ラルー

246号線沿い 駒沢大学近くに
ある 喫茶店 ラルーは
少々古く、年季が入っているが
地元に根ざした心休まる
お店である。


コーヒーも勿論うまい。


店内は常連ばかりで、
名前で呼び合う。


店の前を通る人も
挨拶する人が多い。


こういう店は無くなって
きたなあと思って店主に
話しかけたら、55年やって
いるという。


その継続に敬意を表したい。

お客さんは上手いコーヒーと
心のやすらぎを求めて集まる
のだろう。



店主の娘さんが
うちの近所の病院に新卒で
勤め出したと聞いて、僕も
地元にいるような気がしたものだ。

筋トレの話

僕のようないい歳した
オッサンだけでなく、若い人
たちの間でも、身体を鍛える
事が流行っている。


数十年前は、何かの運動をする
ことは、個人の時間の中で、
重要だったけど、身体作りを
する事そのものが普通の人の
メニューになってきたのは、
何時ごろか?

あのライザップの仕業か?


だがとにかく現代人は、
ココロとカラダを整えること
はとても大事である。


カラダを動かして、
ココロも解放されるという
のは、ビジネスマンにとって
この上なく幸せかもしれない。


僕自身はとにかく
運動や出かけることが
好きだから、もう3年以上、
週1~2回のトレーニングを
続けている。


現役で仕事をしている間は
人様に見られるわけだから、
出来るだけ元気で機嫌良く
振舞わなければならない。


体調不良で仕事を
休むようになったら
早く辞めるべきだと思う。

デラコリーナ の話

ほぼ同時期に恵比寿に出店
してきた


Ristorante Della Collina

は、もう15年通う馴染みの
店の一つだ。


彼らも例外なく、
このコロナで苦戦している。


応援する立場だから
出来るだけ顔を出そうとする
のだが、不思議なことに、



僕が行く時は
お客さんの入りがよくて
急に満席になった事もある。


そもそも僕が通うのも
居心地が良いからで、

多分運気が良いのだろう、


10数年の間に、
仕事の運気も後押しして
もらっているはずだ。


経営者などの責任者は
運気が極めて大事だから、
付き合う人も、結果的に選ぶ。


お店もそれと同じだ。
料理やお酒の味やセンスも
もちろん大事だろうけど、


心地良さと運気の良さ
に勝るものはないと思う。

総理方針

昨日の新総理方針で
ビジョンは、


自助、共助、公助

は良いと思う。


野党代表は、政治家の役割は
公助にこそあるはずだ、
とかみついたけど、

自由と民主主義を発展させる
機軸は、「自助」である。


一方、
安倍晋三前首相の去り際も
その顔が清々しく、かっこよかった
と思う。


在任後半の問題は、
権力への奢りが招いた
のは明らかだ。

菅さんは、そういうテツは
踏まないだろう。


菅さんと河野さんで
日本の姿を変える改革を
やり切って欲しい。


日本政府が今やるべきは、


「効率化と生産性アップ」
で間違いないと思う。

多すぎる大学

ここ数年幾つかの大学との
協業が増えてきて、大学経営の
問題点も耳にするようになった。



1989年18歳人口は約200万人は、
今116万人で4割減。


一方で、大学の総数は、
5割増加の786校だという。



これだけ聞いても

「何で?」


という話だ。



事実私大の3割が定員割れ、
4割が赤字経営だ。


文科省と総務省
県を跨ぐ大学統合の問題



衰退する地方を守るための
地方公立大学と私大

市場原理が働かず、
官僚組織と縦割行政の
悪い見本のようだ。



これからは否応なしに


「退場」もあるだろう。


一度市場原理を導入し
役人は外れて、強力なトップ
ダウンで一気に統廃合したら
どうなのか?と思う。



こういう話を聞くと
無責任な意見だが、
中国のトップダウンの
凄さを認めざるを得ない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS