強いAI 、 弱いAI

このタイトルは、5/18付日経新聞「大機小機」

のコピーである。

 

僕は、ご存知のとおり、世界有数のコンピュータ

メーカ(hp)の出身だが、創業に当たって、

諸先輩や同僚からいただいたアドバイスの一つに

 

「万が一、お前のビジネスが成功しても、

 安易に、コンピュータシステムの導入を考えるな」

 

というものがあった。

そのくらい、投資パフォーマンスは難しく、技術は

日進月歩であり、投資判断の難しいものだという証だろう。

 

 

このアドバイスのせいもあり、IT投資に慎重な当社は、

現在、IT投資額を、自前の資金で賄える範囲に

留めており、若いスタッフから見ると、あまり

面白くないかもしれない。

 

今の「AIブーム」も、あまり踊らされないよう

気をつけている。

 

この記事にもあるように、人間の知的活動を再現

するような「強いAI」が、数年後登場することは、

冷静に考えて考えられない。

 

それより、現在、実用化が進みつつあるのは、

「弱いAI」であり、人間が目的を明確にして、

データを与え、学習させ、そのアウトプットを

使って、「生産性を向上させる」ことに

使うのだと思う。

 

このような理解のうえで、それでも、強力な

「弱いAI」をどう活用するか、を検討する

ことが大事ではないだろうか。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS