下流の宴(林真理子)

僕らの時代は、努力が尊ばれ、
多くの人が、それに報われる
経済環境だったから、小学校の
成績から、背景には、でんと、
「競争とガンバリズム」が
居座っており、

 

その勝者が、
「プライド」を満たされて、
多くの人の人生観を築いて
いった、そんな時代だったと
思う。

 


故に、僕らは、

「プライドと努力」に

疑問を持ち出した若手に
適切なアドバイスができない。


そんな時代の価値観の
断絶を描いた作品だと思う。


米国への突貫出張の居眠り用に
空港で買った本だが、意外と
楽しくて、寝ずに、読みきって
しまった。


林真理子 恐るべし?

 

 

本の詳細はこちら。

下流の宴(林真理子/文春文庫)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS