなど綺麗事だけでは
いかないだろうけど、それでもやっぱり東
京は世界の田舎ではなかろうか?

communications

ほぼ二週間出張が続き、今晩からまた10日程出掛けるので、昨日は丁度その間に無理矢理予定を詰め込んだ1日だった。久しぶりにオフィスの空気を感じて、何人かのキースタッフと雑談しながら、直感力をフル回転。

ポイントはどうかなあとか
マズイよね と言う情報が入るかどうか

そういう意味ではまだまだ健全だな
我が社は

jet lag

20歳代は何でもなかった時差ぼけがキツイ。
去年から観念して、パニック障害の薬と一緒に
睡眠薬を処方してもらうようにした。

お陰様で行きのフライトでは5時間、
帰りは7時間眠れて、夫々到着後は快調だ。

でもやっぱり、夕べは夜9時にダウンして
朝の4時に目が覚めるという状況で、
これが完璧に治るのに大体10日程かかる。

今回は、これに加えて
明日からヨーロッパとアジアを連泊なしで
飛び回るというスケジュールなので、
一体この体内時計はどうなることやら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS