人材発掘について

会社を創って、少しずつ、組織を育てていく

という行為を振り返ると、

その肝となるのは、これは、という人材を

見つけて、嫌がる本人を説得し、鍛えていく

という「人材発掘と育成」に他ならぬと

思える。

 

当社が、曲がりなりにも、なんとかつぶれずに

ここまでこれたのは、この「発掘した人材」が、

コアなポジションで、全力で、仕事をして

くれたからだと思う。

 

ご存知のとおり、無名な当社に、誰もがうらやむ

有能なタレントが集まるわけはない。いわば、

雑草集団である。そういう中で、どうやって、

光る才能を見出すか、これは、かなりユニーク

なものであり、ノウハウには程遠いが、僕の

やり方は、こんなスタッフに目をつけるところ

から始める。

 

① 何よりも、誠実であることに強い拘りがある。

② 野心やお金、ポジションへの執着は、少ない。

③ (学歴は別にして)基礎学力が高く、学ぶことが好きである。

④ 正義感や倫理観が強い。

⑤ 見た目には、リーダシップを感じない。

 

先日、熊本で、新卒入社5年目になり、初めての

リーダ職を拝命し、悩んでいるスタッフと面談した。

 

入社時の動機、就職活動で培われた価値観を

振り返りながら、「リーダというのは、役割」

でしかないこと、自分自身を変えるのではなく、

また、チームメンバ全員が、100%の満足度を

もつことが目標でもないこと、役割に近づこう

という足掻きから、人間形成に繋がること、

そして、それが社会人の成長の喜びであること、

 

そんな話をじっくりとした面談だったが、僕自身

久しぶりに、爽快感を感じる面談で、すらすらと

心の思うままに、彼女に思いを伝え、濃厚な価値観

の伝達がおこなわれたように思う。

 

これも、恐らく、彼女に、先に上げた

強烈なリーダ適性(当社なりの)を

感じたから他にならない。

 

こういう仕事は、出張の疲れも吹き飛ばす

ような喜びを感じさせてくれるものだ。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS