自責の社長

幹部研修の最終フェーズは、
10年後の目標にどう経営の
舵取りをするのか、と言う
とてもリアルな議論を行った。

この変化の時代に、過去の
資産の一部を否定し、自ら
変革することは、生易しい
事ではない。

今日は、議論を聞きながら、
私が感じる課題を思い切って
議論の叩き台に使って頂いた。

社長も参加するこういう場で、
失礼な事に違いないが、この
クライアントへの想いも強く、
熱くなったのかもしれない。

しかし、これに対する皆さんの
反応と対応は、自責の立派な
ものだった。

自分にはできるだろうか?
プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS