一生に一度

もしかしたら、僕が生きているうちに
日本でもう一度ラグビーワールドカップ が
開かれる可能性はある。


だが今晩の日本代表の試合は、
多分もう観ることができないだろう。


なんてったって、
相手は四年に一度だけ結成される、
あの「ライオンズ」だからね。


イングランド、ウェールズ、スコットランド、
アイルランドの選抜チームが、
今年は南アフリカに遠征する。


その前哨戦に、日本が招待されたという
ニュースを聞いたときには、我が耳を疑った。


そんな時代が来るとは!


今晩11時から日テレは放映するようだ。
ぜひ見て応援しましょう!

役割の限界

社会人の社会人たる所以は、
社会における役割を果たすことだろう。
与えられた仕事を一生懸命やる、という事だ。
当たり前である。


ところが、役割に従順すぎると
大事な能力が発揮されないのは、
何とも皮肉な話だ。


それは、個人や組織あるいは
社会全体の問題解決をする際の
価値観というか、仕事への信念
とでもいうべきものだ。


役割に従順であることは、
組織(上司)に従順であることだ。
これがすぎると「誰が客か?」
「何を求められているのか?」
わからなくなり、最後には、
自分のことしか考えなくなる。


だから20代で、
自分の頭で考え抜く厳しい機会を
与えなければなたない。


リーダー教育とは、
つまるところそういうことではないか。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS