強制進化

コロナ禍で、組織や個人が
試されている。


2極化するだろうと言われている。


その根幹の理由は、


「強制進化」に対応できるか
どうか、だという。



なるほど。面白い言葉だ。


確かに、企業も個人も

「生き物としてのしなやかさ」

が問われているのだと思う。


そういう見方をすると、
当社は常に変化を強いられる
自由競争を標榜してきたから、


とても優位に立っていると思う。


先日の経営計画会議でも

「常にお客様と市場は変わるよね」


が前提だった。


僕が拘ってきた

自由と自己責任の経営が、
追い風の時代だとも言える。



楽しみである。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS