フィリピンパブ嬢の社会学(中島弘象)

タイトルからイメージする
ふざけた内容ではなく、
豊かな日本と貧しいフィリピンの
事実というか実態を淡々と
書いた本で、ちょっと考えさせられる。


若い人が、海外で生活したい
働きたいと思うのは、ごく普通の
ことだと思うけど、自分の国に
仕事が無いということが、どういう
ことなのか。



中東の難民問題も根っこは
同じだと思う。

 

 

本の詳細はこちら。

フィリピンパブ嬢の社会学(中島弘象/新潮新書)

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS