Challenge and Nice try!

ラグビーの話でもなければ、
ゴルフのパターでもない。

この春多くのお客様といっしょに
シリコンバレーに出かけ、あの
スタンフォード大学の教室でおこなった
特別授業で学んだことだった。

かの地シリコンバレーはなぜ人を惹きつけ、
発展してきたのか、というレクチャーを
数学の教授が話してくれた。

そのプレゼンテーションンのキーワードが
このタイトルのwordである。

当社は、中小企業ではあるが、ベンチャーという
やんちゃで勢いのある匂いがあまりしない。

きっと社長の器の小ささと、精神論の過多
ではないかと反省することが多く、その中で

今期の重要プロジェクトは「公募制」にしよう、
ということになった。

そんなことで、
① 社内コミュニケーション活性化しちゃうよ
② 過小予算で、トップレベル新卒5名採っちゃうよ

2大プロジェクトの公募をおこなった。

結果、
ほとんど謝礼のない奉仕事業にも関わらず、
予想を超える大勢のエントリーがあり、
うれしい悲鳴となった。
しかも密かに期待していたスタッフがエントリー
してくれて、内心シメシメというところだ。

やはり、仕事の報酬は仕事である。

会社の育成の基本は、

機会を与える

ことでもある。

原点に返ってしっかりやっていきたい。





プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS