地球温暖化対策

僕はこの問題について、あまり知識がないのだけど、今朝のNHK日曜討論で、専門家の議論を聞いていて、勉強になった。
国内政治のバラマキよりは、近未来に向けて、今の低コストと便利さを我慢して、次世代のためにあるいは、温暖化で著しいダメージを受ける小国のために、皆んなで努力しよう、ということは、人類にとって健全な志向だ。
ところでCOPの国際会議でも、今日の討論会でも感じることは、女性のリーダーシップだ。
おじさんたちは、論理的、現実的で悲観的な意見が目立つ一方で、彼女たちの多くは、しなやかで、前向き。
スケールの大きな問題解決には、優秀な女性のリーダーシップがあっているのではないか?

無責任な人達

岸田新政権が、22兆円もの借金で、
ばらまきを始め、立憲民主党代表選でも、
貧困層引上げ策が盛んに訴えられている。


彼らは無責任である。
有権者に対して、
「みなさんを助けたいので、
皆さんの子や孫に押し付けてしまいましょう!」
と説明すべきだ。


返済義務を考えない予算策定など
誰にもできる。
視野の小さな不勉強な人材が
政府、政治家に蔓延している事を
憂うばかりだ。

熊本は進化していた

ほぼオープニング当時から支えてくれた
スタッフが辞めることになり、
その御礼の場と新卒一期生のスタッフが
産休に入る慰労会をやろうと、
2年ぶりに熊本に来た。


オフィスに来ると、早速ウロウロして、
多忙なスタッフを捕まえて、
雑談を交わすのも久しぶりだが、
職場の雰囲気も良く、やる気に漲っており、
きっと良い人材がたくさん
きてくれるようになったのだろうなあ、
と感じた。


何より若いリーダー達の顔つきがいい。
熊本オフィスのマネジメントは、
現地採用のスタッフで、という悲願が、
もうそこまできていることを実感。
とても安心した今回の訪問だった。


今回の会食相手の二人が、
その中心であったのは、間違い無いけど、
10年という時間は大きいなあ、
組織の進化は少しずつだなあと改めて思う。


チームや職場のために貢献してくれた
リーダーとスタッフに改めて感謝したい。



ガマン強い人

日本の組織に、
一定の人数ガマン強い人たちが
必須である事は論を待たないだろう。


当社は、半数以上が、こういう人たちで、
その点かけらも無い僕としては、
頭が下がる思いだ。


複雑だけど、
自立やリーダーシップを繰り返す僕も、
好きで大事にする人たちは、
ガマン強い人たちで、
心の中で感謝する毎日だ。


ガマン強さと自立性は、
普通両立しない概念(能力)だと思う。


だからホンモノのリーダーは、
彼らを理解して協力を引きだして、
結果を出す人だろう。

中国は奢るか?

ファイナンシャルタイムズ誌の記事が
興味深かった。
最近の中国政府が、
この40年の経済成功に自信を持って、
あえて世界から孤立しようと
しているのではないか、という論文である。


これは、出世しつつある
優秀なビジネスマンと同じで
「奢り」ではないかと僕は思う。


中国は、報道によれば、
海外の情報は、遮断して、
情報鎖国に入っているようだ。
我々からみたら異常なこの社会で、
貧困を除けば、国民の不満が高まらないのは、
経済的に恵まれて、一定の自由と
生活レベルがあれば、中流以上の国民は、
満足するのだと理解していたが、
論文によるとどうもそうではないらしい。


情報鎖国政策によって、
海外の世界を知らないのだという。
これは怖いことだ。
昔の日本軍と政府下にあるマスコミと
同じ構造ではないか?


大国である中国に知性が少数化し、
リーダーが盲目に精神論を語り
強要する様になれば、
台湾侵攻も充分ありえるのではないか?

A memorial & celebration day

11月23日は特別な日だ。


大切な人の誕生日であり、
大学ラグビー定期戦
早慶戦が毎年行われる日でもある。


この日は、なぜか秋晴れに恵まれる日が多く、
神宮外苑の銀杏並木が最も美しい日だ。


多分50年欠かさずに、
秩父宮ラグビー場に通ったはずで、
今も脳裏に焼きつく試合の記憶も新しい。


今年も穏やかにこの日を迎えられたことに感謝

パニック障害

家庭でも、学校でも、職場でも、
心の病は、どこにでも、誰にも潜んでいるし、
実際に日常生活に支障をきたす人も多いだろう。


僕は、幼少期より、
我慢強く、苦しい事を口にせず、
耐えることが得意で、
心が強い方だと思っていた。


ところが、20代後半、
数年にわたり終電続きの毎日が続いた時、
満員電車の中で、前触れなく、
心臓発作の様な状態になり、
大声を上げて、倒れたらしい(記憶が曖昧)。


それからは、各駅停車に乗り、
途中下車して40分歩く毎日。


さらには10年後、
3ヶ月帰宅できないプロジェクトの終了後、
今度は、朝布団から起きられない
という状態になった。


「壊れた」という経験が2度ある。


創業してからのストレスは、
サラリーマン時代の比ではないはずだけど、
この経験が生きて、ギリギリ壊れないように、
工夫ができるようになったと思う。


そこまで働くか?
という話だけど、当時も今も
上司の命令ではなく、
(寧ろ、上司の帰宅命令に逆らって)
自らの意思でそうしたことが救いかなぁ。


健康上決して良いことではないけど、
達成感と向上心に引きずられて、
限界まで挑戦する事は、
やり切った人間にしか見えない世界もある。

朝から晩までスポーツ観戦

この時期は、大好きなラグビーとゴルフのトップシーズンで、寝る間を惜しんでしまう。
国内女子ゴルフは、シード権や賞金ランキングを巡っての大型ツアーが四国松島で行われている。古江彩香選手他何人か応援しているプロがおり、目が離せない。
米国では、ツアー最終戦の優勝賞金1億7,000万円というメジャー級の試合で、トップに立つ畑岡奈紗選手が勝てば、海外賞金女王ということになるけど、なんせ放映が朝4時からだから大変。
ヨーロッパ遠征中の日本代表ラグビーは、まずアイルランドに完敗し、格下のポルトガルにも苦戦して、コロナ後の調整に苦労している。
昨日の最終戦のスコットランド戦は、良い試合で、今後に期待したい。またアイルランドやフランスが王者ニュージーランドを倒すなど、ヨーロッパのチームが強化されており、2年後のフランスWCが楽しみだ。
国内では、優勝候補の帝京大が、早稲田大に続いて、明治大を倒した。スクラムとディフェンスを鍛えた好チームで、今年の大学選手権は、この3校中心かなあ。

感謝

勤続20年と10年超のスタッフが
辞めることになって、
コロナ禍ひっそりと送別会。


永いお勤めご苦労様でした。
そしてありがとう😊次でも、頑張ってね!
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS