慶應最後のワンプレイ

1日の第二試合


明治と慶應


まあ明治の楽勝かなぁ


と思っていたら


筑波に負けて、猛練習した
慶應が、震えるような好タックル
をいくつも見せて、明治にラグビーを
させなかった。


最後まで競り合った好試合は、
最後のワンプレイで、ペナルティを
とった慶應が、ゴールを決めて
一点差の逆転勝ち



やっぱりラグビーは
スクラムとタックルだ。

ラグビーシーズン到来

あのラグビーワールドカップの
熱狂からちょうど一年


まずは、大学ラグビーが始まった。


春のオープン戦も
夏の合宿も中止


近くのコンビニに行くことも
禁止してまで、感染を防いだ
学生や部員には敬意を評したい。



今月から強豪校同士の戦い
が始まって、僕も久しぶりに
秩父宮ラグビー場に出かけた。

感染防止策を施しながら、
8000人の観客を入れて、少し
賑やかだったかな。


早稲田と帝京の第一試合


下馬評を覆して、
早稲田の快勝だった。




中盤のディフェンス戦略に 基本のブレイクダウンと

くわえてゲーム中の
コミュニケーションと
試合運びが賢いチームだ。

相良監督さすがだなあ。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS