シリコンバレーで何を学ぶか?

日本の大企業の米国支社で20年過ごし、
独立して日本とベイエリアの架け橋となる
ような投資・教育事業をやっている方が
来日しており、今日お目にかかった。

「失敗を責めず、成長の糧にしていく」
シリコンバレーで、元気な中堅企業を
引っ張る経営者と10年後の経営者を
どうつなげると、どんな教育効果があり、
それが翻って日本をどれだけ元気にするか
を話し合った。

話をしているうちに、自らが現地に飛び込んで、
サービスを作り上げ東京で営業をしたい!
という思いに駆られた(現実には無理だけど)。

移動費用と時間を使っても長期投資になるようなサービスを、
私を育ててくれたシリコンバレーで実現してみたい。
企業視察をベースにもう少し深淵なプログラムを作ってみたい。

今日の新聞でも、ソフトバンクがこの地に1000名規模の
開発拠点を作るという。孫社長も、400億円の豪邸を購入した
らしい。

日米でおカネが流れれば、人も流れる。
日本の人材をここで活用し、活性化できないものか。
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS