アワード

研修開始時に必ず理念を唱和し、
時間管理など形式に厳しいクライアントで、
課題図書の提出などを参加者の
自主性に任せて形式上の管理を止めた。

当然差がつくがそれでいい。
キャリアは自己責任が原則であるべきで
学ぶ事はいい大人に強制できない。

さらに仲間からのフィードバックと
推薦によるアワードを最終日に行った。
共に切磋琢磨し、さらに社外にも
目標やライバルを求めるような
モチベーションがなければ
これからの会社のリーダーには
なれないからだ。

何故ならば、リーダーは自分の為
ではなく、組織のために働くからだ。

故に選ばれたリーダーは
孤独であるべきである。

そういうステージを意図的に
作ることも必要である。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS