全米女子オープン

日本人としては当然だと思うが、
夜の11時半のティーオフから最終18番
まで、渋野選手の応援を続けた。
好調だったショットが乱れて
パットが入ったり、外れたり
一緒にキリキリしながら朝6時近く
まで久しぶりの徹夜だ。
一番ホールから勢いがなく
後続に追いつかれ、抜かされる展開。
終わった後のインタビューで、
「今の自分を受け入れなくちゃ」
という何気ないセリフが妙に胸に
残った。もしかしてそれは失意から
脱する極意かもしれないな。

Shibuko 3rd

今日も朝3時からテレビ観戦


アンダーパーが数人になる中で
渋野選手はよく踏ん張った。


アナウンサーと一緒に時々
ヒヤッとしながらも、
運にも助けられてトップを守った。


マスコミも惚れるわけだわ、素敵な人だなぁ。


明日も翌朝考えずに応援しなくちゃ
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS