配慮はしますが、遠慮はしません

僕は、会社なんてものは、
個人のキャリア形成上の器(場)に
過ぎないと思っている。


一番ダメなのは、
個人同士もそうだが、
依存的関係、
これはもう問題発生の王道となる。


だって、双方ガマンが前提だから、
精神的に不健全だよね。


一番いいのは、
双方が自立して信頼して
誇りを持てる関係だと思う。


こう考えると上司と部下は、
単なる役割だと割り切れる事ができる。


そこに配慮はあっても遠慮はしない、
という価値観があるのだと思う。


そういう会社でありたいという
強い気持ちだけど、
どのくらいできているのやら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS