自民党ー「一強」の実像(中北浩爾)

一橋大学の中北教授の著作だが、
組織論の専門書として、秀逸だ。


自民党という最強の組織の
生い立ちから、変化の過程の説明が
とても丁寧で、わかりやすい。


この変化対応力が、一強の本質
なのだが、果たして、それは、
歴史の必然であったのか?


小泉政権のレビューと現安倍政権の
マネジメントを対比しながら読むと
まるで、司馬遼太郎の歴史小説を
読んでいるが如く、心が踊る。

 

本の詳細はこちら。

自民党―「一強」の実像 (中北浩爾/中公新書)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS