知らぬことを知りたい

この世には、学びの姿勢に三つのスタイル

の人がいるのだと思う。

 

失敗しても、人様に迷惑をかけても、

同じことを繰り返す人は、「経験」

から学べない大きな欠点があるのだろう。

 

学びの基が「経験」だけの人は、あまり物事を

突き詰めない人が多い。彼らは、コピーが上手く

感性でよいと思ったものを口にするのが得意だし、

人を笑わせたり、場を和やかにする能力がある。

 

人生に圧倒的に時間が足らずに、本から先人の

経験を盗もうという人は、読書家に多い。

 

あの吉田松陰は、あの時代に、なんと

年間400冊以上の書物を読んだという。

 

しかも、その概要をまとめ、自分の血肉とする

ことを習慣にしていたらしい。

 

因みに、僕が、去年ちゃんと読んだ本を数えたら、

大体100冊強だった。(買った本は、恐らくその2倍

だが、出口さんの言うように、最初の20Pで

止めてしまうことが習慣になった)

 

もう少し頑張りたいが、僕の能力では、これが

限界、たとえ、仕事をやめても、もう増えないと

思う。

 

知らぬことを知りたい、

真実を極めたい、

ということは、本能なのだろうけど、

時間との戦いでもあり、

正直自分の能力の限界を感じてしまう。

 

でも、まあ、人様と比べる話ではない、

自分らしく、やっていこうではないか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS