さだまさしさん

さだまさしさんが今年デビュー40年で、
その間なんと3999回もコンサートをやったらしい。

当然、コンサートは他の仕事に比べてキツく、向上心がなければ続かない。
彼には一人でも多くの聴衆を喜ばせたいという気持ちがあり、
コンサートは、その反応が生で感じられる一番の仕事なのだという。
喜ばせたい気持ちが強すぎる彼は、
コンサートをやるたびに毎回落ち込んだり、反省をするのだそうだ。

そんな話を聞いて、おこがましいが、
コンサルタントとしてお客様に向かう僕も同じだな、と思った。
満足する天井がないのでキリがないのだが、毎回物足りない気がする。

でも、プロとしては当たり前の事だと思う。
そういう気持ちが消えたら、絶対に足を洗うべきだと思う。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS