ウィーンフィルの歴史

A New Years concert
で有名な ウィーンフィル楽団が、
ナチスドイツの民族主義に
積極的に協力した過去を

包み隠さず、向かい合うことを

イベントなどを通じて、行なっている
というニュースがあった。


これは、そう云う史実を纏めた
著作がきっかけとなったようで、
著者は、今の世の中の自国中心主義を
憂いて、警笛を鳴らしている。


「過去の歴史に白黒つける必要は
ないが、事実を知り、理解する
必要はある」


彼の言葉は、大変重い。



特に、私達の世代は、娯楽や
快楽に、時間やお金を使うことを
そろそろ止めて、次世代の未来の
為に、歴史を勉強する義務がある。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS