海賊とよばれた男(百田尚樹)

いやあ、この出張中時間さえあればこっそり読んでいたこの本は、
どうやら今年の本屋大賞らしいが、もう読み出したら止まらない。
痛快な、しかしリアルな出光興産 出光佐三さんをモデルにした自叙伝とでもいうのだろうか。

ここで紹介するには、あまりにも軽く映ってしまうだろうから避けるけども、もう何度も涙がでそうになる男気に感じる名セリフのオンパレード。

それとは別に、僕が感じたのは、リクルートの江副さんしかり、大物は学生時代までは意外に目立たない人が多いという事実。だから出光さんの才を見出した日田さんの方に驚いた。すごいお方だと思う。

それから学生への見方も変わったような気がする。
物事をよく考えて、控えめな闘争心を持つ者が化ける人材なのではないかと考える。

本の詳細はこちら。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS