学生の動き(1)

 そろそろ4月も終わりになり、大手の新卒は
凡そ収束に向う時期になってきた。

ここまでの学生の動きを報告を基に見てみると、
まず、過去2年に比べてエントリーや
説明会参加を厳選しているようだ。
数をこなす人が減り、最初のステージから
違うと思えば無駄な時間を使わない、
ということだろうか。
そうだとすれば正しい流れだと思う。

本来マッチングはそうあるべきだが、
企業の変化よりも学生の行動に変容が
でてきた可能性がある。

弊社のクライアントでは、内定受託率が
確実に上がっているようだ。
これも上記を裏付けるかもしれない。

後2ヶ月ほどしたらちゃんとした分析ができる
と思うので、随時ここでも紹介したい。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS