成長のきっかけ

来期からは、新卒組にいくつかの組織を任せて
みようと思う。彼らは、その基礎力は、社内でも
高いので、経験を積ませるという教育観点からは
問題ないのだが、多分最初の壁は、顧客志向だろう。

顧客が所謂お客様の場合は、それほど難しくないが、
社内である場合がややこしい。

対人多様性が要求され、これはいわば演出の世界なので、
そこにエネルギーを消耗させ、力が出し切れない
というフラストレーションを大いに感じることだろう。

ところで、若いスタッフの化ける瞬間を理念と
生きがいにしている僕が、今年は、特に、それを
強く感じることがあった。

新卒一期生にあたるある女性スタッフは、抜群の
頭の良さとセンスの良さで、現場プロジェクトでは
最高評価をとり続けながらも、能力の高さゆえ、
あるいは倫理観の強さゆえ、会社のマネジメント
との壁を感じてキャリアについても悩んでいた。

会社が、彼女の能力を持てあましていた、
という感じだった。
思い切って、異動させ、新しい上司が言った
ことはただ一つ。

-社内では笑顔を絶やさないこと-

たったこれだけのことを理解し、実践した彼女は、
別人のようにパフォーマンスを発揮しだした。

タイミングということもあろうかと思うが、
それにしても、有用な人材を使いきれていなかった
ことに大いに反省し、より演出家として勉強しなければ
いけないと、自分を戒めるような嬉しい話だった。

いやあ、人事の勉強は、経営をやるに限る。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS