Inbound economy

大坂や福岡、熊本に出張に行く

時に、一番困るのが、ホテルの確保だ。

急な出張の場合、希望するホテルは

まず取れずに、曜日によっては、

目玉が飛び出るほど高い。

 

その原因の多くは、海外旅行者の

増加だろう。

 

2005年データだが、日本への

外国人観光客数がほぼ2000万人。

毎年300から500万人増えている

計算で凄いことだ。

 

人口の8%くらいが、外国人

だから、どこに行っても、会うわけだ。

 

フランスの8000万人、

イタリアの5000万人には

及ばないが、東京オリンピック

までには、3000万人を突破

しそうな勢いである。

 

東京にいる25%くらいが

外国人という時代である。

 

考えてみれば、私たち日本人は、

海外旅行は、行くけど、受け入れは

不慣れである。

 

だから、この旅行者の増加に施設や

サービスが追いつかない、という

ことは、これから猛烈に発展する

ビジネスエリアでもある。

 

特に、2020年に向かっての

成長は、著しいだろう。

 

外国による、土地や水資源の買占めが、

問題となっているが、それもこれも、

グローバル化とローカル法令の戦い

である。

 

よくも悪くもあるこのグローバル化だが、

大きな流れには、逆らえないだろう。

 

 

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS