未来が見える

これはちょっと怪しいタイトルだが、

最近自分の能力で感じる、本当のことである。

 

先週から、新卒入社予定者との最後の面談を始めた。

 

当社の場合、合否は、一緒に働くリーダやスタッフに

任せているので、僕は、何を根拠に、当社が

内定を出し、学生にとって、どんなメリットが

あり、逆に、ないのかをちゃんと伝えている。

 

だから、今までの応募資料、選考記録を丹念に読む。

読んで、想像を膨らませた上で、彼らと向かい合うわけだ。

 

一般的な所謂社長による最終面接とは、

まったく以て異なり、私服で来た彼らは、

当社の社風を肌で感じているから、

私に対しても、素直な迷いや気持ちを堂々と表現する。

 

僕も、経営者の立場を離れて、真摯にそれに答える

時間は、本当に濃密で、二人も話せば、3-4時間

かかり、それはもう、1日分以上のエネルギーを

使い果たす激務でもある。

 

ところで、今年になってから、気がついたのだが、

こうして、真剣に向き合うと、おぼろげながら、

彼らの職業人としての未来が見えることがある。

 

おぼろげながらというよりも、

実は、かなりはっきりと感じるのだ。

 

今年も、数名そういうレベルの学生がいた。

彼らの共通点は、一体何だろう、と今日考えて

こんな共通点が思いついた。

 

・信頼スイッチが入ったとたんに、心の通った会話ができる。

・自分らしく自然体で生きている。

 (きっと、両親や近い先輩からの愛情から自己肯定感がある)

・上記から、自然体の決断力がある。

・逆に、迷いの原点がしっかり認識されている。

 

一言で言えば、心と生活(勉強など)が自律している、

 

ということになろうか。

 

人事屋として、もう少しこのことを追求してみたい。

プロフィール
樋口 弘和
株式会社トライアンフ
代表取締役

最新記事
記事のカテゴリー
リンク
弊社サービス

 

 
 
 

サイト内検索
過去の記事(月別)
情報配信:RSS