一人親方

10年前講演をやりまくっていた頃、
司会者が紹介してくれる時のセリフで、
とても恥ずかしいのが2つある。


「超多忙で、東奔西走」
「人事のプロフェッショナル」


言われるたびに、心の中で
「違うんだよなあ。スケジュールと移動で
忙しいのは、ショボい証だし、
自分の会社の人事うまく行ってないのに、
プロフェッショナルのわけないじゃん!」


まあ司会者に悪気はないし、
マナーだと思って堪えたけど、その時から、


「専門家」「プロフェッショナル」
それに「コンサルタント」と名乗る人は、
恥知らずで、怪しいのではないか、
と思っていた。まあ今でもそうだけどね。


なぜならば、組織論を極めようと思えば、
理論作りの学者以外は、
自らを経営者に置くしかない。


そうすれば、組織論がいかに空疎かわかるし、
単純なソリューションがないことを痛感する。
普通の神経な人は、人様の前で話したり
出版する事が恥ずかしい。


そういえば、
専門家やプロフェッショナルを自認する人は、
殆ど一人親方の様だ。
一時は華やかな人も気がつくと、一人親方。


そうだろうなあ、と思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS