不安定時代の教育

昨日の続き。

 

 

この数ヶ月、人のご縁で、大学や教育機関での、

勉強会、講演会に呼ばれることが増えてきた。

 

これは、ビジネスではないので、原則無償で

受けて、準備もせずにいくことが多い。

 

テーマは、

 

・企業社会でのコミュニケーション

・ホウレンソウ とは?

・キャリアと資格と勉強

・専門性と基礎力

 

などなど、確かに、時代の不安定さの

中で、私たち諸先輩が、答えをだせない

ものが、多いようだ。

 

私の主張は、大体こんな感じ。

 

「自分で考えて、決めること。

 そのために、いつも、学び続けること。」

 

「世の中の情報は、思考しないおとなしい

 人たちを購買などにリードするものが

 多く、『普通』という常識が、通用しなく

 なっている」

 

「自律した思考と、所属する社会での

 コミュニケーション能力が、安定と安心を

 もたらし、所得にも強く影響する」

 

どこで、どういう情報が流れたのか、

某国立大学からは、正式な

授業を担当してほしい、というオファー

もいただき、驚いている。

 

こういう活動が、ライフワークに

なるのであれば、それは、それで、

本望かもしれない。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS