内定者第一号

 3月末にファイナリスト達に、私達の評価を伝え、
約2週間検討してもらうことにした。
明後日の最終日を前に、複数の他社内定を
断り、入社の意思を示してくれた学生が今日
でた。今期第一号だ、素直に喜びたい。

彼は、通常の面接では、それほど高い評価
ではなかった。今思い出すと、フォーマルな
面接では、彼の良さが見えなかったと思える。

その後、当社なりのマッチングを繰り返し、
最終日の面談では、私達の評価は数段
高くなり、内心是非来てほしい人材の
一人だった、しかもこの2年採れなかった
男の子だからさらに嬉しい。

今年のプロセスは、所謂内定フォロー
というものを放棄した。
ナビによる母集団形成も、1次、2次面接も
放棄して、よくやりきったなあ、と思うが、
過去6年の中で最高の達成感を感じる。
そして、来年はさらに進化するだろう。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS